ミラクリ

鬱から成功するブログ

社会不適合者たちに捧ぐ…。感情をコントロールするための5つの習慣

 

感情をコントロールしたいって!? じゃあ5つの奇妙な方法をオススメするよ。

 

社会不適合者なぼくは感情の浮沈が激しいです・・・。

もともと躁鬱の気があり、子供のようにテンションが上ったかと思えば、急に無口になって沈んだりします。2013年には軽度の鬱病にもなり、ソレ以降はとくにメンタル管理に気をつけています。

 

いやー、マジでどうにかしたい・・・。

そう思いながら試行錯誤するなかで、メンタルが安定しやすい方法をあみだしました。

 

一般的な習慣からはかけ離れた奇妙な方法ですが、5つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

毎日映画を観る

どうやらぼくは毎日何かしらの表現物に触れ、自分もそれを表現(アウトプット)しなければ死んでしまう生き物みたいです。

 

まるで作家のような言い分ですが、事実なので勘弁して下さい・・・。

それが毎日ブログを書き続ける理由でもあります。

 

会食で映画を見れない日は続く、表現物に触れることができなければ、分かりやすく調子が悪くなります。頭がいつもモヤモヤして、スッキリした一日を過ごすことができないのです。

参考:ストレス社会人必見! 鬱(うつ)な気分を解消する3つの方法

 

創造性を刺激し、頭のトレーニング

映画をみることは頭を使うんですよ、実は!

ただボーーーっと観るのではなく、ストーリーを予測したり、または原作者や監督の意図を想像して「なぜこのシーンは、このような描き方(魅せ方)をしたのだろう?」と想像します。

 

すると映画の本質が読み解くことができるので、映画を見るだけでも創造性を鍛えられるんですよ。

毎日みていると「クソ映画」もあるわけですが、それはそれでいい刺激になりますw

参考:「あえて孤立して自分を確立しろ」 ジョルジオ・アルマーニ氏が教える創造的な生き方

 

*ちなみにレンタルビデオではコストが高くつくので、いまはHuluで観ています。

 

 

SNSをどっぷり使う

「SNS離れ」「IT断食」「スマホからSNSアプリを削除した」などの世間からは逆走して、ぼくはTwitterやFacebookなどのSNSを、”あえて”どっぷり使うことがあります。(時間を決めてw)

 

フォローしている人、知人がどのようなことを考え、行動しているのかをくまなくチェックするんですよ。

人によっては、それによって「SNS疲れ」を引き起こしてしまいそうですが、ぼくはそのエネルギー反動を利用します。

参考:「非リア充・負け犬」は思い込みだ。ネットを断捨離して、あなたにとって本当に大事なものを見つけよう。

 

他人の成功への耐性がつく

「SNS疲れ」の要因は、タイムラインを眺めることによって「みんなはキラキラ活躍している…自分なんか何者でもない…」みたいなことじゃないですか??

 

それですよ、ソレ。

ぼくも人のタイムラインを見てたら、他人よりも自分が劣っているような気になるし、似たような立場の人が自分よりも成功しているように感じてしまいますよ…w

 

でも、そもそも論として「自分と他人を比べてもしょうがない」という原点に立ち返るわけです。

まぁSNSも精神修行のように活用しています。

参考:「すぐに有名ブロガーに!」と考えた人からネット弁慶になり、無個性になる。

 

*オレは何を言ってるんだ…。

 

 

一日一食&断食で追い込む

科学的根拠は一切わかりませんが、ぼくは「体重・体脂肪が増えるとメンタルが不安定」になるようです、どうやら。適正体重をオーバーし、体脂肪が増えてくると、無意識に「自分はだらけている…」と思ってしまうのかもしれません。

 

ですから、食事と運動習慣にも気を配っているわけですが、基本的には一日一食です。

そして定期的に完全断食をして、内臓と身体の調子を整えています。

参考:早く普通の人になりた〜い! 断食で効果的にクズを脱する方法

 

飢餓状態がエネルギーを生む

「満たされる」ことがプラスに作用する人もいるようですが、ぼくはダメですね、完全に。

 

どこかに足りない部分があるからこそ頑張れる。

もしかしたら不健全かもしれないけど、事実なんですよ。

 

あと、動物は飢餓状態になると食べ物を追い求めるために「直感が鋭くなる」そうですよ。

仕事や恋愛にも効果はありそうですね!!!!

 

 

目標・大切にしたいことを書いたメモを眺める

フリーランス2

 

仕事や人間関係に忙殺されると、それだけでイッパイイッパイになります。

だってね、仕事の人間関係だけではなく、現代人はインターネットを通じて四六時中、人間関係のなかにいるわけです・・・。

 

これって恐ろしいことでもありますよね!

自分の仕事量、スケジュール、人から得た情報ばかりに左右されると、自分の人生における大事なものを見失います。

参考:フリーランスが3ヶ月「売上ゼロ」だったらどうなるか? 生々しい現実がコチラです。

 

日々の仕事に忙殺されないための「芯」

人の意識なんか、簡単に左右されちゃいますよ。

だって意志が強い人ばかりなら、ダイエット市場なんか成長しないわけじゃないですか?

 

ぼくはフリーランスとして独立しており、日々の仕事や収益についてはシビアに見ているのに、放っておいたらダラダラしてしまうこともあります。

 

家族を養う必要もあるのにですよ!?

自分でも信じられませんでしたが、「人間は弱い生き物だなーー」と痛感してきました。

 

だからこそ、どんな状況でも忘れたくない「芯」をすり込むために、自分の目標や大切にしたものを記したメモを毎日眺めるのです。

参考:仕事の「信用を積みあげる期間」と「お金を稼ぐ段階」を混同すると、もー大変w

 

 

最高と最悪をイメージする

人生も仕事も「最高」をイメージするのは大事ですよね!

でもね、「最低」をイメージするのも大事なんですよ!

 

なんでかって?

何か新しいことをするのには「不安」はつきものだし、フツーの日々を生きていても「漠然とした恐れ」を抱くこともありますよね!?

 

「最高」と「最低」を同時にイメージすることで、不安と怖れは緩和できるんですよ。

そうそう、無意識を拡張するために、瞑想もおこなっています。

参考:瞑想で人生変わった!初心者でもできる効果的なやり方

 

最低を知れば、恐怖が消える

例えば、ぼくなら「フリーランスとして食っていけなくなったらどうしよう?」みたいな不安はいつも付きまとうわけですが、「じゃあ食っていけなくなったらどうなるの??」を想定しておくわけです。

 

・一時的に実家に戻る

・会社員になる

 

意外とその程度のことです。

最低を具体的にイメージしておけば「なーーーんだ。失敗してもそんなことか・・・」みたいなノリで、挑戦的に仕事をすることができます。

 

不安な感情は常に付きまとうとしても、「もしそうなった場合に、どうなるのか?」を具体的に想像できる人って少ないんですよ。だからいつまで経っても不安なわけで、保守的にもなるわけです。

 

大変ですよーーそんな人生は・・・。

参考:「失敗を恐れるな!」を手放し、「発見する」毎日が鬱を吹き飛ばす。

 

 

ここまでしなければ、毎日を生きられない…。

大変でしょ!?(笑)

ここまで自制して管理しないと、放っておいたら落伍者状態ですわ・・・。

 

ぼくにとっては、社会に適合して仕事をするために必要なことです。

他にも運動、ストレッチ、マッサージ、酒を飲まない、よく寝る、などの習慣もあって書ききれません…。

 

早く人間になりたーーい!と思いながら、いつも粛々と行っています。

では!

参考:「好きな仕事で生きていく」なんか、もう諦めなさい。

 

 

ミラクリから一言

さぁ、今日も適合!

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「ポジティブ教」に入信したければ、まずは絶望を経験するべきだ。

    ある出来事がキッカケで、久しぶりに心底絶望して眠ることができなかった。 でも中途半端に絶望しているときは胸の内がザワザワしているのだ …

本音はどう? キャバクラで嬢に説教するおじさんはウザい

  ぼくは「夜の付き合い」が苦手で、キャバクラにはあまり行きません。 そして人生で自分のお金でキャバクラに行ったことはなく、仕事の付き合い(経費(しか …

「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

就活・婚活・会社で負け続けた人に教えてあげたい、能面のススメ

  就活、転職における「不採用」、そして恋愛・婚活における「ごめんなさい」。 これらはとてもつらい経験ですが、気にすることではありません。大丈夫! そ …

結局「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」です。意識高い人、ごめんな。

  「誰が言ったか」ではなく、「何を言ったか」が大事 そんな記事が時折ネット上で話題になる。ちきりんさんの記事、けんすう(古川健介)さんの記事、などが …

「いいヤツ」であることを軽視すると人生を棒に振る
「ブサイク」「仕事デキない」と言われるうちは、愛されている証拠

    人のコミュニティの中に上手になじむことができないぼくは、あらゆる環境の中でトラブルを経験しました。自分から人に食ってかかるようなこと …

【自意識過剰を克服】人間関係の苦しみから逃れ、楽に生きる方法

「自意識過剰」って厄介ですよね。 もし自分がそうなら、毎日いろんな被害妄想にとりつかれるでしょうし、周りの誰かがそうなら揶揄の対象になるでしょう。 自意識過剰を …

「傷つくことと、生きてる実感は、かなり密接。」

    とにかく器用な友人とメシを食ったとき、彼が言ったセリフが心に残った。

「孤独な人」に光! 社交的な「人たらし」の悩みを聞いてきた。

    ぼくのように社交的からはほど遠い人間からすると、気さくで、愉快で、気配りがマメで、誰とでも仲良くなれるような「人たらし」は羨ましいん …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です