ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病と似た病。増加傾向にある「新型うつ病」の症状や特徴とは?

いま、従来とは異なる新しいタイプの「新型うつ病」が注目されています。

新型うつ病と典型的なうつ病は、症状や特徴にどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは新型うつ病について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

若者を中心に増加傾向にある新型うつ病とは

うつ病になりやすい人には、真面目で責任感が強く、気分が落ち込む「抑うつ状態」から抜けだせないという特徴がありました。

ところが、自分のやりたくないことに直面したときだけに発症する「新型うつ病」が、20代〜30代の若者を中心に増えているようです。

あまりにも都合よく発症するため、周囲からはワガママとしか思えないのですが、治療を必要とする病気です。

新型うつ病の症状と特徴

新型うつ病の人が口にしやすいセリフを、以下にまとめました。

  • 「仕事がうまくいかないのは上司の責任」
  • 「やりがいのある仕事を任せてもらえない私は不運」
  • 「朝、仕事に行きたくなくて起きれない」
  • 「仕事中はずっとイライラするけど、趣味に打ち込める週末は元気」

このような言葉を聞くと「それって単に甘えてるだけだよね?」と思えるのですが、新型うつ病の人はワガママを言っているわけではなく、仮病を装いたいわけでもありません。

甘えているだけのように見える

周囲の人からすると、特定のタイミングだけ気分が落ち込む新型うつ病を理解するのは、かなり難しいようです。

ぼくがうつ病を患ったときにも、「考え方が甘い」「精神的に弱い」という言葉を投げかけられたこともありました。

「うつ病=甘えている人がなるもの」という誤った考え方はまだまだ根強く残っていますので、新型うつ病にはさらに厳しい目が向けられる可能性が高いでしょう。

新型うつ病を患ってしまった場合には、身近な人に病への理解をしてもらえるようにすることは必要不可欠です。

どのような症状がでてしまうのか、またどのように対策をすれば症状が改善されていくのかを理解してもらうことで、少しでもトラブルを避けることができるからです。

単なる「わがまま」だと勘違いされやすい

新型うつ病になると、次のような症状が起こります。

  • やりたくないこと(仕事)では抑うつ状態になり、やりたいこと(余暇)は心から楽しめる
  • 自己中心的な発言や行動をする
  • なんでも人のせいにする
  • 突然泣いたりして感情をうまくコントロール出来ない
  • 食べ過ぎる(過食)
  • 寝過ぎる(過眠)
  • ギャンブル、飲酒、喫煙に依存する
  • 身体が鉛のように重たくなる
  • うつ病であることに抵抗がなくオープンに話す

新型うつ病の人は、無責任ともとれる発言や行動を繰り返し、やりたくないことはやらず人任せにします。

新型うつ病も立派な病ではありますが、周囲にいる人はかなり大変。なぜなら都合の良いときだけ元気で、都合が悪くなると急にメンタルの病を持ちだされ、それ以上は何も言えなくなるからです。

本人が新型うつ病の症状、原因、対策を理解することの大切さは言うまでもありません。

それと同時に、周囲からの協力を得られるように働きかけることが大切です。

笑顔

新型うつ病の原因と対策

新型うつ病の原因ははっきりとは分かっておらず、現時点では「メンタルの病」とは認めない専門家もいるような状況です。

新型うつ病への理解があるとは言いがたい状況ですが、対策はしっかりとしていきましょう。

運動や睡眠の不足が原因になりうる

以下のものが新型うつ病の原因になると言われています。

  • 脳機能の低下
  • 自律神経の乱れ
  • 運動不足
  • 睡眠不足

上記のいずれも生活習慣の見直しで、改善することができます。

薬物療法や精神療法による治療ではなく、生活習慣の改善で回復させていくのは、従来のうつ病との大きな違いと言えるでしょう。

効果的な対策は生活リズムを改善すること

新型うつ病の対策には、次のようなものがあります。

  • 毎朝同じ時間に起床する
  • 3食決められた時間に食べる
  • 夜12時までに就寝する
  • 目標を細かく段階的に設定し、行動をステップアップさせる
  • 可能な限り出勤し、やらなければならないことに取り組む
  • ウォーキング、掃除、片付けをする

不眠になりがちな新型うつ病の人は、生活のリズムを崩しやすい傾向にあり、それが余計に症状を悪化させます。

効果的な対策は、早寝早起きやウォーキングなど、健康な状態ならすぐにスタートできることばかりですが、新型うつ病の人にとってはハードルが高いかもしれません。

最初は大変かもしれませんが、多少強引にでも生活リズムを整えることを心がけてください。

対策を継続するには「自分を褒める」ことが大切

新型うつ病の人が、生活リズムを改善するのはとても大変なことですが、継続しなければ回復もしません。

継続する方法としては、どんな簡単なことであっても、クリアするごとに「自分を褒める」機会をつくってあげることです。小さな達成感の積み重ねにより、少しずつ自信も回復してきます。

小学校のとき、夏休みの宿題をクリアしていくときは、かなり爽快感がありましたよね。大人になると、失敗やできないことばかりに着目し、自分を責めてしまいがちですから、病のときほど積極的に褒めてあげましょう。

「メンタルの病」への依存を改善していくこと

新型うつ病もちゃんとした病ではありますが、徐々に「依存」が起こるのも事実です。

自分が鬱であることを公表したとき、周囲の人が優しくしてくれたり、仕事量を減らしてくれたときにどう感じるでしょうか?

もちろん感謝が第一だとは思いますが、心のどこかで「この楽な状況が続いて欲しい」と思ってしまう可能性もあります。

うつ病であることを盾にするのは、単なる甘えです。

周囲のサポートに感謝し、自分自身は症状の回復だけに集中していきましょう・

周囲は気長に優しく接すること

周囲が新型うつ病を理解するのは大変かもしれません。

少しでも厳しい指摘をすると、本人が気落ちするだけではなく、メンタルの病を糾弾しているような空気を作ってしまうからです。

周囲の人ができる対応は、優しく励まこと。

幼い子供への接し方のように思えるかもしれませんが、褒めて褒めて、ときにちょっとだけ厳しして、また褒める…そんなバランスがちょうどいいと思います。

本人が病気に甘えず、症状を回復させるためのサポートしていきましょう。

新型うつ病のタイプは数種類ある

新型うつ病には数種類のタイプに分類されています。そのいくつかを紹介します。

  • 非定型うつ病:都合の悪いことに対面したときにだけ抑うつ状態になる
  • 逃避型うつ病:仕事で嫌なことがあったときにだけ抑うつ状態になる
  • 未熟型うつ病:責任が重くなると抑うつ状態になる
  • ディスチミア親和型うつ病:うつ病に固執しやすい
  • 冬季うつ病:秋から冬にかけて抑うつ状態になる
  • 仮面うつ病:心の症状は目立たず身体への症状が強く生じる

これらの新型うつ病は、症状や対策が少しずつ異なります。

次のページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

非定型うつ病については、以下の記事でより詳しく解説しています。

周囲の人に求められるのは優しくて厳しい接し方

うつ病を患っている人は真面目で頑張りすぎる傾向にありますので、「がんばって」と声をかけるのは逆効果です。

ぼくもこのことを理解していたつもりでしたが、自分がうつ病になったとき、周囲から「もっとがんばれ」と言われたときは大きなショックを受けました。今ではうつ病の人に会ったときは、絶対に励ますような言葉は言いません。

新型うつ病の人に対しても、優しく見守るような接し方が症状を緩和させる手助けとなります。

少しずつステップアップしていく様子を観察し、よくやったと褒めること。少しサボりそうになっていたら、ちょっとだけ厳しく背中を押すように注意すること。

幼い子供への接し方のようではありますが、がんばる姿を見守ってもらえる環境があれば、病は治りやすくなります。

逆に、周囲の人からこのような環境を作ってもらうためには、本人が病気から逃げず、「必ず治す」という意志を持つことが大切です。

 - 症状と傾向

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

男性
うつ病を発症するまでの段階と初期症状

うつ病を患うと、さまざまな症状が生じます。 ぼくは過去にうつ病を経験しているため、今となっては鬱の初期症状が現れたときは「やばい」と感じ、すぐに対処することがで …

yellowcrosswalk
うつ病になりやすい人の「性格・気質、年代」に見られる傾向

うつ病は誰もがなりうる病ですが、なりやすい人には特定の傾向が見られます。 うつ病になりやすい人の傾向を知っておくことで、予防と対策をすることができますよ。 この …

「会社で無視されています(20代・女性)」と相談されたときに答えたこと
従来のうつ病とは異なる「新型うつ病」の特徴と種類について

うつ病といえば、憂うつな状態から抜け出せない状態が、ずっと続くイメージですよね。 しかし、最近では従来とは異なるタイプの「新型うつ病」が増加傾向にあるようです。 …

男性
うつ症状の診断チェックを活用しよう

「うつ病かもしれない」と感じたとき、いきなり心療内科等へ行くのはなかなか勇気がいるものです。 ぼくも、初めて心療内科へ行ったときは不安でたまりませんでした。 気 …

うつ病
【うつ病のサイン】心・身体・行動に現れる異変と初期症状について

初めてうつ病を経験するときは、その兆候に気付けないもの。 初期症状を放置した結果として、うつ病が悪化してしまうケースはよくあります。 何を隠そう、ぼくもそんな感 …

うつ病
うつ病になりやすい人の性格・8つの共通点

ぼくは2013年にうつ病を発症し、会社を退職しました。 うつ病になったのは、自分が鬱になるとは想像もしていなかったこと、または対策を怠ったことが一番の原因ですが …

決断
実は鬱にも種類がある!うつ病、うつ状態、うつ気分の違い

「うつ病」と聞くと、自分とは無関係だと思ってしまいますが、「憂鬱な気分」なら経験があるのではないでしょうか。 「うつ病」も「憂鬱」のいずれも、「鬱(うつ)」とい …

ポジティブ
うつ病になりやすい人の「性別、出来事」に見られる傾向

うつ病は誰でも患う可能性がある病気ですが、「なりやすい人」も存在し、性格、年代、性別などの傾向があります。 該当するからといって、必ず発症するわけではありません …

man
うつ病と似た病。抑うつ状態と躁状態を引き起こす「双極性障害」とは?

うつ病は、気分が落ち込む「抑うつ状態」が2週間以上続く病気ですが、同じ状態を引き起こす病が、もうひとつあります。それは「双極性障害」です。 双極性障害は、以前ま …

street
【うつ病と併発するケースも】対人恐怖症の原因・症状・対処法について

うつ病になったとき、対人恐怖症を併発してしまうことがあります。 鬱によって心が不安定になると、自意識過剰にもなり、人と接するのが怖くなるのです。 人との会話もま …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です