ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病の原因になる脳の神経伝達物質「セロトニン」と「ノルアドレナリン」

うつ病の原因については解明しきれていない部分もあり、専門の医師による研究が今も進められている状態です。

ストレスが鬱に影響しているのは間違いありませんが、脳の神経伝達物質の異変も原因になると考えられています。

うつ病の原因になる神経伝達物質とは、どのようなものなのかを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

神経伝達物質の異変がうつ病を引き起こす

私たちの脳内には、神経伝達物質というものがあります。

精神を安定させてくれる神経伝達物質の働きに異変が起きると「精神が不安定な状態」になり、さらに悪化するとうつ病をも引き起こしてしまうのです。

うつ病は、神経伝達物質が減少してしまう病

神経伝達物質について、厚生労働省のサイト「こころもメンテしよう」で以下のように説明されています。

「うつ病は、脳内の神経伝達物質「セロトニン」「ノルアドレナリン」が減ってしまう病気だと考えられています。これらの神経伝達物質は精神を安定させたり、やる気を起こさせたりするものなので、減少すると無気力で憂うつな状態になってしまいます。」
参照元:厚生労働省 こころもメンテしよう

うつ病の人が悩む「気分の落ち込み」や「無気力な状態」を引き起こすのは、まさにこの脳内の神経伝達物質が減少することが原因になります。

「やる気がでないなら、でるように工夫しろ」と思う人もいるかもしれませんが、うつ病を患った人の脳内は、気合いで回復できるような状態ではないということです。

うつを治すためには、神経伝達物質の減を正常値に戻すことが必要です。

うつに影響する神経伝達物質「セロトニン」「ノルアドレナリン」

脳内の神経伝達物質にはいくつかの種類がありますが、その中でうつ病への影響が大きいのは次の2つです。

  • セロトニン
  • ノルアドレナリン

それぞれについて、厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイトより抜粋して記載します。

【セロトニン】
(抜粋)脳内の神経伝達物質のひとつで、他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。

【ノルアドレナリン】
(抜粋)交感神経の情報伝達に関与する神経伝達物質。副腎髄質から分泌されるホルモンの1つでもある。
激しい感情や強い肉体作業などで人体がストレスを感じたときに交感神経の情報伝達物質として放出されると、交感神経の活動が高まり、血圧が上昇したり心拍数が上がったりして体を活動に適した状態にします。副腎髄質ホルモンとして放出されると血圧上昇と基礎代謝率の増加をもたらします。

簡単にいうと、セロトニンは精神をコントロールする機能、ノルアドレナリンはストレスがかかったときに心身を安定させる機能があります。

ストレスを受けても心身を健康に保つために、この2つの神経伝達物質がとても重要な役割を担っています。

セロトニン、ノルアドレナリンが減少するとやる気がでなくなる

神経伝達物質の「セロトニン」と「ノルアドレナリン」は、脳から細胞に次のように働きかけます。

  • 起きる
  • 寝る
  • 食べる
  • 歩く
  • 楽しい!
  • がんばるぞ!
  • 記憶する

つまり身体機能と感情に関する命令を出すのです。

神経伝達物質が正常に働いていれば、健康でやる気にみなぎった状態になりますが、ストレスや過労が重なることでセロトニンとノルアドレナリンの量が減少してしまうと、これらの情報が脳から心身へうまく伝えることができなくなってしまいます。

すると「なかなか起きれない」「睡眠不足」「やる気がでない」などの鬱症状が現れてしまいます。

感情のコントロールをするセロトニン

セロトニンの量が低下すると感情が不安定になり、摂食障害や睡眠不足などの障害が出やすくなってしまいます。

すると他人に対する攻撃性が高まり、不安でたまらなくなるなどのうつ症状を引き起こすと考えられています。

セロトニン不足で現れる症状

セロトニンが不足した状態になると、さまざまな症状があらわれます。

  • 疲れやすい
  • やる気がでない
  • 集中力がない
  • イライラする
  • 過食、拒食
  • 不眠
  • 頭痛、肩凝り

これらはいずれも「うつ病」の代表的な症状でもあります。

セロトニン不足のまま放置することは、鬱になるリスクを高めることに他なりません。セロトニンは、心と身体の両方にとって重要な伝達物質なのです。

セロトニンが不足する原因はストレス・睡眠不足など

セロトニンはストレスによって減少しますが、その他にも太陽の光をあまり浴びない、または睡眠不足によっても減少してしまいます。

セロトニンが不足するライフスタイルは以下の通り。

  • 病気や加齢で室内にいることが多く、日光を浴びない
  • パソコン仕事で日中はずっとオフィスにいる
  • ゲーム遊びや塾通いで室内にいることが多い
  • 運動不足

このようなライフスタイルは、現代社会では一般的になっていますよね。

ぼくの姪が通う小学校では、ほとんどの生徒が休憩時間を教室内で過ごすそうです。

その理由は塾の宿題をする、またはケガをしたくないから。

ぼくが小学生の頃には、チャイムが鳴るのと同時にドッジボールを持っていち早く運動場に出るのが当たり前でしたから、この話を聞いたときには耳を疑いました。

たくさんの太陽を浴び、セロトニンに満たされるはずの子供たちが、慢性的にセロトニンが足りない状態に陥って、ちょっとしたことでイライラしたりキレたりするのは、このような習慣も関係しているような気がします。

セロトニンを増やすためには太陽の光を浴びること

不足してしまったセロトニンを増やすには、「太陽の光を浴びること」が何よりも大切。

太陽の光を浴びることで、体内のリズムが整い、睡眠の質が良くなります。そしてストレス耐性もつくため、逆境に負けない心身をつくってくれます。

まるで植物の光合成みたいですが、人間も日光からパワーをもらいます。

セロトニンを増やすために有効な習慣は以下の通り。

  • 早寝早起き
  • 毎朝太陽の光を浴びる
  • 日中は活動、夜は就寝の生活リズムを守る
  • 軽い運動をする
  • タンパク質(肉、牛乳、納豆)を摂取する

ぼくがうつ病を患ったときも、早朝出勤するために5:00に家を出発し、帰宅するのは21:00過ぎ。日中はずっとオフィスの中で、ほとんど外に出ることはありませんでした。

週末は疲れを言い訳にしてごろごろ…。運動も睡眠も不足しており、まさにセロトニン不足になる生活習慣そのものでした。

このような状況を断ち切るには、思い切って外に出てみることが大切。

たとえばウォーキングはとても効果的です。

運動することで身体が疲れ、睡眠を促してくれます。ストレス発散にもなりますし、太陽の光を浴びることもできます。

普段は車で行くスーパーへのお買い物を、歩いて行ってみるだけでもいいんです。そのちょっとした行動が、うつを回復させることにつながると思います。
歩き出す

ストレスに対して適切に対処するノルアドレナリン

ストレスに反応して分泌されるノルアドレナリンは、心拍数や血圧を上昇させることで心身のバランスを保つ働きをしています。

ノルアドレナリンの具体的な働きは以下の通り。

  • 身体を動かしやすくする(覚醒させる)
  • 集中力があがる
  • 判断力が向上する
  • 記憶力が向上なる
  • ストレスへ順応しやすくする
  • ストレスへの耐性がつく

ストレス社会において、ノルアドレナリンはとても重要な役割を担っています。

適度に分泌されている状態であれば、ストレスに対して適切な緊張感を保ち、やる気を高めてくれるのです。

しかし、慢性的ストレスにさらされると、ノルアドレナリンの量が減少する場合も。

ノルアドレナリンが不足すると、抑うつ症状を始めとしたうつを引き起こしやすくなってしまいます。

ノルアドレナリン不足で現れる症状

ノルアドレナリンが不足すると、以下のような症状があらわれます。

  • 仕事の効率が下がる
  • 集中力がさがる
  • 判断力が低下する
  • やる気がなくなる
  • イライラする
  • ストレス耐性が弱くなる
  • 目眩、立ちくらみ
  • 朝起きることができない

これらは「うつ病」に見られる症状と同じです。

ちょっとしたことでイライラしたり、何に対してもやる気が出ない状態は、一時的であれば気にする必要はありませんが、症状が継続するようであればうつ病に進行する可能性があります。

倦怠感がある、やる気がでないなどの症状が続く場合は、早急に専門の医師に相談するようにしてください。早めの診断が、うつ病の予防につながります。

ノルアドレナリンが不足する原因はストレス

ノルアドレナリンが不足する原因はストレスです。

ストレスを感じる度にノルアドレナリンが分泌され続けますので、マイペースに生活できる環境に身をおくか、常にストレス解消をすることでしか対策はできません。

ぼくがうつ病と診断されたときも、集中力が途切れやすかったために、小さなミスを繰り返していました。ミスを指摘されるのが怖くてたまらず、さらにストレスを感じるようになっていたのです。

家族と相談したぼくは、その後わずか2週間ほどで会社を退職し、さらに2ヶ月後には住む土地を変えました。

「うつ病を患ったときは判断力が低下しているため、大きな決断は避けたほうがいい」というアドバイスも受けましたが、このままでは治すことができないと感じたのです。

その判断は間違っていませんでした。

退職と引っ越しがうつ病を完治させたとは言いませんが、比較的早くに完治し、再発していないことを考えれば、環境を大きく変えてストレスが少なくなったことがとてもよかったのだと思います。

ひとりで考え込んでいてもなかなか道は開けませので、信頼する家族や友人に相談してみてください。

ノルアドレナリンが過剰になるとあらわれる症状

ノルアドレナリンが不足することだけではなく、過剰に分泌されることも避けなければなりません。

ノルアドレナリンが過剰になると、以下のような症状があらわれます。

  • いつも神経が高ぶっている
  • イライラする
  • 落ち着いて座っていられない
  • 他人に対して攻撃的になる
  • キレやすい

このような状態が長く続くと、ノルアドレナリンが分泌されすぎて次第に不足するようになります。するとストレス耐性が弱まり、ちょっとした出来事でストレスを感じたり、気分が落ち込むようになってしまうのです。

ノルアドレナリンが過剰分泌されるのは、ストレスを長期間受け続けるのが原因。

自分の異変に気づいたときは、自分が置かれている状況を見直し、ストレスを防げるような環境に整えるようにしましょう。

ノルアドレナリンを増やす方法

ノルアドレナリンの働きをバランス良く保つためには、セロトニンを増やすことが有効です。セロトニンにはノルアドレナリンをコントロールする作用があり、ストレス耐性も高めてくれます。

運動、睡眠、日中のウォーキングも効果的。

なぜなら太陽の光を浴びることがセロトニン増加につながり、身体が疲れることで深い睡眠を促すからです。

季節と場所を選ばずできるウォーキングは、ぜひ取り入れてみてください。

うつ病になった自分を責めるのはやめよう

ぼくがうつ病と診断されたとき、担当してくださった先生は一生懸命に「うつ病の原因はあなたの気持ちが弱いからではなく、脳の神経伝達物質の減少によるものです」と説明してくれました。

話を聞いているときはその意味をよく理解できずにいましたが、今になって思えば、自分を責めずにいれたのは先生のお陰だと思います。

「ノルアドレナリンやセロトニンが減少した状態では、やる気がでないのは仕方がない。脳が誤作動を起こしている状態なんだ」という楽観的な考え方を持つきっかけにもなりました。

うつ病になった自分を追い詰めるのは、病を悪化させるものでしかありません。

もし自分を叱るとすれば、ストレスや心身の症状を早期に治療対策しなかったこと。

その点だけは反省し、すぐにストレスを解消していきましょう。

 - 原因と対策

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

ぼくがうつ病になった原因|8つのストレス
ぼくがうつ病になった原因|8つのストレス

ぼくは2013年の12月にうつ病を発症して、休養のために年末で会社を退職しました。それまでは深く考えこんだり、悩むことなど無縁だったのに、マイペースな性格がウソ …

スクリーンショット 2014-04-27 12.03.50
性格は捨てられる(心屋仁之助):「個性はOS、性格はアプリ」だから変われる!

  「ワタシってこんな性格なんで…」 ぼくは今までの人生でこの言葉にものすごく違和感を持ってきました。   それはなぜかと言うと、自分が知っ …

「辛い記憶」を忘れたい?3つの方法を実践してくれよな!
うつ症状が悪化する原因と対処法。仕事を休むなら労災・傷病手当金を活用すること

うつ病は絶対に悪化させたくない病です。 睡眠不足、肩こり、吐き気といった初期症状でも十分しんどいのに、睡眠障害や食欲不振まで悪化させると、もう大変。 重度のうつ …

水
うつ病の原因になる環境・身体・心理・社会のストレス

うつ病などの精神疾患を患う人が増加傾向にあります。 平成17年には300万人を越えたうつ病は、今や最も多い精神疾患となりました。 うつ病には、私たちの日常生活に …

失敗
今すぐ始められるうつ病対策

厚生労働省によると、うつ病の患者数は年々増加傾向にあるようです。 ストレスや神経伝達物質の分泌異常によって発症するうつ病は、誰もがなりうるメンタルの病です。 も …

「うつ病」に苦しむ友だちへ:体さえ元気なら、また歩き出せる。
うつ病の「診断前」と「診断後」に行った6つの対策

うつ病になると、心が憂うつな気持ちに支配され、絶望的な気持ちになりますよね。 ぼくがうつ病になったときも、決して大げさじゃなく「もう人生終わりかも…」と思ってい …

girl
うつ病とは異なる「非定型うつ病」の症状・原因・予防と対策について

若者を中心に「非定型うつ病」が増加傾向にあるようです。 インターネットが発達し、SNSなどを通じていつでもどこでも人間関係に追われる現代では、気が休まる時間がほ …

うつ病の治し方|初期症状に自力で対策できる7つのこと
【うつ病の治し方を知る】初期症状のときに自力でできる7つの対策

ぼくは会社員として働きながら、2013年の12月に鬱病(うつ)になりました。 当時はまさか自分がうつ病になるなんて…想像もしていなかったので、体とメンタルの異変 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です