ミラクリ

鬱から成功するブログ

酒を飲まない男は人生損してる!? 余計なお世話です。

 

ぼくはそもそも酒が好きではない事と、飲んだら急激に眠たくなったり体調に影響を及ぼすことになるので、5年前ぐらいに酒を飲まないと決めました。

 

厳密に言えば、忘年会ぐらいにグラス一杯のビールを飲んだり、家でたまにグラス一杯のワインを飲むことはあるのだが、数ヶ月に一度あるか無いかの話だ。でも仕事をしていると何かと夜の付き合いもあって、そういう場自体は好きだからあまり断らずに参加するのですが、その場に酒飲みの人がいると、コーラを注文するぼくを見てほぼ必ず言われる言葉があります。

 

スポンサーリンク

 

「お酒飲まないの? 人生損してるよ」

言われるとすごくムカつくセリフ。それは…

「お酒飲まないの? 人生損してるよ」

です。

 

人生の楽しみ方って人それぞれでいいんじゃないでしょうか?

でも「大人の社交=酒」のような短絡的な決め付けは本当にやめて欲しいです。そしてその場にいる人達のテンションまで下げてしまうという二次被害があります。

 

酒

 

言うまでもなく、お酒だけが人生ではない

お前の人生には酒しか拠り所が無いのか?そう言ってやりたくなる。

って言うか、バブル期のような「酒は社交の必須アイテム(ノミニケーション??)」のような時代じゃないんだし、別によくね?なんか社会的にはさ、「ライフスタイルの多様化」なんて言われてるけど、酒だけは未だに絶大な立ち位置を誇ってる。

 

若者の酒離れは加速してるらしいけど、それでも飲む人たちの価値観はなんら変わってないし、未だにこういった押し付けがましい風習があるんだよね。

 

呑兵衛がの方が損してる

酒を飲む人たちが見る世界では酒を飲まない人は「人生損してる」って事になるんだけど、酒を飲まないぼくから見れば、酒を飲む人の方がよっぽど人生損してるよ。

 

列挙してみる!

・金を使う

・ダラダラ時間を使う

・体を悪くする(短期的に)

・体を悪くする(長期的に)

・実質的に依存症になる

・翌日のパフォーマンスが下がる

・人間関係を悪くする(酒に呑まれたら)

・家族関係を悪くする(飲みに行きすぎたら)

 

まぁ一方的な見方であることは間違いないんだけど、なんらメリットは見当たらない。
中には本当にお酒が好きで、それが人生の楽しみだって人もいて、それはスゴイ素晴らしい事だよ。実際、酒は適度に飲めば楽しいもんだろうし、「決起集会」のような感じでほんとにテンションの上がる飲み会もある。でもぼくの社会人経験からすると、現実的にはそんなのは稀で、酒をうまく「活用」してる人にはほぼほぼ出会った事がない。

 

むしろシラフは損な役目なんだよ!

って言うかさ、これが一番言いたい!!!!!!!!

「人生損してる」とか「飲み会の場に飲めない奴いるとさ、気遣ってガンガン飲めないんだよねぇ(じゃあ誘うなよ・・・)」とか散々悪口言われた後に、「ですよねぇ、スイマセンー テヘペロッ」なんて言って、その後に酔いつぶれてるあなた方をキチンと誘導したり、荒らしたものを片付けたり、絡んだ人をなだめたりするのはぼくなんだよ!!!!

 

酒を飲むことを正当化したいがために、飲まないやつをそうやってイジりたくなるのは分からんでもないけど、「俺は焼酎、あーー君はコーラね。コーラうまいよね~」別にこのやりとりだけでよくね?って思う今日この頃です。

 

この際言ってやる。

酒を飲まないヤツは人生絶対得してるぞ!!

 

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・酒を飲む、飲まないのメリット・デメリットはそれぞれある

・酒を飲まない人に「人生損してる」と言うのは止めよう

・その場を楽しくすることを考えれば、何をするべきか見えてくる

楽しむ場なんだから、みんなで楽しめばいいやん!!!!!!

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「自由でも不自由でも嫌われるけど、どっちがいい?」:「嫌われる勇気」に唸った!
矢沢永吉・イチローが語る「魅力がある大人と、無い大人」が興味深すぎた!
【逆ギレされたときの対処法】自己愛の強い人にはこう対応する

人生において、できれば経験したくないのが「逆ギレ」です。 自分は悪くないのに上司に怒られた、彼氏の浮気を問い詰めたらキレられた、お金を返して欲しいと言ったら不機 …

おもしろい人ほど「深い闇」がある。

    「おもしろい人」って、何なんでしょうね?   よく言うじゃないですか? 「おもしろい人になりたい。」「おもしろい人と付き合 …

「また飲みましょう!」が成立する人間関係なら、いらない。

    30代も半ばにさしかかり、色々と気づくことがある。 それは「自分の人生のほとんどを共有した人は、ごくわずかである」という事実。熱いラ …

【義理人情に厚い人の10個の特徴】ゆるいつながりの時代にこそ大切なもの

「義理人情に厚い人」が周りにいませんか? おそらくその人は、周囲の人から信頼され、尊敬されていることでしょう。 約束を必ず守り、お礼や埋め合わせを忘れない。 裏 …

【自慢話をする人の8つの心理】うざい自慢話を聞かされたときの対処法

長時間にわたって自慢話を聞かされて、げんなりした経験はありませんか? 好意のある人の話ならまだしも、まったく興味のない人の自慢を聞かされたら辟易しますよね。 人 …

ぼくが「ギャンブル好きな人」と疎遠になる3つの理由

  不況にもかかわらず、一部のパチンコメーカーは儲かってるみたいですねぇ。 不況で世帯年収が厳しくなってますが、それでもギャンブルにお金を時間を費やす …

「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

  秋元康氏の言葉に触れて、「嫌われる勇気」という言葉を思い出しました。   嫌われる勇気とは「嫌われてやろう!」と思うことではなく、成果を …

結局「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」です。意識高い人、ごめんな。

  「誰が言ったか」ではなく、「何を言ったか」が大事 そんな記事が時折ネット上で話題になる。ちきりんさんの記事、けんすう(古川健介)さんの記事、などが …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です