ミラクリ

鬱から成功するブログ

オカマバーで4万円! ぼったくりで刻まれた「何をするか」よりも「誰とするか」

 

ロック

 

いやぁ、久々にとんでもない出費をした!!!!!!!

「4万円」という金額もさることながら、それだけイタイ出費をしたことで、結局は「何をするか」よりも「誰とするか」なんだと細胞まで刻み込まれた。これが「気の合わない人たちとのお付き合い」で支払ったのであれば「金返せ!!!!」バリに怒り狂っていただろう。

 

(やらないけど…)

 

オカマバーで一時間4万円を支払うの巻

その日は信頼するビジネスパートナーたちと会食に行き、21:30頃に一軒目のすき焼き屋を出て「二軒目どうする?」という恒例の流れになった。

 

4人の中の一人が「じゃあおかまバー行きます?」と言い出してみんな賛同したのだが、続けて「あのね… そのお店はぼったくり方がハンパないんですけど…」と言い出した。ぼくの周りにはちょっと変な人が多いもので、なぜか「じゃあぼったくられてみようぜ!」などと盛り上がって店に行くことになったのだ。

 

ちなみにその日の支払い担当はぼく…

「お前ら、こんなときに限ってそんなこと言いやがって!」という気持ちとともにビクビクしながら店に向かった。

 

(言わないけど…)

参考:お金の不安を劇的に解消する! カルト的な方法を3つ教えるよ。.

 

際立ったサービスは「ママ手作りのきんぴらゴボウ」w

きんぴらごぼう

 

そのお店は大阪ミナミにあり、マックスでも15人入れば良いぐらいの小さなお店だった。

店に入るなり推定55歳のママさん(男性)が挨拶し、その後は自分がどこを美容整形してきたか、その金額はいくらなのか?を延々と説明してくれたのだ。

 

すると仲間の一人が「響(ウイスキー)」のボトルを注文した。

「てめぇ、ただでさえぼったくりの店でボトル入れてんじゃねぇ!」という表情でその男を睨みつけたが、「テヘペロっ!」みたいな表情をしている。(憎めないやつだ…。)

 

その後のサービスは一般的なものだった。

おしぼりがでる、酒を作る、よく分からないお菓子セットがでる、また酒をつくる、そんな感じだ。自分の過去の経歴を話しきったママさん(推定55歳:男性)は、淡々と酒を作り、カウンターから一切出てこなくなった。分かりやすく「一見さん扱い」をされている…。

 

唯一「私が作りました♡」という言葉とともに、きんぴらごぼうを4皿だしてくれた。

たっぷりとすき焼きを詰め込んだぼくたちは既に満腹状態だったが、何とか食べた…。(味はフツー。)

 

そうして一時間ほど楽しく過ごし、会計のときがやってきた。

手書きで数字が記されたメモ用紙をのぞき込むと…

 

「四万円」…… しかもクレジットカード払いは不可…。

 

今となってはあのきんぴらごぼうの値段が知りたくてたまらない。

基本的に現金を持ち歩かないぼくは、一時的に仲間に借金をしてATMに走った。

参考:財布に「現金1,000円」しか入れない人のクレジットカード活用方法を公開するよ!.

 

スポンサーリンク

 

会社を批判するビジネスマンたちが、死ぬほど怖い顔をしていた。

楽しくバカ話をするぼくたちよりも奥の席には、6人組で全員スーツ姿のビジネスマンがいた。

全員が恐ろしい表情をしていたこともあって会話の内容に興味がわいたのだが、どうやらその人たちは同僚で会社の批判をしまくっていた。組織がどう、ビジョンがどう、他部署がどう、上司がどう、批判が尽きなかった。

 

彼らも一時間ほど酒を飲んでおり、しかも何本かウイスキーボトルも入れていたので最終的に支払った金額は相当なものだろう。しかし彼らはこのぼったくりバーの常連な様子で、提示された金額にさして驚きもせずお金を払って帰っていった。

 

なぜ彼らはぼったくられ続けるのかも非常に不思議だった…。

参考:島田紳助さん、ぼくはお金がある、無いに関わらず吉野家の牛丼がウマくて幸せです。.

 

信頼する人たちと一緒なら「自分で正解を作ること」ができる

失敗

 

ふと考えた。

「怖い顔をしながら誰かの批判をしまくる一時間:4万円」「信頼する仲間と大爆笑する一時間:4万円」一体どちらの価値が高いだろうか?

 

支払うお金としては「4万円」と同じだ。

しかしぼくにとっては後者の方が圧倒的に価値が高く、むしろ批判や愚痴のために食事をするような間柄の友人がいないことには感謝するばかりだ。そして仲間たちと一緒であれば、ぼったくられたことすらネタ(笑い話)として昇華できる。

参考:「怒ったことほどお金になる」はあちゅう氏が話す、好きなことを仕事にするメリットに笑った!.

 

これはぼったくられたことのポジショントークに見えるかもしれないが、実際そうだ。

しかし信頼する人たちと一緒であれば、ポジショントーク(自分で正解を作る)すら可能にしてしまうのだ。

参考:「半径5メートルの野望」を読んだあなたは、プラス1m前進したくなる。

 

仕事を選ぶときにも重要な「誰とするか」の視点

これは仕事(働くこと)でも全く同じことが言える。

ぼくは過去に3回転職して4社に勤めてから独立したが、ありがたいことに転職キャリアサービスにお世話になることなく、全て「紹介」で転職することができた。

参考:結局「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」です。意識高い人、ごめんな。.

 

そのメリットは「どのような人たちが、どのような思想で働いているか?」を事前に把握できることだ。これが正面からの面接で入社するとなると、表面的な良い面しかつかめず、いざ入社してみたらイメージと違った…みたいなことに遭遇してしまう。

 

仕事を選ぶとき、転職する時に「業種」「仕事内容」「年収」ばかりに注目するだろう。

しかし最も重要なのは「何をするか」よりも「誰とするか」で、その為には日頃から信頼する人たちと、濃厚な人間関係を築くしか無い。一緒に働くメンバーが自分にとって良い人たちなら、結果や年収は絶対についてくる。

 

人との信頼関係を大事にすれば、自然と「次の仕事」「次の会社」「次の人」「次のキャリア」の道が開ける。

参考:人脈? つながり? 濃厚な人間関係は「癒着」が基本ですよ。.

 

ミラクリから一言

ホラ、ぼくのように笑い話にできるでしょ?

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

「目には目を、歯には歯を」の意味を知ると、少しだけ優しくなれる。

  心ない言葉を浴びせられて傷ついたとき、咄嗟に相手を殴り返そうと思った。でも「目には目を、歯には歯を」の本当の意味が”やられたらやり返せ”ではないこ …

【逆ギレされたときの対処法】自己愛の強い人にはこう対応する

人生において、できれば経験したくないのが「逆ギレ」です。 自分は悪くないのに上司に怒られた、彼氏の浮気を問い詰めたらキレられた、お金を返して欲しいと言ったら不機 …

人脈? つながり? 濃厚な人間関係は「癒着」が基本ですよ。

    今まで34年間生きてきて、自分が薄ーーい人間関係しか築けていなかったことに気付かされる。 それまでは「人脈」「つながり」などと言って …

最強すぎるコミュニケーション能力をもつ人、4つの特徴

    ぼくは、人とのコミュニケーションがそれほど得意とは言えない。 ただ周囲には最強すぎるコミュニケーション能力を持ち、人を虜にしながら仕 …

人に好かれるか、嫌われるかは環境要因がデカい。そんなに気にするな。

  先日、人から嫌われる経験について書きました。 人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか ぼく自身が、幼少期 ~ 学生 ~ 社会人 ~  …

「いいヤツ」であることを軽視すると人生を棒に振る
ぼくが「ギャンブル好きな人」と疎遠になる3つの理由

  不況にもかかわらず、一部のパチンコメーカーは儲かってるみたいですねぇ。 不況で世帯年収が厳しくなってますが、それでもギャンブルにお金を時間を費やす …

「また飲みましょう!」が成立する人間関係なら、いらない。

    30代も半ばにさしかかり、色々と気づくことがある。 それは「自分の人生のほとんどを共有した人は、ごくわずかである」という事実。熱いラ …

意識高いのは良いことだよ! でも「押し付けがましい群れ」は滅びて欲しい。

  いつの間にか「意識高い系」って言葉が流行りました。 これは誰が言い出したんでしょうかね。常見陽平さんの「「意識高い系」という病」という本が最初なの …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です