ミラクリ

鬱から成功するブログ

「人の縁」をつなぐ点と線

 

点と線

 

それなりに長く仕事をしていると「人の縁」について深く考えさせられることがあります。

どうしても人間は忙しない生き物でして、すぐに自分のメリット(お金、情報など)を受け取りたいと考えて、知らず知らずのうちに「その場かぎりの関係」を作ってしまいます。結果的に長い目でお付き合いできる関係を放棄し、短期的な得を追い求めるんですね。

 

でも、ぼくはそういった匂いのある人は極力避けるようにしています。

なぜなら「人の縁」に関して、不思議としか言いようがない体験に溢れているからです。

 

 

5年ぶりにお会いした上司と、二週間後に取引開始

以前に勤めていた会社の元上司で、大変お世話になっていた方がいました。

その方が会社をお辞めになってから5年間はお会いしてなかったのですが、独立してからふと直感的に「久しぶりにご挨拶したい!」と思って連絡をしてみると、元上司も今では独立して会社を経営されていました。

 

何か一緒にやりたかった仕事があるわけでもなく、お金を借りたかったわけでもありませんw

ほとんど手ぶらの状態で元上司の事務所を訪問し、2時間ほど昔話をしたのですが、そこでふと紹介してくださった化粧品を見たときにピン!ときて「自分で売ってみよう」と考えました。これがぼくが化粧品ビジネスをやろうと考えたキッカケです。

参考:「化粧品の仕事してるんだけど質問ある?」に答えてみたw.

 

後日、知り合いの会社に化粧品をご案内してみたところ、「欲しい!」と言ってくれる会社がいくつかあって、すぐに元上司に発注し、取引を開始することになりました。

 

元上司から見ればぼくは「お客様」

このなんともむず痒い関係が出来上がりましたが、ぼくは今でもその方を尊敬しているので、昔のように部下扱いされても何とも思いません…(笑) むしろ嬉しくてしょうがないです。

参考:人脈? つながり? 濃厚な人間関係は「癒着」が基本ですよ。.

 

 

2年間ビジネスできなかった人と、今ではパートナーに

他にも事例があります。

ぼくにはビジネスパートナーがいますが、その人とはビジネスをするまでに2年間を要しました。

 

想像してみてください。

営業マン、ビジネスマンという立場であれば、お金(営業成績・売上)にならない人に対して、時間を割くことはできないはずです。でもその人は2年間、自分とただ付き合ってくれたんですよ。いつか、何かでお返ししたいと考えてはいたものの、しばらくは具体的な話はなく、独立してからやっとビジネスをすることができました。

参考:嫉妬に狂ったときほど「8人の天才」に触れ、エネルギーに換えていく。.

 

その方には、今でもお世話になりっぱなしです…w

でも、このように「損得抜きで、ただ自分と付き合ってくれる人」のことは心から大事にしようと考えています。

 

「お金になる人」との関係構築は早いです。

だって売上になると分かっていれば、その会社(人)の優先順位を高くして、とにかく要望に応えることができれば、素早く人間関係はできます。そして商売が始まった暁には、個人的に会食でもすれば更に関係は深まるでしょう。

 

でもサクッと作った人間関係は、サクッとなくなります。

つまり売上目的でできあがった関係は、売上が無くなったと同時に消失するんです。

 

でも「人」として付き合っていれば売上が減る、もしくは無くなったところで、「次は何をやりましょうか?」と言えるんですよ。

参考:「プロになる人、なれない人の違い」って、実は簡単なことでした。.

スポンサーリンク

ブログ・Twitterで作った人間関係から仕事に

最近ではブログ、Twitter経由でお仕事を頂くことが多くなりました。

多くは「原稿依頼」ですが、その他にも「取材したい」「お会いしたい」なども含めてご連絡を頂き、その中から実際にお仕事につながるケースがあります。

 

ぼくはネット上のソーシャルがリアルな人間関係に限りなく近くなっていると考えています。

だからこそ「クレクレ詐欺」にならず、長い目で相手との人間関係を作るように心がけています。そりゃ有名な方に自分のブログを紹介して頂くとPVは稼げますが、相手のメリットは何もない場合が多いですかからね。単発で人間関係が続くはずがありません。

参考:ぼくがブログを書くときは、「あなた」をイメージしています。.

 

一つ言っておきます。

ぼくはソーシャルから仕事をガンガン獲得できる知名度ではないですよ!

 

知らず知らず反故にしてしまった約束もあるでしょうし、全てのメッセージに返信できるわけではないですが、それでもポイントでは丁寧にお付き合いし、人間関係を作ればお仕事につながることもあるのです。そう考えると、仕事のほとんどは人間関係でいますから、実力はあっても「孤高」みたいな人はなかなか難しいでしょう。

参考:「プロになる人、なれない人の違い」って、実は簡単なことでした。.

 

人間関係における長期的、短期的な視点

「点(短期的な視点)」しかない人はダメです。

「線(長期的な視点)」を持ちながら、「点」を大事にすること。

 

まぁこれが全てですよね。

「売上が欲しい!」「紹介して欲しい!」「情報が欲しい!」こんなことになってないですかね?

参考:孤独の向こう側にあるつながりと人脈.

 

ミラクリから一言

さぁ、仕事しよ。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【下戸におすすめ】お酒を飲まない人が空気を壊さず、飲み会を乗り切るコツ

お酒が飲めない、または何らかの理由で飲まない人にとって、飲み会は大変なイベントですよね。 下戸であることをいじられたり、お酒を飲まないことに文句を言われたり、「 …

オカマバーで4万円! ぼったくりで刻まれた「何をするか」よりも「誰とするか」

    いやぁ、久々にとんでもない出費をした!!!!!!! 「4万円」という金額もさることながら、それだけイタイ出費をしたことで、結局は「何 …

意識高いのは良いことだよ! でも「押し付けがましい群れ」は滅びて欲しい。

  いつの間にか「意識高い系」って言葉が流行りました。 これは誰が言い出したんでしょうかね。常見陽平さんの「「意識高い系」という病」という本が最初なの …

「自由でも不自由でも嫌われるけど、どっちがいい?」:「嫌われる勇気」に唸った!
本音はどう? キャバクラで嬢に説教するおじさんはウザい

  ぼくは「夜の付き合い」が苦手で、キャバクラにはあまり行きません。 そして人生で自分のお金でキャバクラに行ったことはなく、仕事の付き合い(経費(しか …

no image
「ブサイク」「仕事デキない」と言われるうちは、愛されている証拠

    人のコミュニティの中に上手になじむことができないぼくは、あらゆる環境の中でトラブルを経験しました。自分から人に食ってかかるようなこと …

インターネット上の出会いは楽しく、別れはシンプルに。

    インターネットのツールを利用していれば、人との出会いに恵まれることがあります。ブログを通じて人に会ったり、Twitterを介してリア …

「ポジティブ教」に入信したければ、まずは絶望を経験するべきだ。

    ある出来事がキッカケで、久しぶりに心底絶望して眠ることができなかった。 でも中途半端に絶望しているときは胸の内がザワザワしているのだ …

人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか

  誰かに嫌われるのは嫌なことです。 ぼくだって、嫌われるぐらいなら好かれたいです。すっごい好かれたい。   でも、みんなに好かれることは無 …

人に好かれるか、嫌われるかは環境要因がデカい。そんなに気にするな。

  先日、人から嫌われる経験について書きました。 人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか ぼく自身が、幼少期 ~ 学生 ~ 社会人 ~  …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です