ミラクリ

鬱から成功するブログ

【男女の友情は成立する?しない?】男性・女性に本音を聞いてみた

「男女の友情は存在すると思う?」」

「絶対に存在する!」

「いや、男は本能的な生き物だから、下心なしの関係はありえない!」

この記事をご覧になっている方は、そんな議論を一度はしたことがあるでしょう。

男女の友情と恋愛の境界線は、たしかに曖昧なもの。

友情が成立するかどうかは時と場合によって異なりますし、相手によっても異なります。

答えのない議論に精を出すよりも、自分なりの考え方を見つけることが大切ですよ。

そんなわけで今回は、男女の友情について、大人たちの本音を紹介します。

今の自分にあった考え方を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

男女の友情とは?

男女の友情とは、異性間の友情のこと。

見返りを期待せず、下心も持たず、相手のことを思いやれる関係性のことです。

男女の友情という概念が生まれたのは最近

実は、男女の友情という概念が生まれたのは、ごく最近のことだそうです。

ハフィントンポストに、心理療法士のカリーヌ・グランヴァル氏の言葉が紹介されていました。

「50年前には、男女の友情はまだ存在していませんでした。なぜなら男女は交わる機会がなく、学校も共学ではなく、女性は働いていなかったからです。ですからわりと最近の現象なのです」

引用元:ハフィントンポスト

なるほど。

ということは、人類はまだ男女の友情を模索している最中なんですね。

多くの人が思い悩むのも無理はないでしょう。

男性と女性で考え方が違う

男女の友情については、男性と女性で考え方が違うようです。

ざっくり分類すると、以下のようになります。

  • 女性=現実的=比較的割り切るのが上手
  • 男性=情熱的=割り切るのが下手

女性は友達と彼氏をはっきり区別できる場合が多いですが、男性は真逆。

「友達であっても女性には変わりない」と考えていることが多いので、お互いの気持ちにズレが生じてしまいます。

男女の友情は成立するか否か?男性・女性の本音をまとめてみた

さて、男女の友情は成立するのでしょうか? それとも成立しないのでしょうか?

そのヒントを得るために、いろんな人にアンケートを取ってみました。

ここでは、大人たちの本音を紹介しますね。

成立する派

***
「事実、20年以上仲良くしている男友達がいる。(30代/女性)」

「恋愛関係(肉体関係)になりそうな時期もあったけど、その後はいい友達のまま。(30代/女性)」

「異性の友達に下心を抱いたことがない。(40代/男性)」
***

「成立する派」の人たちは、相手のことを純粋に友達として見ているようです。

友達だから、恋仲になるとか、キスをするとか、ましてやSEXをするなんて考えは浮かばない。

恋愛に発展しそうになっても、友達関係を壊したくないから自重する。

そうやって末永い関係を築いているようです。

成立しない派

***
「基本的に女性は恋愛対象として見る。(20代/男性)」

「どれだけ仲良しでも、下心は捨てきれない。(20代/女性)」

「自分は友達だと思っていても、相手もそうとは限らない。(40代/女性)」
***

「成立しない派」の人たちは、基本的に「男女間には下心がつきもの」と考えているようです。

これもある意味大人な考え方と言えるでしょう。

なかには「そもそも性的魅力を感じない人とは友達になれない」と言う人までいました。

もしかしたら付き合えるかも? 肉体関係が生まれるかも?

そんなチャンスを伺いながらの友達関係は、ドキドキするものです。

時と場合による派

***
「なぜか下心が湧かない異性もいる。(40代/女性)」

「最初は友達だと思っていたけど、周囲に内緒で会っていたから、おそらく恋愛感情があったのだと思う。(30代/女性)」

「『SEXをしたことがある親友』もいる。(20代/男性)」
***

「時と場合による派」の人たちは、一概には言えないと考えているようです。

友達というだけでなぜか下心が湧かない場合もあるし、肉体関係になったのに親友になる場合もある。

また、自分でも気づかないうちに恋愛感情が芽生えていたケースもありました。

なかには「肉体関係のあるほうが本音を話しやすい」と言う人も。

このあたりは、まさに人それぞれですね。

相手による派

***
「お互いに恋愛感情がなければ友情は成立する。(30代/男性)」

「同性のような感覚で接することのできる人となら友情は成立する。(40代/女性)」

「相手がオープンな関係を望んでいるなら、肉体関係があっても友情は成立する。(30代/女性)」
***

「相手による派」の人たちは、友情と恋愛の境界線がはっきりしている模様。

「自分は友達には恋をしない」という強い自信を持っています。

おそらく感情の切り分けが上手なタイプなのでしょう。

お互いに割り切った考え方をできるなら友達になれると、ドライに考えているようです。

彼氏(彼女)がいるか、既婚かどうかで異なる派

***
「相手に彼氏(彼女)がいない、もしくは結婚していなければ友情は続く。(20代/女性)」

「相手が嫉妬深いパートナーと付き合っている場合、友達関係を続けるのは難しい。(20代/男性)」

「『自分がいるのに、なぜ異性と遊ぶの?』と恋人に心配され、友達と会えなくなったことがある。(40代/女性)」
***

「彼氏(彼女)がいるか、既婚かどうかで異なる派」の人たちは、男女の友情は「状況次第」と考えているようです。

自分たちは友達のつもりでも、周りはそう見ないかもしれない。

彼氏(彼女)がいれば嫉妬されるかもしれないし、既婚者なら不倫と見なされるかも。

そう考えると、友達でいるのは適切ではない。

そんな空気が読めるタイプです。

個人的にしっくりきた男女の友情の定義は「ヤレるのにヤラない関係」

ここでひとつだけ余談を。

ぼくがしっくりきた男女の友情の定義は、「ヤレるのにヤラない関係」です。

つまり、相手に性的魅力を感じていながらも、決して手は出さない間柄ですね。

どこで見かけた言葉か忘れましたが、これは言い得て妙だと思いました。

「女友達に下心をもってしまうなんて…」

「男友達のことを『好き』と思ってはいけないの…?」

そんなふうに堅苦しく考えず、それも人間だと割り切りましょう!

男女の友情が成立する条件

さて、男女の友情はどんなときに成立するのでしょうか?

先ほどの「男女の友情は成立する派」の人たちに、意見を聞いてみました。

お互いに自立している

1つめは、お互いに自立していること。

言い換えれば、「依存関係ではない」ということですね。

寂しいときに心の隙間を埋め合ったり、ストレスを解消するために利用しあったり。

そんな「共依存」のような関係では、単なる馴れ合いですよね。

あくまでもお互いに自立していて、自分の人生を生きている。

そんな人同士が出会ったときに、男女の友情は成立するのです。

何でも打ち明けられる

2つめは、お互いに何でも打ち明けられること。

過去の辛い出来事も、コンプレックスも、トラウマも。

好きな人のことも、彼氏(彼女)のことも、失恋のことも、全部打ち明けられる。

異性の友達なのに、格好つける必要がなく、ありのままでいられる。

そんな状態になれたら、男女の友情と言えるでしょう。

相手を思いやる気持ちがある

3つめは、相手を思いやる気持ちがあること。

思いやりがあれば、自ずと以下のようなスタンスになるでしょう。

  • 絶対に相手を傷つけない
  • 恋愛感情(下心)はあっても決して手を出さない
  • キスやSEXは絶対にしない
  • 過ちを犯してしまったら、ちゃんと謝罪する

大切な友達だからこそ、絶対に傷つけない。

万が一過ちを犯してしまったら、そのことから逃げず、ちゃんと向き合う。

その気持ちがあれば異性でも親友になれます。

友人関係であることをオープンにできる

4つめは、友人関係であることをオープンにできることです。

意外にありがちなのは、親しい友人だと言いながら、こそこそ会うこと。

そんなことをするのは、どちらかに下心があったり、やましい気持ちがあるからですよね。

友達であるなら、それを公言できるはず。

彼氏(彼女)がいても、結婚していても、そこにやましさがなければ堂々と交流できるでしょう。

嫉妬深い人にも説明できるはずです。

男女の友情は存在する?アンケートで本音が明らかに!

さて、世間の人は男女の友情について、どう考えているのでしょうか?

気になったので調べてみました。

「恋愛jp」が312名の男女にアンケートを取ったところ、「ある」「ない」の割合は以下のようになったそうです。

「男女の友情」はあると思う?

*男性へのアンケート

  • ある:80.8%
  • ない:19.2%

*女性へのアンケート

  • ある:76.3%
  • ない:23.7%

引用元:excite News

なんと、男女ともに約8割の人が「男女の友情はある」と回答しています。

本当に友情が成立しているのか、はたまた自分がそう思い込んでいるだけなのかは別問題ですが、少なくとも男女間の友情を信じている人が多いのは事実でしょう。

あぁ…なんだかホッとした…。

ぼくは「下心のない男なんかいないよ」とか、「男は女友達を友達と思ってない」とか言われ続けてきたもので…。笑

友情と恋愛の線引きは曖昧なもの!人間愛こそが大切

友情と恋愛の線引きって難しいですよね。

「友達として好き」なのか、「男(女)として好き」なのかは時として曖昧ですし、「大切な人」という定義も人によってまちまちですから。

そう考えると、難しく考えすぎる必要はないのかも。

人として大事ならそれでいいですし、恋愛感情が芽生えたならそれでもいい。

もちろん、友達として割り切れるならそれも良しです。

大切なのは人間愛ですから!

*異性の友達が自分のことを好きかどうかチェックしたい方は、以下の記事をチェックしてくださいね。

ミラクリから一言

男女の友情って、考えれば考えるほど頭がこんがらがる。

 - 恋愛・夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「ふぁぼる」ことから始まる愛! Twitterで気になる人を一本釣りする3つの手順

  時代が変われば恋愛術も変わります。「出会いが無い・・・」と嘆いてるあなた!インターネットに「出会い系」というレッテルを貼ることなかれ、SNSだって …

結婚したことで失った3つの孤独

  フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。 結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごす …

【夫婦円満の秘訣】冷え切った夫と嫁の関係を改善する方法

一生をかけて愛し合うことを誓った男女が、いつの間にか不仲になる。 結婚生活が長くなるごとに、どんどん夫婦関係が冷え切ってしまう。 最近では、互いに触れ合うことは …

【夫婦間におけるモラハラ】モラルハラスメントの特徴と対策を徹底解説

「モラハラ」という言葉が広く知られるようになりました。 有名芸能人の離婚原因が「夫のモラハラ」だったり、「職場の上司のモラハラ」が原因でうつ病になったり。 モラ …

【性格的に細かい女性の10の特徴】神経質・完璧主義を直す方法とは?

身近にいる女性が細かすぎて、困っていませんか? あるいはご自身の細かすぎる性格に悩んでいないでしょうか? 「しっかりしている」くらいなら良いのですが、几帳面すぎ …

【母性本能をくすぐる男性の10の特徴】ダメなのにモテる男の魅力とは?

母性本能をくすぐる男性をどう思いますか? ダメなところがあるのに、なぜか放っておけない。 いつも寝癖をつけていたり、どんくさいところがあったりするのに、なぜか面 …

【ロールキャベツ系男子の8つの特徴】好きなタイプ・落とし方とは?

ロールキャベツ系男子の特徴をご存知ですか? 一見は中性的で大人しそうなのに、実は積極的。 女性と二人きりになった途端、雄(おす)に豹変する。 そんな「実は肉食系 …

【夫婦で話し合いたいお金の管理】結婚後の家計管理のパターンを紹介

結婚してからまず戸惑うのは、お金の管理ですよね。 独身時代は、自分の収入と、貯金と、出費だけを管理していればOKでしたが、家族ができたらそうはいきません。 夫婦 …

【浮気をする男性の特徴と行動】男が浮気するのはこんなとき!

「男は浮気する生き物」 「雄(オス)には子孫を残す本能がある」 しばしば、そんなセリフを聞きますよね。 男が女性に興味をもつのは正常な証拠と言いたいのでしょうが …

【いい人で終わる男性の特徴】女性にモテる男はココが違う!

「いい人」と言われるのはうれしいですが、気になる女性と付き合えないのは辛いですよね。 いい人と言われる男性には、聞き上手、性別を感じさせない安心感、常に女性の味 …