ミラクリ

鬱から成功するブログ

【眠気に襲われる原因と対策】一日中元気でいる方法とは?

突然眠気に襲われる現象に、悩まされていませんか?

仕事中にいきなり眠たくなったり、運転中に睡魔に襲われるのはつらいですよね。

眠気に襲われる原因は、食べ過ぎ、疲れ、不規則な睡眠、不摂生など。

また、不眠症やナルコレプシー(居眠り病)といった睡眠障害も、そうなる原因です。

眠たくなったときの対策としては、15分〜30分ほど仮眠を取ること。

かるく体を動かしたり、コーヒー(カフェイン)やチョコレートの力を借りるのも効果的です。

それと同時に、生活習慣を見直し、1日中元気でいられる体を作り上げていきましょう。

今回は、眠気に襲われる原因と対策を紹介します。

スポンサーリンク

眠気とは?

眠気とは、今にも眠ってしまいそうな気持ちのこと。

「眠気に襲われる」とか、「眠気がさす」というふうに表現されます。

また、「睡魔(すいま)」に言い換えられることもあります。

眠気をコントロールするのは難しい

眠気をコントロールするのは、とても難しいことです。

たとえば疲れが溜まっていると、お昼すぎにウトウトしてきますよね。

海外旅行から帰ってきたら、時差ボケの影響で不意に眠たくなるでしょう。

もし「ナルコレプシー(居眠り病)」や「不眠」などの病気を抱えているなら、眠気のコントロールはさらに難しくなります。

眠くなったら困るタイミングは「仕事中」など

眠たくなるのは人間の生理現象ですから、本来であれば問題はありませんが、眠くなったら困るタイミングもありますよね。

たとえば以下のようなときです。

  • 仕事中
  • 会議中
  • 商談中
  • 講義中
  • 運転中
  • 人と話しているとき

仕事中に寝てしまったら「サボり」と思われかねませんし、運転中にウトウトしていると大事故を起こしかねません。

眠気に襲われたときにどう対処するかは、ストレス社会を生きる現代人の課題です。

突然眠気に襲われる原因

では、なぜ突然眠気に襲われるのでしょうか?

「老化(加齢)」だけで片付けず、原因を突き止めましょう。

食事の食べ過ぎ

1つめの原因は、食事の食べ過ぎ。

食べ過ぎは、以下のようなことを引き起こします。

  • 食べ過ぎ→胃腸への負担
  • 糖質(炭水化物)の摂りすぎ→過血糖
  • 暴飲暴食→血糖値の上昇

食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、全身の血の巡りがわるくなります。

それに加えて血糖値を下げるインスリンの分泌が追いつかず、結果として過血糖の状態になり、それが眠気を誘発するのです。

とくに糖質(炭水化物)の摂りすぎには要注意。

たとえばランチのときに「ライス大盛り」にして、13:30頃から急激に気だるくなった経験はありませんか?

それは食べ過ぎによるものです。

疲れが溜まっている

疲れが溜まっているときも、予期せず眠気に襲われるのでしょう。

たとえば残業続きで体が疲れているときや、人間関係の問題でストレスを感じているようなときですね。

睡魔に襲われるのは、心身が休養を欲している証拠です。

睡眠が不規則(睡眠時間など)

睡眠が不規則になっているのも、突然眠たくなる原因です。

以下のような問題を抱えているときに、元気になるのは難しいでしょう。

  • 不眠
  • 過眠
  • 眠りが浅い
  • 睡眠時間が十分ではない
  • 就寝・起床の時間がバラバラ

良質な睡眠は、健康の基礎。

それが崩れると体のリズムも乱れ、健康に悪影響を及ぼします。

不摂生をしている

不摂生をしているのも、眠たくなる原因です。

その具体例は以下のとおり。

  • 夜更かし
  • お酒の飲み過ぎ
  • 暴飲暴食
  • スマホの見すぎ
  • ゲームのやりすぎ

夜更かしをすると生体リズムが乱れますし、暴飲暴食やゲームのやりすぎは安眠を妨げる原因になります。

不摂生は、日常生活に強く影響しますよ。

何らかの睡眠障害・精神疾患を抱えている

何らかの睡眠障害や精神疾患を抱えている場合も、突然眠たくなることがあります。

その具体例は、以下のとおり。

  • ナルコレプシー(居眠り病)
  • 不眠症・過眠症
  • レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 肥満肺胞低換気症候群
  • 精神疾患(うつ病など)

いつでもどこでも眠くなってしまう「ナルコレプシー(居眠り病)」や、逆にほとんど眠れない「不眠症」を抱えている場合は、日中に突然眠くなることがあるでしょう。

また、他の睡眠障害やうつ病などの精神疾患を抱えている場合も、夜間に熟睡することができないため、日中に眠くなることがあります。

眠たくなったときの対処法

では、眠たくなったら、どう対処すればいいのでしょうか?

空気を読まずにぐっすり寝てしまい、恥をかくなんてことは避けたいですよね。

ここでは、すぐにできる対策を紹介します。

昼寝をする(15分〜30分)

眠たくなったら、思い切って昼寝をしましょう。

昼寝のポイントは、寝すぎないこと。

15分〜30分後にアラームを設定し、時間になったら起きてください。

30分以上眠ってしまうと、スッキリするどころか逆に気だるくなってしまいますからね。

コーヒー(カフェイン)を摂る

眠たくなったら、コーヒー(カフェイン)を摂るのも手です。

カフェインには興奮作用がありますので、飲んでからしばらくしたら目がスッキリしてきますよ。

朝にコーヒーを飲む人が多いのも、それが理由です。

ちなみにカフェインは、紅茶や緑茶にも含まれていますので、好きなものをチョイスしましょう。

ガムやチョコレートを食べる

眠たくなったら、ガムやチョコレートを食べるのもおすすめです。

ガムの良いところは、噛み続けられること。

人間は噛むことで脳が活性化し、集中力が高まると言われています。

また、チョコレートに含まれているカカオにも目覚まし効果がありますので、いずれかを携帯しておくと便利ですよ。

ツボ押しをする

突然睡魔に襲われたら、ツボ押しするのもおすすめです。

以下のツボには、目覚まし効果があると言われています。

  • 中衝(ちゅうしょう):手の中指→爪の生え際の下
  • 合谷(ごうこく):手の甲→親指と人差指の付け根にあるくぼみ
  • 百会(ひゃくえ):頭→頭頂部の真ん中
  • 睛明(せいめい):目→鼻の付け根部分の横(2ヶ所)
  • 風池(ふうち):首→襟足の下部にあるくぼみ(2ヶ所)

上記のツボをゆっくり揉みほぐしてください。

即効性はありませんが、ゆっくり刺激しているうちに目が覚めてくるでしょう。

体を動かす

眠くなってきたら、体を動かすとスッキリしますよ。

以下のような軽いものでOKです。

  • 近所を散歩する
  • 買い物に行く
  • オフィス内を歩き回る
  • 運動をする
  • ストレッチをする

たとえば仕事中に眠くなったら、トイレまで歩いたり、オフィスを歩き回ってみること。

自由がきく職場なら、コンビニまでコーヒーを買いに行くのもいいでしょう。

自宅で眠たくなった場合は、運動やストレッチをしてみてください。

シャワーを浴びてリフレッシュする

眠たくなったら、思い切ってシャワーを浴びましょう。

職場にいる人は難しいでしょうが、自宅なら可能なはずです。

熱いシャワーを浴びれば、血行が促進され、心身が活性化しますよ。

一気にシャキーーン!とさせたい場合は、冷たいシャワーを浴びるのもいいでしょう。

1つだけ注意したいのは、湯船にはつからないこと。

お風呂に入ってしまうと逆に気だるくなってしまいますので、シャワーに留めてください。

睡魔よさようなら!一日中元気でいる方法

眠たくなったときの対処法も重要ですが、できれば突然眠気に襲われないようになりたいですよね。

そうなれれば、眠気対策なんか必要ありませんから。

ここでは、一日中元気でいるための方法論を紹介します。

規則正しい睡眠を心がける

1つめは、規則正しい睡眠を心がけること。

就寝と起床の時間を一定にし、睡眠時間も十分に確保してください。

「最適な睡眠時間」というのは、自分で見出すしかありません。

7時間以上寝なければ調子が悪くなる人もいれば、4時間程度で疲れが取れる人もいるのです。

以下の記事を参考に、自分に合った睡眠習慣を確立してくださいね。

就寝前のルールを決める

規則正しい睡眠を心がけるのと同時に、就寝前のルールも決めましょう。

以下のようなことを心がければ、睡眠の質が向上しますよ。

  • お風呂は就寝の1時間前まで
  • カフェイン・お酒は就寝の1時間前まで
  • テレビ・ゲームは就寝の30分前まで
  • 夕食はできるだけ早めに摂る
  • 就寝前のスマホ操作はやめる
  • 入眠準備としてストレッチをする
  • かるく瞑想して気持ちを鎮める

いずれも熟睡するために大切なことです。

とくにスマートフォンに使用されているブルーライトは、交感神経を刺激し、安眠を妨げると言われていますので、ご注意ください。

SNSにハマりすぎている方は、以下の記事も参考にしてくださいね。

生活習慣を整える

突然睡魔に襲われないようにするためには、生活習慣を整えることも重要です。

たとえば以下のようなもの。

  • 食生活
  • 運動
  • ワークスタイル(働き方)

バランスのいい食事を心がけ、定期的に運動もすること。

そのためには、ワークスタイルを見直すことも重要です。

仕事を優先させすぎると、どうしても食事や運動の時間を削ってしまいますからね。

ストレスを解消する

健康的な生活を送り、突然睡魔に襲われるようなことにならないためには、ストレスを解消することも大切です。

仕事が休みの日はちゃんと休養し、趣味に没頭する時間を設けてください。

趣味がなければ、本を読んだり、気分転換に散歩したり、友達と飲みに行くのでも構いません。

好きなことをしていると、脳からセロトニンという神経伝達物質が分泌され、幸せな気持ちになります。

逆にセロトニンが不足すると、憂鬱になりやすくなり、疲れも溜まりやすくなりますので、ご注意ください。

アンケートで発覚!97.1%の人が睡眠に満足していない

睡眠に関して悩んでいる人は、予想以上に多いようです。

「フジ医療器」の調査によると、実に97.1%の人が「睡眠に対して不満を持っている」と回答したのだとか。

では、それらの人は、睡眠に対してどんな悩みを抱えているのでしょうか?

平日の睡眠時間は「6時間〜7時間」が多数派

20代~80代の男女4,723名にアンケートを取ったところ、平日の睡眠時間は「6時間〜7時間」が多数派のようです。

平日の睡眠時間

  • 6時間:35.9%
  • 7時間:27.7%
  • 5時間:16.2%
  • 8時間:10.3%
  • 5時間未満:7.7%
  • 9時間:1.7%
  • 10時間以上:0.4%

引用元:フジ医療器

合計63.6%の人が、6時間〜7時間は寝ているみたいですね。

ただ、5時間未満しか寝ていない人が7.7%もいるのは、ちょっと気がかりです。

睡眠に対する不満は「寝ても疲れがとれない」が1位

同じ調査によると、睡眠に対する不満は以下のようなものが上位だったそうです。

(睡眠に対して)最も不満に感じることは何ですか?

  • 1位:寝ても疲れがとれない:18.1%
  • 2位:何度か目が覚める:13.6%
  • 3位:なかなか寝付けない:10.6%
  • 4位:朝すっきりと起きられない:10.0%
  • 5位:トイレが近い:8.8%

引用元:フジ医療器

「寝ても疲れがとれない」ということは、睡眠の質に問題があるのでしょう。

年を取るごとに睡眠時間は短くなると言いますが、ちゃんと熟睡できていれば疲れはとれるはずですから。

この記事を読んでいる方は、きちんと対策してくださいね!

突然眠気に襲われないためには、良質な睡眠を取ること

突然眠気に襲われるというのは、つらい問題ですよね。

ぼくもうつ病を発症した時期に、突然睡魔に襲われることがよくあり、かなり困りました。

一日中元気でいるためには、良質な睡眠を取ること。

食事や運動も大切ですが、まずはしっかり眠ることが大切です。

睡眠を疎かにしていると、そのうち「無気力」に襲われてしまいますよ!

ミラクリから一言

睡眠を甘く見ないで!

 - 生活習慣

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【ランニングの健康効果】ダイエット・ストレス解消などメリット・デメリットを徹底解説

ランニングには「健康増進に効果的」というイメージがありますが、それは本当なのでしょうか? インターネットで調べれば調べるほど、いろんなメリット・デメリットが目に …

【睡眠の質をチェック】睡眠不足・不眠症がわかる15の質問

睡眠は、適切な時間を確保することも大切ですが、質を上げることはもっと大切です。 いくら1日あたり8時間寝たとしても、眠りが浅ければ疲れがとれませんからね。 忙し …

三浦知良・中田英寿でもこんなに違う! 「自分で決めた生活習慣」で豊かになること。

    たまたま機会があって「ボクらの時代」というテレビ番組を見ました。 そこで48歳でJリーグ最年長ゴールを決めたばかりの「キングカズ」こ …

【悪口を言わない人になる方法】悪口とは無縁の幸せな人の特徴とは?

会社に人の悪口を言う人がいませんか? 近所に陰口や噂話が大好きなママ友がいないでしょうか? 悪口は、ときとしてコミュニケーションの源泉になり、人間関係のパイプを …

【うつ病を予防する】鬱につながる睡眠障害と十分な睡眠の重要性

ぼくがうつ病を患ったときは、明らかに睡眠不足でした。 「寝るのがもったいない」ぐらいに考えていて、就寝はいつも午前1:00すぎ。 早朝5:00に起床して会社に行 …

【昼寝の効果】NASAも認めた昼寝のメリット・デメリット・最適な時間・やり方のまとめ

「昼寝の効果」が見直されているようですね。 以前までは「昼寝は怠け者のやること」とされていたのに、今では仕事の生産性を高めるものとして認められているのだとか。 …

【1日の疲れが取れない原因と対策】肝臓機能の低下や病気に要注意

なぜか疲れが取れないときって、ありますよね。 今までは一晩寝たらフル充電できたのに、なぜか気分良く目覚めることができない…。 その原因は老化でしょうか? それと …

【理想的な睡眠時間について】人間はどれくらい眠ればいいのか?

人間にとって理想的な睡眠時間とは、何時間なのでしょうか? できれば充分な睡眠時間を確保して、健康管理をしたいですよね。 ときには仕事が忙しくて睡眠時間を削ったり …

「酒を飲めない人は人生損してる」って本当? 禁酒して良かったこと

「酒を飲めない人は人生損してる」 「お酒を飲めない奴に面白いやつはいない」 そんな格言を聞いたことはありませんか? お酒はそれぞれで楽しむものですが、お酒を飲ま …

【謙遜・謙虚・卑下の違い】褒められたときは「ありがとうございます」でOK

一流の人たちを追いかけたドキュメンタリー番組を見ていると、あることに気づきます。 彼らは謙遜をしない。 謙遜はしないけど、謙虚であるということです。 ぼくは今ま …