ミラクリ

鬱から成功するブログ

【性格的に細かい女性の10の特徴】神経質・完璧主義を直す方法とは?

身近にいる女性が細かすぎて、困っていませんか?

あるいはご自身の細かすぎる性格に悩んでいないでしょうか?

「しっかりしている」くらいなら良いのですが、几帳面すぎるのはちょっと…。

いちいち自分ルールを押し付けられたり、ささいな不備を指摘されたり、過去の発言を蒸し返されたりすると、「うざい!」と言いたくなるでしょう。

性格的に細かい女性は、神経質で、完璧主義なところがあります。

それゆえに細かいところが気になり、人にも完璧を要求してしまうのです。

人間関係をこじらせないためにも、細かい女性の特徴を知っておきたいですよね。

また、ご自身の性格を直したい場合は、その方法が知りたいでしょう。

そんなわけで今回は、性格的に細かい女性の特徴と、細かい性格を直す方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

細かい性格の女性とは?

細かい性格の女性とは、何かと細々したことを気にする女性のこと。

「細かい」という言葉には、「大雑把ではない(几帳面、しっかりしている)」という意味もあるのですが、この記事で用いるのは「神経質」という意味合いです。

別の言い方をすると、「完璧主義」ということになるでしょう。

細かすぎるがゆえに、人にもストレスを与えてしまうタイプの女性ですね。

こだわるポイントは、お金・発言・物の配置など

細かい性格の女性がこだわるポイントは、次のようなものです。

  • お金
  • 掃除
  • 発言の一貫性
  • 約束
  • 一般常識・ルール
  • 物の配置
  • 彼氏(夫)の言動

まず、お金や整理整頓に関してものすごくきっちりしています。

そして、一般常識や約束、あるいは発言の一貫性についてもかなりこだわるでしょう。

リーダーを厳しく監視する「参謀」のような役割をやらせたら右に出る者はいないでしょうが、日常生活においてはいささか息苦しいタイプですね。

細かすぎる女性は男性ウケが良くない

細かすぎる女性は、同性にはもちろんのこと、男性ウケも良くありません。

どこで見かけたのか失念しましたが、あるアンケートによると、約60%の男性が「大雑把な女性が好き」と回答したのだとか。

やはり男性としてはある程度どっしり構えていて、「行って来い!」と言ってくれる女性のほうが良いのでしょうね。

性格的に細かい女性の10の特徴

では、細かい女性について、もっと細かく見ていきましょう。

主な特徴をまとめてみました。

神経質で完璧主義

性格的に細か女性は、神経質で完璧主義です。

仕事なら、資料作りからプレゼンまで、細部に気を配るでしょう。

恋愛面でも、デートの理想がハッキリしていて、1日のプランからお店のチョイスまで、徹底的にこだわります。

それだけなら良いのですが、その理想から外れたときが考えもの。

人の不備を指摘したり、彼氏に対して怒ったりするので、一緒にいるとストレスがたまるでしょう。

完璧主義の原因と対策は以下の記事で。

損得に敏感

性格的に細か女性は、損得に敏感です。

同僚の仕事を手伝うことがあれば、それは「貸し」になり、それをちゃんと返さなければ怒ります。

彼氏がなかなか埋め合わせをしないときは、定期的に言い続けるでしょう。

人によっては「ケチ」とか、「せこい」などと評されているかもしれません。

人間関係には貸し借りが存在しますが、それを執拗に提示されるのはしんどいですよね。

お金に細かい

性格的に細か女性は、お金に細かいところがあります。

割り勘のときは、みんなが平等になるように1円単位まで計算する。

デートのときも、その日にかかるコストをあらかじめ下調べしているでしょう。

仕事面では経費に厳しい「コストカッター」なので、その点は信用されているかもしれません。

自分自身のあり方・見た目・発言の一貫性にこだわる

性格的に細か女性は、自分自身に対してもストイックです。

「理想的なあり方」を常に意識し、見た目をきちんと整え、発言の一貫性にもこだわります。

友人と「言った、言わない」の論争になったときは、自信を持って事実を言うでしょう。

美容にも熱心なので、肌の調子や化粧の出来栄えで、その日のテンションが左右されます。

約束は必ず守る、できないことは言わないなどの一貫性は、男性顔負け。

プライドも高いですよ。

「自分ルール」を人にも押し付ける

いくら細かくても、自分だけにそうなら許せるのですが、人にも押し付けるから厄介。

先ほど紹介したような完璧主義な一面が災いして、細かい女性は人にも同じ水準を求めてしまいます。

「自分ルール」なんて、他人からすれば「知らんがな」なのですが、そんなことはお構いなし。

「貸しがある」「前はこう言った」「◯◯はこうあるべき」など、息苦しいルールを強要されるでしょう。

そして、それらはあまりにも正論なので、反論できないはず。

このあたりが「うざい」と言われる所以ですね。

とても繊細

性格的に細か女性は、とても繊細です。

それゆえに、とても傷つきやすい傾向があります。

あまりのしつこさにしびれを切らした男性が「うるさい!」とでも言おうものなら、「そんなに言わなくても…」というトーンになるでしょう。

女友達から「ほんと細かいよね」と指摘されたら、いつまでも根に持つかもしれません。

普段は細かくて、ときに攻撃的なのに、急に被害者になるので、同性にとっても異性にとっても扱いづらい存在です。

基本的にネガティブで、不安になりがち

性格的に細か女性は、基本的にネガティブです。

よく不安になるので、一緒にいる人はいろんな不平不満を聞かされるでしょう。

上司が私を評価してくれない、同じ部署の人たちが頼りにしてくれない、彼氏が私の方を向いていない。

そんな嫉妬まじりの不満が多いはずです。

「ネガティブだからこそ細かいところに気がつく」という見方もできるのですが、いつもそうだと一緒にいる人は疲れてしまいますよね。

ポジティブになる方法は、次の記事で。

心配なことはしつこく問いただす

性格的に細かい女性は、心配なことがあれば、関係者にそれをしつこく問いただします。

自分が関係しているプロジェクトに心配の種があるときは、関係者に細かく聞き取りをする。

彼氏の浮気を疑ったときは、たとえそれが思い込みであっても、納得するまで問いただします。

たとえば仕事のように、こういった特性が良い方に作用するときもあるのですが、恋愛や友達関係においては「面倒くさい」と思われるでしょう。

責任感が強い

性格的に細か女性は、とにかく強い責任感を持っています。

「私がやらなきゃ誰がやる!」くらいに考えていて、表に裏に、みんなを引っ張ろうとするでしょう。

仕事を任されたら、「完璧」と思えるまでやり続け、友達が大変な状況になったら、自分が盾になってでも解決しようとします。

いわゆる「姉御肌」なので、その点は信頼されているでしょう。

細かすぎるがゆえにストレスを溜めやすい

性格的に細か女性は、細かすぎるがゆえにストレスを溜めやすいところもあります。

人よりもたくさん気が付き、あれこれ頭で考えるのですから、当然といえば当然ですね。

あまりにもストレスが溜まったときは、不平不満を漏らすのを通り越して、自暴自棄になるかも。

それは危険なサインなので、ぜひ話を聞いてあげてください。

神経質・完璧主義な性格を直す方法

神経質で完璧主義なところがコンプレックスになっている方は、「細かい性格を直したい…」と思いますよね。

そのようなことは可能なのでしょうか?

主な方法論をまとめてみました。

不安・心配の原因を分析する

神経質で完璧主義な女性は、よく不安や心配にかられるでしょう。

そんなときは、その原因を分析してください。

彼氏の言動の何が気にかかったのか?

あの仕事に不安を感じるのはなぜなのか?

恐怖の本質が理解できれば、自ずとやるべきこともわかります。

やるべきことがわかったら、人は安心するものですよ。

しっかり睡眠を取り、運動をし、人を信じる

次に大切なのは、生活習慣を整え、人を信じること。

睡眠をしっかり取ればイライラすることが減り、運動をすれば「セロトニン」という神経伝達物質が分泌され、幸福感が高まります。

数日程度では効果は表れませんが、習慣になれば思考自体が変わってくるでしょう。

そして、心に余裕ができれば、人に対して寛容になれます。

睡眠については、次の記事もチェックしてくださいね。

脳科学で明らかに!女性の記憶力が優れているのは女性ホルモンが関係している

あくまでも一般論ですが、女性は男性よりも細かいと言われます。

たとえば彼氏(夫)の発言を明確に覚えていたり、貸し借りに敏感だったりするようなことですね。

つまり、「記憶力が優れている」ということですが、それは本当なのでしょうか?

最新の脳科学の研究によると、たしかに女性の記憶力は良いみたいですよ。

医学博士の米山公啓氏は、次のように解説します。

女性ホルモンであるエストロゲンが、記憶力を良くする作用をすると脳科学的にわかっています。

そのエストロゲンが作用した結果、女性の脳には記憶の断片がたくさんしまい込まれます。

何かのタイミングでその記憶が出てきて、その場そのときの判断材料として使われるのです。

こうした女性特有の脳の仕組みが、男性の言動をすばやく見抜く、いわゆる「女性の勘」に繋がっているというわけです。

引用元:プレジデント・オンライン

なんと!

いわゆる「女性の勘」は、感覚的なものかと思いきや、脳内に蓄積されたデータから導き出されるものでもあるんですね。

男性陣がこの事実を知ったら、「余計なことは言わないほうがいい」という気持ちになるかもしれません。汗

(ぼくも含めて…)

細かい女性とうまく付き合いたければ、積極的に距離を詰めること

細かい女性との付き合い方に悩んでいるなら、積極的に距離を詰めてみてください。

そして、彼女のこだわりを理解してください。

おそらく無数のルールがあるので、全部は理解できないでしょうが、とくに重要なポイントだけでもわかればだいぶ違いますよ。

まずこちらから歩み寄れば、相手も譲歩してくれるはずです。

面倒くさがらず、相手を理解することからはじめましょう。

細かい男性の特徴は、次の記事で。

ミラクリから一言

細かい女性は、ときに心強いですから。

 - 恋愛・夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【夫婦間におけるモラハラ】モラルハラスメントの特徴と対策を徹底解説

「モラハラ」という言葉が広く知られるようになりました。 有名芸能人の離婚原因が「夫のモラハラ」だったり、「職場の上司のモラハラ」が原因でうつ病になったり。 モラ …

【包容力のある女性の10の特徴】男性にモテる温かい女性になるためには?

「包容力がある女性になりたい」 そんな願望を持っていませんか? 「自分」というものをしっかり持っていて、男性に依存しない。 考え方の違いを受け入れられるだけの心 …

【包容力のある男性の10の特徴】包容力を身につける方法とは?

「包容力のある男性と付き合いたい!」 そう考える女性は少なくないと思います。 どんなときでも甘えさせてくれて、失敗や欠点には寛容。 決して嘘をつかず、嫉妬や束縛 …

【ロールキャベツ系女子の10の特徴】ギャップが男性の心を鷲掴みにする?

ロールキャベツ系女子を知っていますか? 一見は草食系に見える、肉食系女子のことです。 清楚なのに、実は積極的。 消極的そうに見えて、実は大胆。 そのギャップに男 …

【塩系男子の8つの特徴】うすい顔の男性って芸能人でいうと誰?

「塩系男子」という言葉をご存知ですか? 塩系男子とは、2000年以前で言うところの「しょうゆ顔」、つまり顔のうすい男性のことです。 いま、この塩系男子が大人気な …

小籔千豊氏「危篤の母とモロゾフのプリン」:親孝行について考えさせられた

  吉本新喜劇の座長になる一年前に悪性リンパ腫で亡くなった母親について、小籔千豊さんが語っていました。 親孝行について考えさせられる感動的な内容だった …

【夫婦仲が子供に与える影響】子供がすくすく育つ夫婦関係とは?

「夫婦仲は子供にも影響を与える」 「子供の将来は家庭環境で決まる」 そんな噂を聞いたことはありませんか? たしかに夫婦仲が良いに越したことはありませんし、そのほ …

【仮面夫婦の実態と特徴】冷え切った関係の修復は可能なのか?

一生の愛を誓いあった夫婦の関係が、いつの間にか冷え切ってしまう。 それどころか、スキンシップが無くなり、会話もなくなり、寝室も、休日の行動も別。 そんな「仮面夫 …

【嫉妬する心理と克服する方法】妬み方は男女で異なる!

心の底から嫉妬がわき上がってきたときは、つらいですよね。 相手に対する妬みが増幅し、そんな自分にも嫌気が差すと思います。 嫉妬のエネルギーをモチベーションに変え …

それって「阿吽の呼吸」ですか? それとも怠慢ですか?