ミラクリ

鬱から成功するブログ

【優柔不断な人の10の心理的特徴】その原因と改善方法も紹介します!

優柔不断な性格にイライラしていませんか?

あるいは優柔不断な人を見て、ストレスを溜めていないでしょうか?

二者択一(二択)なのに、どうしても悩んでしまう。

ある商品について調べ上げ、メリットやデメリットを全て理解したのに、結局不安のほうが大きくなって買うのをやめてしまう。

「決断できない性格」は、何かとストレスフルですよね。

では、なぜ物事をハッキリ決められないのでしょうか?

今回は、優柔不断な人の心理的特徴を解説します。

あわせて、その原因と改善方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

優柔不断とは?

まずは優柔不断の意味を知っておきましょう。

優柔不断とは、物事の決断が鈍く、ぐずぐずしていることを言います。

たとえばランチのメニューを決めるのに時間を浪費したり、お店選びに四苦八苦するようなことですね。

優柔不断な性格が行き過ぎると、本人はストレスが溜まり、周囲も不快にさせてしまいます。

優柔不断な人が持つ10の心理的特徴

では、優柔不断な人には、どのような心理的特徴があるのでしょうか?

主なポイントをまとめてみました。

失敗するのが怖い

優柔不断な人には、「失敗するのが怖い」という心理があります。

何かを決断した後に失敗したり、後悔するようなことを恐れているのです。

たとえばランチに「とんかつ定食」を頼んだあと、同僚が「豚の生姜焼き定食」を食べている姿を見て後悔するようなことですね。

どんな些細なことでも、「失敗した…」と感じたときはストレスが溜まるもの。

小さな後悔が蓄積され、次第に決断すること自体が怖くなってしまうのです。

自分に自信がない

優柔不断な人は、自分に自信がない傾向があります。

自分に自信を持っていないのですから、決断に自信を持てないのも当然。

それゆえに、「これが最善だ!」と信じて突き進むような意思決定力がありません。

意思決定力がないから、フラフラした気持ちになります。

「自分嫌い」というと言いすぎかもしれませんが、それに近い状態なのは間違いないでしょう。

悩んでもしょうがないことで悩んでいる

優柔不断な人は、悩んでもしょうがないことで悩んでいます。

具体例は次のとおり。

  • 人の気持ち
  • 他者からの評価
  • 天気
  • 将来
  • 経済情勢
  • 会社の人事

たとえば天気のことを心配しすぎて、彼氏(彼女)と出かける場所をなかなか決められない。

他者からの評価を気にしすぎて、チャレンジングな仕事から逃げてしまうようなことですね。

天気予報は存在しますが、本当の天気は明日になってみなければわからないもの。

そうとわかっているのに考えすぎてしまうのが、優柔不断な人のつらいところです。

「もっと良い決断があるのでは?」と考えている

優柔不断な人は、「もっと良い決断があるのでは?」と考えています。

たとえば次のようなことで思い悩んでいないでしょうか?

  • 恋人
  • 結婚相手
  • 仕事
  • 会社
  • ファッション
  • ランチのお店・メニュー
  • 旅行をする場所

より理想的な異性がいるのでは?と思っていたら、目の前の彼女(彼氏)をきちんと愛することができませんよね。

そのように考えすぎて、今が疎かになっているのです。

ぼくの友人に、「結婚したい」が口癖の男性がいます。

彼は女性にモテるのに、なぜか恋愛が長続きせず、結婚もできません。

その理由を尋ねると、「理想の相手を探しているから」とのこと。

まだ見ぬ相手に想像を膨らませているうちは、彼は結婚できないでしょう。

(もちろん彼の自由ですが。笑)

選択肢が多くても、少なくても迷う

優柔不断な人は、選択肢が多くても、少なくても迷います。

つまり選択肢の数に関係なく、いずれにしても悩むということですね。

選択肢が10個あったら、パニックになって決められない。

じゃあ二者択一(二択)なら良いかというと、そうではありません。

失敗と成功の確率が「50:50」になったことで、余計に悩んでしまいます。

あらゆる選択肢を検討しすぎて、逆に不安になる

優柔不断な性格の人は、あらゆる選択肢を検討しすぎる傾向もあります。

たとえば新しい炊飯器を検討しているとします。

まずはネットで検索して、お目当ての機種を10個に絞りました。

それから家電量販店に見に行って、店員さんにも話を聞き、それぞれのメリット・デメリットを理解しました。

ところが、「じゃあどれにする?」という段階になると、急に尻込みしてしまう。

これはあまりにも情報を知りすぎたがゆえに、かえってパニックになっている状態ですね。

物事には必ずメリットとデメリットがあり、それをどこまで許容できるかという問題なのに、デメリットを受け入れる気がないため、急に不安になるのです。

決断した後、周りを見渡して後悔する

優柔不断な人は、決断した後に周りを見渡して後悔します。

たとえばぼくの知人に、こんな人がいます。

彼女は自分が注文した料理がきたら、まず周りを見渡します。

そして、「田中さんの◯◯定食、すごく美味しそう〜」とか、「◯◯にすれば良かった〜」などと言ってから食べ始める。

つまり食べる前から、すでに後悔しているということですね。

優柔不断な人は、決断と後悔をセットにしている節があるようです。

人のアドバイスに影響されすぎる

優柔不断な人は、人のアドバイスに大きく影響されます。

たとえば仕事のことで悩んでいたら、上司をはじめ、同僚や他部署の人にも意見を求め、それによって決断がブレブレになるようなことですね。

「転職したほうがいい」と助言されたら、「ですよね!」と言い、「今の環境で頑張るべきだ」とアドバイスされたら、「やっぱりそうか」となる。

自分自身がフラフラしている状態で人の話を聞くのですから、いちいち左右されるの仕方ありません。

「何でもいいよ」が口癖

優柔不断な人は、「何でもいいよ」が口癖です。

これは周囲の人に対する気遣いもありますが、単純に決断するのが面倒なので、人任せにしているという面も。

自分で決められないから、人に決めてもらおうということですね。

ちょっと厳しい言い方をすると、責任を放棄している状態です。

「八方美人」とも言えるでしょう。

リーダーになりたがらない

優柔不断な人は、リーダーになりたがりません。

自分の決断力に自信がないのですから、当然といえば当然ですね。

また、何かを決断することで、周囲の反感を買うことを避けたいという心理もあります。

リーダーは、誰かに文句を言われたり、嫌われることも多い。

そのプレッシャーから逃げているのです。

優柔不断になる原因は「不安症」「完璧主義」など

では、なぜ優柔不断になるのでしょうか?

その原因は様々ですが、代表的なものをまとめてみました。

  • 不安症
  • 完璧主義
  • 気遣い屋さん

1つめの不安症の人は、必要以上に不安を感じたり、過剰に心配する癖があるため、決断することを敬遠してしまいます。

2つめの完璧主義の人は、失敗を許容する余裕がないため、大きな決断を避けがち。

3つめの気遣い屋さんは、人に気を使うあまり、決断を人任せにしてしまう傾向にあります。

さて、あなたはどれに当てはまるでしょうか?

優柔不断な性格を直す方法

では、優柔不断な性格を直すためには、どうすれば良いのでしょうか?

主な改善方法をまとめてみました。

食事のメニューを即決する癖をつける

優柔不断な性格を直すためには、決断する癖をつけることが大切です。

そのためのトレーニングをしましょう。

身近なところでいうと、食事のメニューを即決すること。

これはアスリートも実際に取り組んでいるトレーニングです。

早い人なら、メニュー表を開いてから3秒以内に決めてしまうそうです。

最初のうちは、焦って失敗したり、後悔することもあるでしょう。

その積み重ねによって、少しずつ決断力が養われていきます。

ちなみに成功者と呼ばれる人たちには、物事を即決する習慣があります。

完璧主義をやめる

優柔不断な性格を直すためには、完璧主義をやめることも大切です。

完璧を目指すことは大切ですが、それが行き過ぎると単なる独りよがりに。

しかも完璧主義が災いして、優柔不断になっているならば、その性格を捨てない理由はないはずです。

失敗したって、後悔したって、また次のチャンスがあります。

全てを完璧にしようなんて、思わなくてもいいのです。

どれだけストイックに努力したって、失敗することもあるのですから。

自分のことを優柔不断だと思っている人が74%も!

さて、ここでちょっと話題を変えます。

世間には、優柔不断な人がどれくらいいるのでしょうか?

決断できない性格に苦しんでいるのは、自分だけなのでしょうか?

ここでは、「GMOインターネット株式会社」が行った意識調査を紹介します。

35,880名に対してアンケートを行ったところ、優柔不断な性格を自認する人は、次のような比率になったそうです。

自分は優柔不断だと思いますか?

  • 優柔不断だと思う:74%
  • 優柔不断だと思わない:26%

引用元:ポイントタウン(GMO)

なんと、自分のことを優柔不断だと思っている人が74%もいるそうです。

これはあくまでも意識調査ですから、本当に優柔不断なのか、決断力が足りないと思っているだけなのかは不明ですが、いずれにしてももっとスムーズに物事を決断したいと考えている人が多いようですね。

仕事や恋愛はもちろんのこと、人生全般においても決断力は重要です。

自分で決断したほうが、人生はより楽しくなる

決断を人任せにするよりも、自分で決めたほうが人生はより楽しくなります。

決断を人に委ねるにしても、ただ惰性でそうするのと、「今回はお願いする」という決断を下すのとでは、雲泥の差ですからね。

自分で選択したことには、成功もあれば、失敗もあるでしょう。

いい思い出なることもあれば、苦い記憶になることもあるはず。

ただ、それだけ感情が揺れ動くのは、自分で決断を下しているからです。

優柔不断でいるよりも、ずっと楽しいですよ。

ミラクリから一言

優柔不断でストレスが溜まるのは、他ならぬ自分自身です。

 - ストレス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【人間関係がうまくいく6つの秘訣】ストレスが溜まったときの対処法も紹介

人間関係がうまくいく人は、何が違うのでしょうか? 誰かと仲違いしたり、反りの合わない人が身近にいるときはストレスが溜まりますよね。 ぼくも人間関係で悩むことが頻 …

【仕事が憂鬱なときの対処法】会社に行きたくないときに実践!

仕事は楽しいのがいちばんですが、「憂鬱なとき」もありますよね。 会社が嫌だ、仕事に行きたくない、という思いにかられるときは本当に辛いものです。 1日8時間〜12 …

【これで心が強くなる】メンタルを鍛え、スルー力を上げる方法

心を強くするには、どうすれば良いのでしょうか? 「ストレス社会」と言われる昨今、メンタルの強さはどんな立場の人にも要求されます。 できればストレスに強くなり、失 …

【心の傷を癒す5つの方法】治癒を時間にまかせてはいけない

心の傷はどうやって癒やしていますか? とりあえず時の流れに身をまかせて、傷が薄まるのを待つ。 あるいは親しい人に話を聞いてもらいながら、気持ちを整理する。 その …

【3分でできる】心と体の疲れをチェックするストレス診断テスト

ストレスを自覚するのは難しいですよね。 「ストレスなんか感じたことがない」という人がうつ病になったり、ストレス耐性がありそうな人が急に体を壊してしまうのは、よく …

【温厚な人の8つの特徴】些細なことでイライラしない人になろう

身近に「温厚な人」はいませんか? ちょっとやそっとのことでは動じず、いつも笑顔。 価値観や意見の違いにも寛容で、どんなことでもポジティブに捉える。 それゆえに、 …

【傷ついた言葉】親・友達・異性に言われた忘れられないセリフ集

何気ない一言で深く傷ついてしまった経験はありませんか? そのセリフを言ったほうは無意識でも、言われたほうは忘れられない。 とくに気にしている容姿やコンプレックス …

【何もかもがうまくいかない】つらい状況から立ち直る10の方法

人間関係、仕事、恋愛など、何もかもがうまくいかない。 理想的な状況からはかけ離れすぎていて、もうどうしようもない。 どれだけポジティブに生きている人にも、そんな …

【人間関係のストレスを解消する方法】人付き合いに疲れたときにおすすめ

どんな立場の人にとっても、人間関係は大切ですよね。 どれだけ人付き合いが苦手でも、人が生きていくうえでは周囲と協力し、仲間と助け合うことが必要です。 そこで悩み …

本気で悔しいときに人前で泣ける強さ

「会社の上司に怒られて、みんなの前で泣いてしまいました。大人として、プロとして本当に恥ずかしいです」 読者の方からこんなメッセージをいただきました。ありがとうご …