ミラクリ

鬱から成功するブログ

「嫌な気持ちになるものは見ない」という解決策

スポンサーリンク


「嫌な気持ちになるものは見ない」ということが、どんどん難しくなってきている。

インターネットという便利なものがあるお陰で、ぼくたちはいつでもどこでも人の人生に関われるようになった。

誰かが結婚したとか、旅行に行ったとか、美味しいものを食べたとか。

嬉しいことなのか面倒なのかは分からないが、誰が、いつ、どこで、誰と会っていたのかさえも教えてくれる。

自分自身もそういったことを公にするだろう。

いいね!をもらい、コメントをもらい、知り合いとやり取りをするのは楽しい。

だが、そんな甘美な世界にのめり込むほど、別の問題がでてくる。

それは「見たくないものまで見てしまう」ということだ。

「絶交する」ということも、どんどん難しくなっている。

以前までなら仲違いした人と距離を置くこともできたが、今はなかなか難しい。

物理的には疎遠だったとしても、インターネットを通じていくらでも情報が入ってくる。

別れた恋人のプライベートが不意に目に飛び込んでくる。

喧嘩別れした元上司が「友達かも?」に表示される。

大嫌いな人が「いま話題の◯◯」としてタイムラインに流れてくる。

面倒なことに、人間には見たくないものほど進んで見に行ってしまう機能がインストールされているらしく、1時間でも2時間でも見続けてしまう。

そして、心を痛めつける。

SNSには「ブロック」という機能もあるが、そんなもので情報は簡単に遮断できない。

サービスを快適に利用するための仕組みをすり抜けて、情報はどんどん届けられる。

ときには自分から仕組みという壁を乗り越えて、情報を取りに行くこともあるだろう。

見たくないものがあるときに、ぼくたちはどうやってそれを遮断するべきなのか。

失礼ながら、ものすごく苦手な人をタイムラインで見かけたときに、頭を悩ませてしまった。

「嫌な気持ちになるものは見ない」を実現するためには、結局のところ意思の力に頼るしかない。

そして具体的に行動すること。

アプリを削除して、ログアウトして、必要に応じてミュートにすること。

よく考えたらあたり前の話だが、見たくないものを見るメリットは1つもない。

苦手な人のプライベートを見たところで、やっぱり苦手だわ、と再認識するだけだし、いじめっ子たちの今を知ったところで、当時の傷が深くなるだけだ。

だったら見なくてもいいじゃないか。

こっちはこっちで上手くやっています、くらいの気持ちで堂々と生きればいいのだ。

苦手なものに心を侵食されるなんて、ばからしい。

つらい過去を思い出させる情報をわざわざ見に行くのも、あほらしい。

自分自身もきっと誰かの「見たくないもの」なのだろうが、申し訳ないがそれに関してはそちらで対策をしていただきたい。

「嫌な気持ちになるものは見ない」という解決策は、意思さえあれば誰にでも実行できるのだから。

 - 小林敏徳のコラム

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「お揃い」で仲間を識別する若者たちに絶句した話

若者たちと話をする機会があった。 何から何まで自分とはまるで違う価値観に驚きながら、彼らの食欲に財布を痛めながら、楽しい時間をすごした。 ただ、彼らが身につけて …

「妥協の恋」はうまくいかない

新しいカメラを買いました。いまだにメーカーや機種の知識ゼロなんですけど、寝るとき以外、いつも首からぶら下げる勢いで使い倒してます。 はぁぁぁ、本当に買ってよかっ …

「変わってる人」の法則と3つの特徴

ついに「変わってる人」の法則を発見したんです。 「ぼくは変わってるんですよ〜」という自称変人は、かなりの確率で普通だったりしますよね。 昔は、常識にあてはまらな …

怒りが憎しみに変わったとき、気持ちを落ち着かせる秘訣があった

「怒髪天」 今から3日前、ひさしぶりに腹が立つことがあり、半日ほどのたうち回っていました。 イヤなもんですね、怒りって。 「幸いなことに」とでも言うべきか、ぼく …

「とにかくやってみる」の希少価値
「心の傷が癒えた」ことに気づく日
「私はこれに賭けている」という姿勢から、熱さが生まれる
「怒ってもらえたことに感謝」は社交辞令で、本当はトラウマでしかなかった

ある方から「怒ってもらえたことに感謝している」という話を聞きました。 この手の話はよく聞くわけですが、あらためてすごいなと思った次第です。 ぼくは「怒られたこと …

嫉妬の炎を燃やし尽くしたあとのこと
「直感と不安」をわけて考える