ミラクリ

鬱から成功するブログ

頼むから、自信を持ってくれ

スポンサーリンク


2〜3年前、いろんな企業を調査していたとき、あることに気がついた。

それは成功する企業には、必ず「影」のような存在がいるということだった。

社長というカリスマが強いビジョンをうち出す一方で、「影」は決して目立たず、粛々と業務をこなしていく。

自らの実績を自慢することなく、会社への貢献を吹聴することもない。

企業が成長し、強い光を放ちはじめても、彼らは静かな影でい続ける。

そのバランスこそが企業成長のカギなのだ。

成功するためには「光と影」が必要なのだと、そのとき知った。

しかも、そのコントラストが深くなるほど事業は成功する。

これは個人が階段をかけ上がっていくときも全く同じだ。

いわゆる「アンチ」が増えれば増えるほど、あなたに熱狂するファンが増えていく。

みんなに好かれ、賞賛されるのが理想だが、あなたのような力を持つ人には必ず影が付きまとう。

これまでの経験からも、そう実感しているはずだ。

ただ、これだけは知ってほしい。

あらゆる手を使って名誉を傷つけようとするのは、あなたが成功者であることを知っているから。

そして、大切な仲間を中傷するのは、あなたが孤独じゃないことを知っているからなのだと。

性善説を信じる者にとって、現代の悪意は想像を超えている。

不祥事を叩き、人の失墜を喜び、テロに歓喜する。

誰かの命を奪った人間を賞賛するような「影」は実在する。

だからこそお互いの常識を戦わせず、愛情を浪費せず、あなたはただ淡々と成功すればいい。

その姿で語ればいい。

今までもそうしてきたように、強い気持ちで悪意の存在を受け入れたらいい。

あなたがシンプルなファッションを好むのは、きっと己の白さを守るためなのだろう。

透き通ったままでいるためには、影の存在を知りつつも、決して向き合わないこと。

近づかなければ、聞こえない。

近づかなければ、見えない。

見聞きしなければ、心を乱されることはないのだから。

大切なパートナーと、仲間たちが付いている。

 - 小林敏徳のコラム

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「怒ってもらえたことに感謝」は社交辞令で、本当はトラウマでしかなかった

ある方から「怒ってもらえたことに感謝している」という話を聞きました。 この手の話はよく聞くわけですが、あらためてすごいなと思った次第です。 ぼくは「怒られたこと …

「妥協の恋」はうまくいかない

新しいカメラを買いました。いまだにメーカーや機種の知識ゼロなんですけど、寝るとき以外、いつも首からぶら下げる勢いで使い倒してます。 はぁぁぁ、本当に買ってよかっ …

テキトーになれば、もっと楽しめる
「なんで仕事を辞めたの?」と聞かれた日
「直感と不安」をわけて考える
退屈な「自分語り」が「他人語り」になる未来
怒りが憎しみに変わったとき、気持ちを落ち着かせる秘訣があった

「怒髪天」 今から3日前、ひさしぶりに腹が立つことがあり、半日ほどのたうち回っていました。 イヤなもんですね、怒りって。 「幸いなことに」とでも言うべきか、ぼく …

「帰る場所がある」って、うらやましい。

  「生まれ育った地元」がある人のことを、うらやましく感じるんです。   ぼくは親の仕事の都合で、山口県で生まれて、長野県で育ちました。中学 …

「止めるべきか、続けるべきか」の答えがある場所
「人の役に立っている」という感覚さえあれば