ミラクリ

鬱から成功するブログ

「集団に馴染めない人」が生きていく方法

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。

みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いでしょう。

いやですよね、大変ですよね、そんな人生。

でも、最近になって「集団に馴染めない人」が生きていく方法がなんとなくわかってきたんです。

スポンサーリンク

集団に馴染むのが苦手な人の特徴

集団に馴染むのが苦手な人って、どんな感じなんでしょうか?

ぼくが思うポイントをいくつか挙げてみます。

自分勝手・プライドが高い

自分が思った通りにしか行動しない人って、嫌われますよね。

「納得するまでやりません!」とか言っちゃうような人でしょうか。

そんな自分勝手な人を分析していくと、必ず謎のプライドがあるものです。

しかも、そのプライドの壁がぶ厚くて、どこに扉があるのかわからないんです。

好き嫌いがハッキリしている

好き嫌いがハッキリしている、つまり自分の価値観が明確な人も、集団では浮いてしまいますよね。

最近では「嫌われることを恐れない」「自分にウソをつかない」みたいなのが流行っているようですが、「たまには自分にウソをつけ」と言いたくなる人がいますよね。

好き嫌いがあるのは自由なんですけど、趣味嗜好を押し付けられるのは面倒です。

忍耐力がない

人間関係は、えてして我慢が大切ですよね。

とくに仕事は自分だけの意向では進められないものですから、ときには顧客の要求に応えるために、自分のこだわりを諦めることもあると思います。

会社組織であれば、理不尽なことを我慢したり、専務の自慢話をじっと聞くことも仕事のうちだったり。

ところが忍耐力がない人は、我慢して人に合わせることができません。

干渉されるのが嫌い

人に干渉されるのが好きじゃない人も、集団から孤立しがちですよね。

やはり会社の人間関係でも、近所付き合いでも、ある程度の干渉は潤滑油になります。

週末は何をしていたのか、昨日はどんな食事をしたのか、そんな情報を交換することは、人となりを知ることと同義ですから。

プライベートな情報を隠す謎めいた人は、やっぱり敬遠されてしまいます。

では、「集団に馴染めない人」にはなくて、「人付き合いがうまい人」にあるものって、一体なんなのでしょうか?

人付き合いがうまい人がもつ「最適化能力」

最近気づいたんですけど、人付き合いがうまい人って、どうやら最適化能力があるみたいです。

最適化能力がある人とは…。

最適化能力

「冷蔵庫にある食材で美味しいチャーハンを作れる人」のことです。

つまり、どんな環境に放り込まれても、上手に生きていける人のこと。

「適応能力がある」とも言えますよね。

最適化能力がある人は、ときに自分の存在を消して、またあるときは色濃く表現して、集団に合わせていきます。

「今日はギトギトの中華でも食べに行くか?」と部長に言われたら、お世辞でもなんでもなく、「いいっすね!」と心から言えてしまう。

これは本当にすごい能力だと思います。

ちなみぼくには、この能力が備わっていないようです。

では、集団に馴染めない人は、1人で生きていくしかないのでしょうか?

孤立しがちな人がもつ「こだわり」

集団に馴染めなければ、孤立しちゃいますよね。

孤立しがちな人とは…。

集団に馴染めない人

「チャーハンを作るために好きな食材を買いに行く人」です。

つまり、冷蔵庫にちゃんとベーコンがあるのに、「チャーハンはやっぱりチャーシューだろ」と言って買いに行ってしまう人。

やっと帰ってきたと思えば、チャーシューを煮込みはじめ、実際に食べられるのは明日だという。

「こだわり」と表現すればカッコいいけど、実際はワガママすぎるだろ…って感じですよね。

集団に馴染めず、孤立しがちな人は、大なり小なりこの要素があると思います。

この先どうやって生きていけば良いのでしょうか?

baby

集団に馴染めない人は「創造」するしかない

集団に馴染めない人は、結局のところ、創造するしかないと思うんです。

だって、誰かが用意した冷蔵庫の食材じゃ満足できないんですから。

  • 仕事を創る
  • 環境を創る
  • 人間関係を創る
  • 組織を創る

そう、与えられたものじゃなくて、自分で選択して、自分で創りあげるプロセスこそが、「集団に馴染めない人」にとって重要なんですよね。

創造するためには、働き方を見直すことも大切だと思います。

会社員でいるのか、フリーランスになるのか、起業するのか。

独立にはリスクが伴いますが、居心地の良い環境を作りやすいことだけは確かだと思います。

馴染む努力をするよりも、居心地のいい環境を自らつくること

もし今の環境に馴染めなければ、思い切って飛び出してみるといいですよ。

ハッキリ言って転職には勇気が必要ですし、独立は決死の覚悟かもしれません。ぼくも実際そうでした。

でも、集団に馴染めない人は、いくら環境に馴染む努力をしても息苦しさがつのるばかり。

居心地のいい環境を自ら創らないかぎり、その苦しさは解消できないように思います。

新規事業にチャレンジしたって、「この指と〜まれ」で集団を作っても良いじゃないですか。

集団に合わせられないなら、どれだけ合わせる努力をしてもズレてしまうのなら、いっそのこと自分で創ってしまえばいい。

少しは生きやすくなるはずです。

ミラクリから一言

13年も会社員をやったのに、馴染めませんでしたから。

 - 人間関係の不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【友達が少なくても前向きに】友人が多いことのメリット・デメリット

「友達は多ければ多いほど良い」 ぼくは長い間、そんな考え方にとらわれてきました。 そして、友達が少ないことを恥ずかしく思っていました。 ところが30代後半に差し …

「あなたのためを思って言っているんだ」には、どう対処すればいいのか?

    「あなたのためを思って言っているんだ」   そんな前置きのもと、厳しい”アドバイス”を受けたことは一度や二度ではありません …

共感力ゼロ! それでも「空気を読めない人」だけが頼りになる。

    ぼくはよく人から相談を受けるんですよ、昔からそうです。 あまりにも相談を受けるので「ぼくは人の気持を理解できる人間なんだ、うんうん」 …

人間関係が原因でうつ病になったときの対処法

うつ病の原因になりやすいのが「人間関係の悩み」です。 何らかのトラブルならすぐに解決できますが、人間関係はなかなか難しいもの。 強いストレスを感じていたとしても …

【自分を信用しないこと】他人の言葉を自分化して受け入れる。すると想像もしなかった方向に道が開ける

    いきなり変な話だが、ぼくは自分のことをほとんど信用していない。 自分の思考や認識している性格、過去の出来事への解釈も含めて全くと言っ …

【孤独を癒す方法】社会問題化する孤独とどう向き合うか?

「孤独」は、今や無視できない問題です。 孤独とは、友達がいないとか、家族がいない人だけが感じるものではなく、精神的にそう感じる人もいるからです。 本記事で紹介す …

うつ病であることを相談できない?まず身近な家族・友人に打ち明けてみよう

うつ病であることは、人になかなか相談できませんよね。 ぼくが鬱を患ったときも、家族に相談するにも時間がかかりましたし、会社の上司に報告するときには心臓が飛び出そ …

【友達がいない人の特徴】仲の良い友人を作れない原因と対策も紹介

「友達がいない」という状態は、とても孤独ですよね。 「友達が少ない」のか、「いない」のか、によっても寂しさは異なりますが、友人が少ないと孤独を感じるのは間違いな …

うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきこと

うつ病が原因で人間関係が悪化してしまうケースがあると思います。 「腫れ物にさわるような扱いを受ける」というよりは、重いうつ症状の影響で関係がギクシャクしてしまう …

「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。

    リアル社会で「会ってください!」「売ってください!」「紹介してください!」など、やたらと「クレクレ詐欺」をしてくる人には注意をしてい …