ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきこと

うつ病が原因で人間関係が悪化してしまうケースがあると思います。

「腫れ物にさわるような扱いを受ける」というよりは、重いうつ症状の影響で関係がギクシャクしてしまうのです。

ぼくのように鬱と対人恐怖症を併発した場合は、人間関係そのものが辛くなりますからね。

今回は、うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきことを紹介します、

人間関係が原因でうつ病になったときの対処法は、以下の記事にて。


スポンサーリンク

うつ病の影響で人間関係が悪化することも

「うつ病を患った人には配慮すべきだ」と思っているかもしれませんが、いざ身近な人が鬱になると対応が難しいもの。

ぼくがうつ病になったときも、周囲との人間関係を悪化させてしまい、とても迷惑をかけました。

遠くで見ているのと、実際に対処するのは勝手がぜんぜん違うものですね。

自分がサポートする側になったことをイメージしても、気分の浮き沈みが激しい人を毎日支えるのは、並大抵のことではないと思います。

対人恐怖症・人間不信が悪影響を及ぼす

ぼくがうつ病になったときは、対人恐怖症を併発してしまいました。

これがかなりのクセモノです。

何かのきっかけがあったわけでもないのに人間不信になり、会社の同僚や上司を信じられなくなるのです。

誰もが自分を嫌っていて、いつも悪口を言われていると感じる自意識過剰状態にもなりました。

そんな状態では、当然ながら人間関係がギクシャクします。

この時期の人間不信や会社に向かうときの恐怖心は、あまり思い出したくはありません。

無理な関係修復は逆効果

ちょっと厳しい内容かもしれませんが、ここからはぼくの経験談を紹介しますね。

うつ病の影響で人間関係が悪化したとき、無理に関係を修復しようとするのは逆効果だと思います。

ぼくはめちゃくちゃ失敗しました。

うつ病は脳の誤作動」と言われるように、鬱のときは正常な判断力を失っていますので、焦るとさらに好ましくない結果を引き寄せます。

たとえば、うつ病患者の気分の浮き沈みにうんざりしている人をつかまえて、「理解してほしい!」と強く言っても拒絶されるだけです。

または鬱の影響で仕事のミスが続いたとき、周囲に体調の悪さを伝えても逆効果になるでしょう。

「たとえば」と書きましたが、これはぼくの体験談なんです。

信頼関係を取り戻そうと焦るあまり、余計に関係を悪化させてしまいました。

これは周囲の方々が悪いのではなく、ぼくの当時の振る舞いが悪かったのだと反省しています。

ただ、うつ病に苦しんでいる最中は、そこまで冷静に考える余裕がなかったのも事実です…。

症状が悪化するまで放置せず、もっと早めに治療するべきでしたね。

うつ病を克服した今になって、人間関係が悪化したときの対処法がわかってきました。

family

うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきこと

私たちが属している人間関係の代表例は以下の通りです。

  • 会社・職場の人間関係
  • 家族・夫婦の人間関係
  • 近所・ママ友の人間関係

細かい分類はまだまだありますが、悩みやすい人間関係だけをピックアップしてみました。

メンタルの病が原因とはいえ、人間関係が悪化するのはイヤなものですから、できるだけ早めに解決したいですよね。

具体的な対処法を紹介します。

上司や同僚にうつ病であることを打ち明ける

会社の上司や同僚には、うつ病であることを隠さずに打ち明けましょう。

鬱の告白は勇気がいることです。痛いほどわかります。

でも、自分がいくら隠したところで明らかに顔色が悪かったり、挙動不審になっていたら誰でも気づくもの。

頻繁に顔を合わせる人なら、下手したら本人よりも先に体調の異変を察知しているかもしれません。

ぼくの場合も、家族や会社の人たちのほうが先に気づいていたようです。

今になって「もっと早く告白しておけば良かった」と後悔しています。

もし会社の人に相談するなら、利害関係のない他部署の人を頼ると良いですよ。

鬱症状もオープンにして、協力してもらうこと

うつ病であることを正直に告白できたら、具体的にどんな症状に苦しんでいるのかもオープンにしてみましょう。

たとえば以下のような症状です。

  • 目を合わせられず、挙動不審になる
  • とくに理由もなく、動悸が激しくなる
  • 不眠や食欲不振の影響で顔色が悪い
  • 物事をネガティブに捉えやすくなる

うつ病になったことがない人は、具体的にどのような症状があり、どのように協力すれば良いのかわからないもの。

「がんばれ」と励ましたり、飲み会の参加を促してストレスを発散させようとするかもしれませんが、それは逆効果ですよね。

でも、自分がいま苦しんでいる鬱症状をオープンにしておけば、サポートの仕方が少しずつ見えてきます。

自分が思っている以上にうつ病への理解は進んでいないことを認識し、体調を含めて積極的に開示していきましょう。

もし頼れる人が誰もいないときは、無料相談窓口の活用もおすすめです。

関係を一時的に遮断するか、距離を取る

あまりにも鬱の症状が重く、人間関係も芳しくないときは、思い切って距離を取るか、一時的に関係を遮断するのも選択肢の一つです。

ぼくは人間観関係を徹底的に遮断し、家族やごく親しい友人以外は誰とも会わずに療養しました。

当時は対人恐怖症でもありましたので、誰かと会ったり、電話で話したり、Facebookの投稿を見かけるだけで、ネガティブなことを考えてしまうと思ったからです。

人間関係を一時的に遮断することで、「もう人生は終わりだ」などと考えたりもしましたが、幸いなことにそうはなりませんでした。

しかも、体調が良くなってから変わらず連絡をくれた方々もいて、本当に感謝するばかりです。

本当に必要な関係は、時間をかけてでも戻ってくるものなのだと実感しました。

「嫌われている」「迷惑をかけている」は思い込みかもしれません

うつ病になったことを隠し、調子が悪いまま仕事をしていたことで、ぼくは人間関係を悪化させてしまいました。

もちろんうつ病だけのせいにするつもりはありませんが、大きな要因を占めていたのは間違いありません。

いま思えば、もっと早く誰かに相談して、診察を受ければ良かったと思います。

しかし、当時は自意識過剰状態でしたから、「嫌われている」「迷惑をかけている」と思いすぎていたんですよね。

もちろんそう感じていた方々もいらっしゃるとは思いますが、後になって「あのときもっと早く声をかけるべきだった」と言ってくれた方もいました。

その自意識過剰は単なる思い込みで、協力者はすでに身近にいるかもしれませんよ。

できるだけ早く誰かに相談してくださいね。

ミラクリから一言

手を貸してくれる人は必ずいます。

 - 人間関係の不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

伝えたいことがあるなら、激しい言葉を使わないほうがいい。
伝えたいことがあるなら、激しい言葉を使わないほうがいい。

    今よりもどっぷりインターネットウォッチをしていた時期があった。 ニュース、メディア、ブログだけではなく、炎上案件や、誰かと誰かが激し …

悩みを相談するのが上手な人と、下手な人の5つのちがい。
悩みを相談するのが上手な人と、下手な人の4つのちがい。

      この記事を書いてる時点で、ぼくは沖縄にいる。 不思議なもので”非日常”に飛び込んだときに限って、「相談」と称してLIN …

可能性
【自分を信用しないこと】他人の言葉を自分化して受け入れる。すると想像もしなかった方向に道が開ける

    いきなり変な話だが、ぼくは自分のことをほとんど信用していない。 自分の思考や認識している性格、過去の出来事への解釈も含めて全くと言っ …

DSC01146
「あなたのためを思って言っているんだ」には、どう対処すればいいのか?

    「あなたのためを思って言っているんだ」   そんな前置きのもと、厳しい”アドバイス”を受けたことは一度や二度ではありません …

yellowcrosswalk
うつ病であることを相談できない?まず身近な家族・友人に打ち明けてみよう

うつ病であることは、人になかなか相談できませんよね。 ぼくが鬱を患ったときも、家族に相談するにも時間がかかりましたし、会社の上司に報告するときには心臓が飛び出そ …

猫
会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

  友だちから「厚みのあるクズだね!(ニコッ)」と言われて強く生きていこうと思った小林です。 自慢できることではないが、ぼくは人から嫌われたこと、理不 …

travel
人間関係が原因でうつ病になったときの対処法

うつ病の原因になりやすいのが「人間関係の悩み」です。 何らかのトラブルならすぐに解決できますが、人間関係はなかなか難しいもの。 強いストレスを感じていたとしても …

空気を読めない人
共感力ゼロ! それでも「空気を読めない人」だけが頼りになる。

    ぼくはよく人から相談を受けるんですよ、昔からそうです。 あまりにも相談を受けるので「ぼくは人の気持を理解できる人間なんだ、うんうん」 …

DSC00163
「気持ちに余裕がない→他人を攻撃したくなる病」を解決してみた。

    気持ちに余裕がないときって、「他人を攻撃したくなる病」にかかりませんか?   最近ちょっと仕事が立て込んでいまして、気持ち …

クレクレ詐欺
「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。

    リアル社会で「会ってください!」「売ってください!」「紹介してください!」など、やたらと「クレクレ詐欺」をしてくる人には注意をしてい …