ミラクリ

鬱から成功するブログ

家族がうつ病と診断された後にやるべきサポートとは?

うつ病を患う人が増え続けている中、家族がうつ病になるのは決して珍しいことではありません。

万が一のときがきたら、どのような点に注意してサポートすれば良いのでしょうか?

今回は家族がうつ病と診断された後にやるべきサポートについて解説します。

診断前のサポートについては以下の記事で紹介していますよ。


スポンサーリンク

家族がうつ病になったときに注意したいこと

家族がうつ病になったときに、気をつけたいことがいくつかあります。

うつ病克服のサポートをするつもりが、逆に追い詰めてしまい、症状を悪化させないように気をつけてくださいね。

回復を焦らないこと

うつ病の回復には、ある程度の時間がかかります。

ちょっとでも早く治ってほしいという気持ちは痛いほど分かりますが、焦ってしまっては逆効果。

長期戦になることは、初めから覚悟しなければなりません。

うつ病経験者は理解できると思いますが、周囲の焦りを目にすると、回復しない自分にイラ立ち、自己嫌悪するんですよね。

周囲の人に求められるのは冷静であること。

「ゆっくり治せばいいよ」という気持ちで向き合ってあげてください。

ぼくの家族や知人は、徹底しておおらかなスタンスでいてくれましたので、本当に救われました。

うつ病患者の発言を真に受け過ぎないこと

うつ病を患うと悲観的になってしまうため、ときにはひどいことを言われてしまうでしょう。

ぼくも熱心にサポートしてくれた家族に対して、「やり方が悪い」「一向に回復しないじゃないか」といったひどい言葉を投げつけてしまい、後悔したことは一度や二度ではありません。

感情的な言葉は本心ではありませんが、真に受けすぎると心が持ちませんので、ときには聞き流すことも必要です。

繰り返しになりますが、厳しい言葉は決して本心ではありません。

回復しない症状へのいらだちを、ときに家族にぶつけてしまうのです。

うつ病になったのは誰のせいでもないことを理解する

うつ病を患った人は自分自身を責めてしまう傾向にありますが、家族もまた「自分のせいでは?」と悩んでしまうようです。

うつ病から回復した後、ぼくの家族からも当時の葛藤を聞きました。

もっと会話するべきだった、ストレスに気づいた時点で対策するべきだった、もっと早く仕事を辞めさせるべきだったとか、うつ病の原因から予防にいたるまで、いろいろ思い悩んだそうです。

でも、うつ病は誰かのせいでなるものではなく、もちろん自分のせいでもありません。

家族の立場としては、早めに体調不良に気づいて対策するのが理想的ですが、実際のところは専門医でも見抜くのは難しい病気なので、発見が遅れたとしても自分を責めないでください。

「自分の力不足」などと落ち込むぐらいなら、家族で力を合わせて少しでも早く回復できるように環境を整えたり、再発予防に力を注いでいきましょう。

children

家族がうつ病になったときのサポートの仕方

家族がうつ病と診断されたとき、最初はとても戸惑い、不安にもなるでしょう。

でも、気負わずにサポートしてあげてください。

最も必要なことは「うつ病を理解し、話を聞く」ことなのですから。

うつ病は誰もがなりうる病だと理解する

うつ病になるのは、精神的に弱いとか、怠け者だとか、そういった性格が原因ではありません。

実際の原因は「強いストレス等によって脳の神経伝達物質の働きに異変が生じること」なので、実は誰もがなりうる病気なのです。

「うつ病になるのは心の弱さのせい」というような誤解はまだまだ残っていますが、それは間違いですよ。

もし自分がうつ病になったときも家族のサポートが必要になりますので、勉強のつもりで接してあげてください。

ネガティブな話や不安な気持ちを冷静に聞く

うつ病を患うと悲観的になり、自己否定の考え方にもなってしまいます。

落ち着いて気持ちを整理しようとしても、最終的にはネガティブな話になりがちです。

後ろ向きな話ばかり聞かされると嫌になるかもしれませんが、常に冷静に、穏やかな気持ちで聞いてあげてください。

ぼくは家族に話を聞いてもらう側の立場だったわけですが、これは想像以上にしんどいことだと思います。

きつい言葉を投げつけられても、耐えなくてはならないからです。

あと、「がんばれ!」と言い過ぎると逆に追い詰めてしまいますので、できるだけ共感をメインにしてくださいね。

「そうか」「大変だったね」というスタンスで話を聞いてもらうことで、ストレスの解消につながりますよ。

治療・通院を継続できるようにフォローする

うつ病を克服するため必要なのは、専門医による「治療」です。

カウンセリングや薬による治療を根気強く継続することが必要ですが、うつ病患者は無気力になるものですから、本人に任せていると通院をサボる可能性も。

診察のスケジュールをしっかりと管理し、通院のサポートをしてあげてください。

調子が悪いときは付き添いをすることも大切ですよ。

再発予防ができる環境を作る

うつ病の治療と同時並行でやっていきたいのが、再発予防の環境づくり。

うつ病の再発率は60%もあり、再発するごとに症状が重くなると言われているからです。

再び鬱に悩まされないようにするために、再発予防の環境を整えましょう。

たとえば十分な睡眠をとれるように部屋の照明を替えたり、食生活が偏らないようにタンパク質重視の食事にするなど、生活環境を整えれば再発リスクを最小限に留めることができますよ。

ぼくのうつ病が再発していないのも、家族がいろんな対策をしてくれたからです。

看病疲れに要注意・身近な人に相談してストレスを発散すること

うつ病を治そうと奮闘しているのは家族も一緒です。

ときには「看病疲れ」になることもありますので、自分自身のストレスもうまく解消してあげてください。

ぼくの妻は時間を見つけてランニングをしたり、友人に会いに行っていました。

もちろんぼくの症状の度合いを見てのことですが、今振り返ってもうまくストレス発散していたと思います。

看病している家族まで鬱状態になってしまわないためにも、本音で相談できる人を見つけておきましょう。

過剰なストレスは鬱の原因になるのは、うつ病患者だけではなく、看病している家族にも言えることですから。

家族向けの専門相談窓口もあります

もし身近に相談できる人がいないときは、相談窓口も活用していきましょう。

直接窓口に相談しにいくこともできますし、とりあえず電話で話を聞いてもらうこともできますよ。

相談窓口は以下の記事で紹介しています。

家族のサポートは必要不可欠

うつ病を治すために、家族のサポートは必要不可欠。

ぼくも幾度となく助けられましたし、過去にうつ病で悩んできた知人はみんな口を揃えてそう話します。

特別な何かをしてあげるというよりも、本人に寄り添い、一緒にうつ病を治そうという気持ちでいてくれることは、とても大きな心の支えとなりますよ。

どうか根気強くサポートをしてあげてくださいね!

ミラクリから一言

家族のサポートに感謝です。

 - うつ病のサポート

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「家族のうつ病」に気づいたとき、診断前にやるべきサポートとは?

家族がうつ病を患うのは決して珍しいことではありません。 ただし、うつ病はいきなり発症するものではなく、いくつかのサインがあるんです。 うつ病を患うまでには抑うつ …

うつ病を患いやすいのは男性よりも女性。周囲の人ができるサポートとは?

男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいことをご存知ですか? 出産やホルモンバランスの変化を経験する女性は、男性よりも多くの身体的ストレスを受けるからです。 で …

家族や友人がうつ病と診断されたときのサポートの仕方を解説

家族や友人がうつ病と診断されたとき、どのようにサポートすれば良いのでしょうか? うつ病を患ったぼくは、家族や友人にサポートしてもらった側の人間ですが、本当にいろ …

うつ病の人への正しい接し方と、間違った接し方

ぼくは2013年の12月に、会社で働きながらうつ病(鬱病)を発症して、会社を退職しました。 それまでは自分のメンタルは強いと思っていたのに、ある日突然のように始 …

【質問】友人がうつ病になったとき、どのようにサポートすれば良いのでしょうか?

「友人がうつ病になったとき、どのようにサポートすれば良いのでしょうか?」というご質問をいただきました。 ありがとうございます。 うつ病を患った友人のサポートは本 …