ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病からの社会復帰に焦りは禁物。復職に失敗しないための考え方

うつ病が回復した後、課題になるのは「社会復帰」ですよね。

焦って復職した結果、鬱を再発させないように注意が必要です。

生活費を稼がなきゃ、家族を心配させたくない、キャリアを失いたくない、いろんな思いがあっても焦りは禁物。

今回は復職に失敗しないための考え方を解説します。

スポンサーリンク

うつ病からの社会復帰に失敗する人が多いのはなぜか?

やっとうつ病を克服したのに、社会復帰後に再発してしまう人が多いのはなぜでしょうか?

厚生労働省の発表によると、うつ病の再発率は60%

なんと半分以上の人が鬱を再発させてしまうのです。

休職、復職、再発を繰り返しているぼくの友人の例を参考に、その原因を考えてみました。

同じ職場・生活環境には同じストレスが存在する

ぼく自身がそうでしたが、仕事のストレスがうつ病の原因になることがあると思います。

休職したとしても、同じ職場に復帰したらまた同じストレスにぶちあたるのは避けられません。

自分がどれだけ前向きになれたとしても、以前よりも元気になれたとしても、同じ環境には以前と同じストレスが存在するのです。

よく考えてみれば当然ですよね。

自分が療養している間にギスギスした人間関係が改善されることはなく、激務が軽減されることもありません。

これは生活環境も全く同じで、環境を変えなければうつ病の原因になったストレスから逃れることはできないのです。

時短勤務・責任の軽い業務など、いつまでも特別扱いを受けてしまう

うつ病を再発させてしまうのは、職場復帰した後の対応にも原因があるようです。

会社側としては休職者が復帰した後、しばらく仕事量を調整し、様子見をすることがほとんどですが、それがかえって再発の原因になることも。

時短勤務や責任の軽い業務を任せるなど、特別扱いをすることが、「自分はまだ本調子じゃないんだ」という認識を深めてしまうようです。

職場復帰後の対応は経営者も人事部もかなり気を遣いますので、できるだけ密にコミュニケーションを取ることが大切。

体調や現在の治療状況については、できるだけ会社にオープンにしておきましょう。

同じ会社に復職してうつ病を再発させた友人の失敗例

ぼくの友人は同じ会社に復職した結果、うつ病が再発してしまいました。

生活費のことを考えると、傷病手当金をもらいながら休職するのが理想的ですが、友人を見ていると必ずしもメリットだけではないようです。

その友人は、会社の人間関係に悩んだことが原因でうつ病になりました。

厳しく叱責する上司がとくに苦手だったようですが、職場復帰後もまたその上司のもとで働くことに。

「上司の影響でうつ病になった」という背景を会社に知られることを恐れ、以前と同じ部署に戻ることで合意したそうです。

職場復帰してすぐは上司も穏やかに接してくれたようですが、しばらく時間が経つとまた以前のように叱責されることに。

結果として、職場復帰の7ヶ月後にうつ病が再発して、また休職することになったのです。

会社のサポート不足もありますが、友人が腹を割って話さなかったことにも原因があるように思います。

また、人間関係のひずみを恐れて言えない事実があるのなら、「転職」を検討しましょう。

復職に失敗しないための考え方

それでは、復職に失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

大切な考え方が大きく2つあります。

回復を焦り、無理をしないこと

まずは絶対に無理をしないことです。

うつ病で仕事を休んでいるなら、プロジェクトのこと、キャリアのこと、お金のこと、復帰後のことが心配になると思いますが、まずは仕事を忘れて休養だけに集中してください。

ぼくは細かいことが気になる性格で、休職ではうつ病を克服できる自信がなかったため、退職の道を選びました。

もちろん回復してからの仕事の不安はありましたが、じっくり療養できたことで、克服が早まったと感じています。

体調やメンタルの調子が本当はイマイチなのに、お金のために復帰を早まり、再発させないようにしましょう。

もちろんお金の心配もあるでしょうから、家族ともよく相談してください。

ストレスの原因を遠ざけること

ストレスの原因はできるだけ遠ざけることが大切です。

ぼくはうつ病がかなり回復した時点でも、いろんな予防と対策をしました。

とくに注意したのは人間関係です。

FacebookなどのSNSも含めてできるだけ見ないように、そして知人にもできるだけ会わないようにしました。

誰かに会ってしまうと体調について細かく聞かれたり、ストレスの原因になった出来事を詮索されてしまい、それがストレスになると思ったからです。

一時的には「逃げ」だと自己嫌悪するかもしれませんが、元気になったら人間関係はいくらでも取り戻せますからね。

次は社会復帰に成功した知人の話を紹介します。

work

リワークプログラムを活用してアルバイトを始めた友人の成功例

社会復帰に成功した知人は、まず仕事を辞めて、治療だけに集中していました。

そして、うつ病を克服した段階で「リワークプログラム」を活用し、転職を果たしたのです。

リワークプログラムとは、うつ病で働けなくなった人たち向けのハローワークのようなもの。

職場復帰にあたっての注意点やストレスの対処法を学びつつ、転職先を紹介してもらえる社会復帰支援サービスです。

知人はまずアルバイトから仕事を始め、少しずつリハビリしていきました。

今では印刷会社に再就職し、再発することなく元気に働いています。

リワークプログラムの参考サイト:こころの健康情報局・すまいるナビゲーター

障害者求人で再就職する選択肢もある

実は「障害者求人」という枠を活用して転職する選択肢もあるんです。

うつ病経験者なら、障害者手帳がなくてもハローワーク等で利用できますよ。

詳しくは以下の記事で解説しています。

ぼくは在宅ワークのリハビリ&社会復帰をしました

ぼくはうつ病が判明した3週間後に会社を退職しました。

そして、しばらく療養した後、会社員としての復職はせずフリーランスになったのです。

独立するには勇気が必要でしたが、在宅ワークでマイペースに働けるのは大きなメリットでした。

復職については家族もかなり心配していましたので、目の届く範囲にいられることも大きかったです。

現在は自宅にいながら執筆の仕事を受けるWEBライターを中心に、企画の仕事などにも携わっています。

インターネット経由で仕事を受けられるなんて、本当に便利な時代ですよね。

社会復帰の選択肢は同じ会社で働くことだけではありませんので、転職や独立も含めて検討してくださいね。

色んな仕事を受発注できるクラウドソーシングサイト

→ クラウドワークス

→ ランサーズ

フリーランスの仕事探しにおすすめのサービス

→ エンジニアファクトリー

→ ギークスジョブ

ミラクリから一言

うつ病は働き方を見直すチャンスでもあります。

 - キャリアの不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

ZUB_022jisou155500
「今の場所で挽回する」よりも「今すぐ環境を変える」方をオススメします!

  「上手に諦める」ことを教わってないぼくらは、「逃げることは罪だ!」→「それは自分が弱いからだ!」→「もっと頑張ろう!」と思いがちです。 &nbsp …

work
うつ病の人が在宅勤務を検討する前に知っておきたいメリット・デメリット

うつ病から回復したら、「ストレスを溜めない働き方」を考えたいですよね。 まだ体調に不安がある場合もあるでしょうし、ハードワークや人間関係のストレスによって鬱が再 …

子供
【経験者が語る】うつ病になったとき、休職よりも退職をおすすめする理由

うつ病になったら、「会社を休むのか? それとも辞めるのか?」で悩みますよね。 仕事が原因でうつ病になったとしたら、会社に行くだけでもストレスが溜まるかもしれませ …

仕事
「誰にでもできる仕事」に価値はないのか?
夕焼け
サラリーマンに向いている?向いていない?性格診断10項目

  「自分はサラリーマンに向いている?向いていない?」なんてあまり考えたことがないかもしれません。   ぼくは13年間を会社員として過ごして …

no image
うつ病の人が「障害者求人」で仕事を探すメリット・デメリット

うつ病が回復したあと、課題になるのは仕事探しですよね。 かなり体調が良くなったとしても、再発のリスクを考えればできるだけマイペースに働きたいでしょう。 そんなと …

男性
うつ病で仕事を辞める決断をした理由

    ぼくは2014年にうつ病を患い、仕事を辞める決断をしました。今まさにうつ病と向き合っている人にとって、仕事を続けるのか?それとも辞め …

no image
会社の退職を決断してからチェックすること。退職届・引き継ぎ・円満退職・やることがいっぱい!

    ぼくは今までに4つの会社に勤めて、3回の転職を経験してきました。   つい感傷にひたってしまいがちですが、会社を退職すると …

男性
【仕事を辞めたい】転職経験者が教える、会社を辞めるべきタイミング

「仕事がつまらない」 「人間関係のストレスがハンパじゃない」 「新しい会社の環境になじめない」 そんな理由で仕事を辞めたくなるときは、誰にでもありますよね。 ぼ …

女性
うつ病を患った人に会社の「退職」を勧める理由

  ぼくは2013年の12月にうつ病を患い、年末で会社を退職しました。うつ病であることを宣告されてから3週間で退職したため、周囲の人からは「食べていけ …