ミラクリ

鬱から成功するブログ

家族や友人がうつ病と診断されたときのサポートの仕方を解説

家族や友人がうつ病と診断されたとき、どのようにサポートすれば良いのでしょうか?

うつ病を患ったぼくは、家族や友人にサポートしてもらった側の人間ですが、本当にいろんな苦労をかけたと思います。

今回はぼくのうつ病克服に関わってくれた人たちが、どのような点に注意してサポートしてくれたのかを紹介しますね。

スポンサーリンク

もし身近な人がうつ病になったらどのようにサポートすれば良いのか?

家族や友人がうつ病になったら…「困る」のが正直なところですよね。

うつ病経験者が身近にいれば知識があるかもしれませんが、わが家そうだったように、初めてなら戸惑うと思います。

家族や知人がぼくにしてくれたことを参考に、鬱症状に苦しむ人のサポートの仕方を紹介しますね。

うつ病は自己診断が難しい病・まずは通院を勧めてください

うつ病の人をサポートするなら、まずは通院を勧めてください。

とくに初めて鬱を経験する人は、「自分がうつ病になるわけがない」と思っているものですから、日常生活に支障をきたすレベルまで症状が悪化しなければ、病院に行かない傾向があります。

何を隠そう、ぼく自身がそうでした…。

心身の異変には気づいていましたが、知識不足もあって、うつ病とはリンクしなかったんですよね。

あと、インターネット上には「うつ病チェック診断テスト」「新型うつ病診断」「仮面うつ病診断」など、いろんなサイトが存在しますが、うつ病は自己診断が難しい病気です。

自分を客観視できる状態ではありませんので、心療内科かメンタルクリニックの受診を勧めてくださいね。

信頼できる病院と先生の選び方については、以下の記事で解説しています。

children

家族や友人がうつ病と診断されたときのサポートの仕方

ぼくの療養を支えてくれた家族と友人たちに、どのような点に気をつけてサポートしていたのかを聞いてみました。

あらためて見ると感謝・感謝ですね…。

不安やネガティブな感情を聞いてあげる

とくに妻は、ぼくの不安やネガティブな感情をよく聞いてくれました。

ぼくが襲われた負の感情は以下のようなものです。

  • 自分への怒り
  • 他人への怒り
  • 自己嫌悪
  • 自己否定
  • 周囲のサポートへの不満
  • 回復しない鬱症状へのイラ立ち

これらの感情は自己完結するときもありますが、人に対してぶつけてしまうときもあります。

妻に対してひどいことを言ってしまったのは一度や二度ではなく、本当に申し訳なく思っていますが、感情をコントロールできない経験が初めてだったので、ぼく自身もかなり戸惑っていたのです。

うつ病は脳の誤作動」と言われるように、自分を見失ったうつ病の人からひどいことを言われることがあるかもしれません。

ひどいセリフは本心ではありませんので、どうかうまく受け流してくださいね。

就寝・起床時間のリズムを整える

十分な睡眠は、うつ病の克服にとってかなり大切なポイントです。

鬱の悪化によって睡眠不足や過眠に襲われると、生活リズムが崩れ、身体的・精神的なストレスを溜め込むようになってしまうからです。

ストレスが溜まると睡眠の質が低下し、さらなる悪循環をもらたしますので、睡眠のリズムが整っているかは頻繁にチェックしてくださいね。

二度寝、寝だめにも要注意です。

バランスの良い食事を摂っているかチェックする

うつ病を克服するために、睡眠と同じぐらい大切なのが食事。

栄養バランスの偏り、食欲不振、過食によって身体的ストレスを溜め込むと、うつ病が悪化する可能性がありますので、バランスの良い食事を心がけましょう。

うつ病患者は無気力状態に襲われることが多いため、食事も面倒に感じていますが、ちゃんと食べさせることが大切です。

どのような食事が効果的なのかについては、以下の記事で解説しています。

病院の処方薬をちゃんと飲んでいるかチェックする

病院から処方された薬を、指示通り飲んでいるかもチェックしましょう。

ただし、本人が回復の手応えを掴んでいるときは、自己判断で服用量を減らすのも良いと思います。

基本的には医師の指示を守りつつ、本人の体調と相談してくださいね。

定期的に通院しているかを確認する

定期的に心療内科やメンタルクリニックに通院しているかも、ちゃんと確認しておきましょう。

抑うつ気分や無気力状態になっているうつ病患者は、家から出ることはおろか、布団から起き上がることさえも面倒に感じています。

病院に行く必要があるのはわかっているのに、体が言うことを聞かない…。

そうこうしているうちに通院から遠ざかっているかもしれません。

しかしながら、専門医のアドバイスほど重要なものはありませんので、付き添ってでも受診させてあげてください。

買い物・読書・運動などでストレスを解消する

定期的にストレスを解消してあげるのも効果な対策です。

うつ病患者は基本的に無気力ですから、本来は楽しいことも億劫に感じてしまいますので、本人が前向きなときに買い物や運動などを一緒にやってあげましょう。

それがストレス解消になるかはわかりませんが、自宅で寝てばかりいるとネガティブになりがちなので、普段とは違う体験をさせてあげてください、

ただし、「前向きになりなよ」といった具合に、無理やり外に引っ張りだすのは禁物。

あくまでも本人の調子と相談してくださいね。

周囲の協力なしではうつ病は克服できない

これはぼくが実感していることですが、うつ病は周囲の協力なしでは克服できない病気です。

「もし自分に家族がいなかったら」を想像すると、冗談抜きでゾッとしてしまいます…。

うつ病の人は基本的に生真面目ですから、「誰にも迷惑をかけずに治療したい」と考えたり、「会社を休むことなく克服したい」と思っているでしょう。

人に頼ることができず、自分を追い詰めすぎてうつ病になるケースは多いので、身近な人の異変に気づいたら自ら声をかけてあげてください。

ときにはネガティブな姿を「めんどくさい」と感じるかもしれませんし、ひどいことを言われて理不尽に思うかもしれませんが、うつ病患者は心のどこかで絶対に感謝しているはずです。

ミラクリから一言

サポートしてくれた家族や友人には頭が上がりません。

 - うつ病のサポート

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

beach
うつ病を患いやすいのは男性よりも女性。周囲の人ができるサポートとは?

男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいことをご存知ですか? 出産やホルモンバランスの変化を経験する女性は、男性よりも多くの身体的ストレスを受けるからです。 で …

children
家族がうつ病と診断された後にやるべきサポートとは?

うつ病を患う人が増え続けている中、家族がうつ病になるのは決して珍しいことではありません。 万が一のときがきたら、どのような点に注意してサポートすれば良いのでしょ …

女性
うつ病の人への正しい接し方と、間違った接し方

ぼくは2013年の12月に、会社で働きながらうつ病(鬱病)を発症して、会社を退職しました。 それまでは自分のメンタルは強いと思っていたのに、ある日突然のように始 …

heart
【質問】友人がうつ病になったとき、どのようにサポートすれば良いのでしょうか?

「友人がうつ病になったとき、どのようにサポートすれば良いのでしょうか?」というご質問をいただきました。 ありがとうございます。 うつ病を患った友人のサポートは本 …

matchingshoes01
「家族のうつ病」に気づいたとき、診断前にやるべきサポートとは?

家族がうつ病を患うのは決して珍しいことではありません。 ただし、うつ病はいきなり発症するものではなく、いくつかのサインがあるんです。 うつ病を患うまでには抑うつ …