ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病で仕事を休職してから、復職するときに注意したいこと

うつ病で仕事を休職したら、いつかは「復職」の時期が来ますよね。

復帰の時期をいつにするか、担当する仕事はどうなるのか、そもそも働いても大丈夫なのかなど、色んな悩みにぶち当たると思います。

今回は復職するさいの注意点について解説します。

スポンサーリンク

復職に失敗しないためにはどうすれば良いのか?

ぼくがうつ病を患ったときは、すぐに会社を辞めてフリーランスになる道を選びました。

そう決断したのは、復職の失敗と再発を繰り返す知人を見ていたからです。

復職に失敗しないためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

うつ病の再発率が60%もあることを理解する

うつ病の再発率をご存知ですか?

厚生労働省の発表によると、なんと60%もあるんです。

まずはうつ病患者の半分以上が再発していることを理解し、社会復帰については慎重に判断していきましょう。

簡単な仕事を担当すること・時短勤務をやめる

もし会社に復帰したら、できるだけ通常業務をしてください。

復職に失敗した人たちを見ていると、「時短勤務」や「簡単な仕事を担当する」など、会社から何らかの配慮を受けていました。

もちろん体調と相談しながら仕事をするのは大切ですし、雇用側としても再発のリスクは避けたいでしょう。

しかし、このような特別扱いがかえって「自分は病気なんだ」という意識を増大させるケースがあるようです。

うつ病の完治は困難・「働きながら治す」という意識を持つこと

うつ病は「完治」が難しい病気です。

鬱になる人は何らかのメンタル的特徴を持っていますので、一時的に回復したとしても、将来的にまた再発する可能性もあるのです。

ですから「完治してから働く」のではなく、「働きながら治す」という意識を持ちましょう。

そうすれば、ある種の「決意」のようなものが生まれ、鬱を克服できる可能性が高まります。

crowd-of-people

「復職したくない」と思ったときにやるべきこと

うつ病で療養していると、働く気力がなくなると思います。

「復職したくない」と思うかもしれませんが、傷病手当金の受給期間を過ぎれば、また仕事をする必要があるでしょう。

会社に復帰するのが怖いとき、働く気力がないときはどうすれば良いのでしょうか?

自宅療養が「怠け」になっていないか振り返ってみる

うつ症状が回復してきたら、徐々に正常な判断力が戻ってきますので、まずは自宅療養がいつの間にか「怠け」になっていないかを確認してください。

やはり自宅でゆっくりしていると、後ろめたさがある反面、働かずにお金をもらうことが楽だと感じるようになります。

会社を退職し、お金の保証がどこにもなかったぼくでも、「しばらく働きたくない」と思ったのは事実です。

自責の念がでない程度に、自身を振り返ってみましょう。

専門医に診断してもらう

社会復帰できるかどうかについては、自分自身の感覚も大切ですが、専門医の診断はもっと大切です。

うつ病になりやすい人は生真面目ですから、復帰を焦るかもしれませんが、専門家の意見を大切にしてください。

ぼくも心療内科の先生から「もう働いていいよ」と言われるまでは、仕事をしませんでした。

鬱症状を診てもらい、客観的に判断してもらいましょう。

経営者・人事部と復帰時期や担当業務について相談する

うつ病がある程度のところまで回復したら、復帰時期や担当業務について会社と相談してみましょう。

会社に対して病状をオープンにしておけば、経営者や人事部としても復帰計画を立てやすくなり、バックアップもしやすくなります。

そして、復帰時期や担当業務を打ち合わせすることには、会社の空気に慣れて、徐々に心構えができるメリットも。

いきなり復帰するのは大変なので、少しずつ慣れていくことが大切です。

復職の失敗・再発する人の4つの特徴

もうお気づきかもしれませんが、復職に失敗し、再発する人は、ここまでまとめてきた真逆のことをしているのです。

具体的には以下の通り。

  • いつまでもイレギュラー勤務をしている
  • 「働きながら治す」という意識がない
  • 専門医に相談せず、自身の感覚で復職している
  • 打ち合わせなく、いきなり会社に復帰している

いつまでも時短などのイレギュラー勤務をしていると、「自分はうつ病なんだ」という意識が消えず、かえって病を引きずってしまうことに。

「働きながら治す」という意識が欠如していたり、専門医の忠告に耳を貸さず、自身の感覚で復帰するのも危険なことです。

そして、人事部や経営者とはメールだけでやり取りして、いきなり会社に復帰することは、ウォーミングアップなしでいきなり全力疾走するようなものです。

繰り返しになりますが、復職に焦りは禁物ですよ。

慎重に復帰準備をすること

会社に復帰すると決めたら、できるだけ慎重に準備を進めてください。

うつ病の克服には強い意思が必要ですから、まずは勇気を出して立ち上がること。

そして、立ち上がった自分をまずは褒めてあげて、その後はマイペースに準備していきましょう。

復職にはいろんな不安があると思いますが、家族や上司、同僚の力をうまく借りていきましょうね。

ミラクリから一言

復職は着実に。

 - メンタル

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

いつも何かに怯えてしまう人にオススメ! 人生を豊かにするコツ

  ぼくは、なぜかいつも「何かに怯えてしまうクセ」があります。 元々が心配性なのか、細かいことですぐに不安を感じたり、ちょっとしたトラブルがあったら「 …

【精神的に疲れたときの対処法】無理をして体を壊す前に対策を!

仕事や人間関係の問題で、精神的に疲れてしまうときがありますよね。 真面目な人は、落ち込んだときほど「これではいけない!」と自分を奮い立たせ、無理をしてしまいがち …

【流されやすい人の特徴と改善方法】人の意見に左右される性格と決別しよう!

「また人の意見に流されてしまった…」 そんなストレスを抱えていませんか? 本当はAがしたかったのに、頼み込まれて断れず、Bにしてしまう。 今日はAを食べようと決 …

働き過ぎる人から「ちゃんと休む人」になるための大切な考え方

ここ1年間、ほぼ休まずに仕事をしていました。 ぼくのようなフリーランスは仕事をしたぶんだけ報酬につながるとはいえ、「休まない」のは心身にとって良いことではありま …

【自分嫌いになる原因と対応策】自分に自信を持ち、好きになるには?

自分嫌いになると、人生そのものがつらくなりますよね。 過去のトラウマがあるから、なかなか自分を肯定できない。 コンプレックスがありすぎて、自分に自信を持つことな …

「もうちょっと楽に生きたい」脳科学者:中野信子氏が見せる”変人”の生きる道

  著書やテレビ出演で大活躍中の脳科学者、中野信子さん。 独特の語り口で人間の行動原理を説明するのがおもしろいですが、彼女が脳科学を勉強しようと考えた …

脳科学者・中野信子氏が教える「生きてるだけで丸儲け」の意味とは…?

  「努力は不要である」ということを分かりやすい論理で解説してくれる脳科学者の中野信子氏。 明石家さんまさんの「生きてるだけで丸儲け」という言葉があり …

【精神的に強い人の特徴】メンタルが強い人たちがやっていること、やらないこと

精神的な強さは、生まれつきなのでしょうか? たしかに遺伝的要因もありそうですが、多くの場合は「環境」と「習慣」によって育まれると思います。 精神的に強ければ、い …

【自尊心が低い人の特徴】その原因と自尊心を高める方法も紹介

自尊心が低くて困っていませんか? 自分の存在価値を認められず、なかなか自信を持てない。 「私はこういう人間だ」と胸を張って言うことができず、すぐに人の意見に流さ …

【生真面目な性格を直す方法】真面目すぎることのメリット・デメリット

「生真面目な性格」には良い面もありますが、常に息苦しさを抱えてしまう側面がありますよね。 度が過ぎて、周囲に気を使わせてしまうこともあるでしょう。 生真面目な性 …