ミラクリ

人生をより豊かにするブログ

鬱を打ち明けるのは恥ずかしいこと?ぼくがうつ病経験をオープンにする理由

うつ病を打ち明けるのは、とても勇気がいることです。

メンタルを病んでしまったことを恥ずかしく思い、家族や恋人にさえ告白できないかもしれません。

でも、ぼくはうつ病経験をできるだけオープンに、むしろ積極的に語ることは大切だと考えています。

なぜうつ病経験をオープンにしたほうが良いのか、その理由を解説します。

スポンサーリンク

うつ病であることを打ち明けるのは勇気がいる

うつ病であることを誰かに打ち明けるのは、とても勇気がいることですよね。

ぼくがうつ病になったときは、まず家族にどう打ち明けようか、会社の上司や同僚にどうやって告白しようか、かなり悩んだものです。

さすがに心療内科でうつ病を宣告されてしまうと、退職や収入の問題も関係してくるため、家族に相談するしかありませんでしたが、もし「軽度うつ」のようなものであれば内緒にしていたかもしれません。

同居している家族に打ち明けるのも大変なのですから、会社の人、知人、友人に告白するのはかなりの勇気が必要です。

鬱を告白するのが恥ずかしい理由

なぜ鬱を告白するのが恥ずかしいのでしょうか?

うつ病を患った当時のぼくには、いろんな複雑な感情がありました。

メンタルの病に偏見があった

まず、自分自身がメンタルの病に偏見を持っていたのです。

具体的には「うつ病なんて精神が弱い人がなるものだ」「どうせサボりたいだけだろ」という偏った見方ですね。

自分がそのような偏見を持っているのですから、人からも同じように見られるのではないかと怖くなりました。

当時のぼくは鬱を特殊な人だけがなる病気だと思っていたのです。

ノイローゼ扱い・過剰な気遣いが怖かった

自分がなるまではうつ病に関する知識がなく、ノイローゼのようなものだと思っていました。

うつ病を告白することで「あの人はおかしくなってしまった」と噂されるのが怖くなり、腫れ物に触るような扱いをされることにも恐怖を感じていました。

いま考えれば自意識過剰でしかありませんが、当時は本気でそう信じていたのです。

家族に告白したら気持ちが楽になった

うつ病を告白するまでには色んな葛藤がありましたが、まずは家族に打ち明けることにしました。

心療内科でうつ病を宣告されたときは、人生が終わったかのような気持ちになりましたが、勇気を出して家族に話したことで気持ちがスッと楽になりました。

ぼくは人に相談するのが苦手なのですが、このときばかりは素直に「助けて欲しい」と頭を下げることができました。

彼氏・恋人・親友などの身近な存在でもOK

うつ病になったときは、まず身近な存在に打ち明けましょう。

ぼくの場合はそれが家族でしたが、彼氏、恋人、親友でも構いません。

うつ病であることがわかっても変な目で見ることがない人、つまり信頼関係ができている人を頼ってください。

今まで誰にも頼らずに頑張ってきたからこそうつ病になったのですから、このときぐらいはストレートにSOSを。

うつ病の早期対策には周囲のサポートが必要なので、できるだけ早めに打ち明けてください。

うつ病と仕事:あなたは会社を休職する?退職する?

ぼくが鬱の経験をオープンにする理由

ぼくは人と話すときはもちろん、ブログやSNSでもうつ病経験をオープンにしています。

「仕事が無くなるリスクがあるから隠したほうが良い」と言われたこともありますが、むしろ積極的に語っていこうと思っています。

うつ病は恥ずかしいものではない

まず、ぼくはうつ病経験を恥ずかしいとは思っていません。

ストレスや睡眠不足などが重なり、たまたまうつ病を患ってしまいましたが、鬱は「風邪」のように誰でもなる可能性がある病だからです。

風邪になったことを隠す人はいない、それと同じことです。

ストレス・悩み・不摂生が鬱につながる可能性があることを伝えたい

うつ病はちょっとしたボタンの掛け違いによって生まれる病です。

睡眠不足やストレス、偏った食事など、ライフスタイルが原因になる場合もありますし、環境の変化によって患うことも。

ストレスは自覚できないものですから、知らない間に精神を蝕んでいきます。

おこがましいですが、うつ病経験をオープンにすることによって、鬱を良い意味で身近なものにしていきたいです。

うつ病の予防と対策を知ってほしい

うつ病にまつわる経験を伝えたいのと同時に、予防と対策についても広めていきたいと考えています。

ストレスを適切に解消をしたり、運動をしたり、バランスの取れた食事をすることでうつ病は予防できますので、まずは生活習慣を整えることが大切。

生活習慣のバランスが取れていれば、多少のストレスがあってもうつ病まで悪化することはありません。

ぼくは会社にいるだけで動悸が激しくなり、汗が止まらなくなるなど、本当に辛い鬱症状を経験しましたので、同じ思いをする人を少しでも減らしていきたいです。

うつ病経験者は意外とたくさんいる

勇気を持ってうつ病を打ち明ければ、経験者が意外とたくさん見つかります。

ぼくも自分が鬱を患うまでは、身近にこれだけたくさんの経験者がいるとは知りませんでしたし、再発に苦しむ人の存在に気づきませんでした。

身近にいなかったとしても、インターネットを使えば同じ苦しみを持つ人に出逢えるでしょう。

うつ病をオープンにすることは、完治への第一歩だと思います。

ミラクリから一言

恐怖を乗り越えたら協力者が現れますよ。

 - 考え方

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
スマホ時代はGoogle検索が激減する:「コンテンツの面白さ」だけが評価される時代に!
「怒ったことほどお金になる」はあちゅう氏が話す、好きなことを仕事にするメリットに笑った!

  大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されて …

「批判と向き合えない人は視野が狭い」とか、マジで言ってんの!?

    「批判との向き合い方」に苦しんでいる人が多いようです。 ここ2日ぐらいで「批判されること」についてリアルの知人から相談を受けたり、T …

VANQUISH代表:石川涼氏の「空気を読まず、時代を創る」考え方がスゴイ!

  メンズファッションブランドの「VANQUISH」を運営する「株式会社せーの」代表の「石川涼」さんがとにかくスゴイので紹介します。  

猪子寿之氏:全ての常識に懐疑的で「ランドセル」を背負っていた高校時代
「コスパ」の意味が分かったので、コッソリ教えよう。

自分が独立してからというもの、「いつ形になるか分からない仕事」に多額のお金と時間を投資したり、取引先との会食でお金をつかったり、会社員のときまではただ「経費」と …

「5年後こうなりたい!」を見据えて仕事を創る:はあちゅう氏が人気連載を辞めた理由がおもしろい!

  大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されて …

エニイ・ギブン・サンデー(映画):その1インチが勝利か敗北かを決める。

  映画のワンシーンに救われた経験がたくさんあります。 生きていると嫌なこともあるし、大変なことも多いものですが、映画のワンシーンによって魂が震え、奮 …

チームラボ:猪子寿之の極論(前編) クリエイティブは特別な才能ではない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …