ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病であることを相談できない?まず身近な家族・友人に打ち明けてみよう

うつ病であることは、人になかなか相談できませんよね。

ぼくが鬱を患ったときも、家族に相談するにも時間がかかりましたし、会社の上司に報告するときには心臓が飛び出そうなくらい緊張しました。

しかし、うつ病の回復には周囲の協力が必要不可欠。

まずは身近な家族や友人に打ち明けてみましょう。

スポンサーリンク

うつ病であることを相談できない

うつ病であることを人に打ち明けるのは、勇気がいることですよね。

なんとなく恥ずかしい、噂が広まるのが怖いなど、複雑な思いを抱くものです。

ぼくも鬱を宣告された後、いろんな不安を抱えましたが、人に相談することができませんでした。

「妻」という心強い味方がいなければ、もっと大変なことになっていたように思います。

鬱の悩みを相談できない理由

鬱の悩みを相談できないのは、いろんな複雑な思いを抱えるからです。

うつ病を患った当時を回想して、なぜ相談できなかったのかをまとめてみますね。

メンタルの病気であるとバレたくない

まず、メンタルの病を知られなくないという思いがありました。

きっと「うつ病 = 精神病」「鬱 = 心の弱い人がなるもの」という偏見をぼく自身が持っていたのでしょう。

だからこそ自分がうつ病になったことを恥ずかしく感じていたのだと思います。

知識を学んでいくとわかりますが、うつ病は誰でもなる可能性がある病ですから、恥ずかしがることはありませんよ。

会社の同僚や知人に噂されたくない

会社の上司や同僚に鬱を告白することに対して、なかなか勇気を持てませんでした。

自分のうつ病が噂になり、みんなに嘲笑されるのではないかと考えていたからです。

よくよく考えてみたら、メンタルを病んでしまった人をぞんざいに扱う人はほとんどいませんから、杞憂なのですが…。

ネガティブにしか考えられない鬱状態のときは、とにかく不安なほう、不安なほうをイメージしてしまうものですね。

ノイローゼ扱いされたくない

「うつ病 = ノイローゼのようなもの」と認識していたのも、鬱の告白を躊躇する原因でした。

ノイローゼは精神に異常をきたしてしまい、精神科に通うレベルの病ですが、鬱などの精神病とはまったくの別物です。

ちょっと大げさな言い方ですが、うつ病であることを告白することで、「精神に異常のある人」「おかしい人」と見られるのが嫌だったのでしょう。

うつ状態のときは自意識過剰になる

ぼくの経験上、うつ状態のときは自意識過剰になるのだと思います。

うつ病の原因を理解し、療養することよりも先に、「人にどのように思われるか?」が先にきてビクビクしてしまうのです。

いま思い返せば笑える話ですが、当時は至って真剣でした。

できるだけうつ病であることを隠したかったですし、できるだけ平常通りの生活をしようとしました。

でも、それがむしろストレスを増加させ、鬱症状を悪化させたのかもしれません。

yellowcrosswalk

うつ病の療養と克服には周囲の協力が必要不可欠

完治したいま痛感しているのは、鬱の療養と克服には周囲の協力が必要不可欠であるということです。

以下のように、自分1人でできることなど何もないのです。

  • 療養するなら、家族の理解が必要
  • 会社を休職するなら、上司や部下の協力が必要
  • 自宅で休養しながら鬱を克服するなら、家族と友人のサポートが必要

生活習慣の改善や、日々の予防は自分の努力も必要ですが、誰かのサポートなしに鬱は絶対に克服できません。

勇気が出ない、恥ずかしい、いろんな感情があるかもしれませんが、思い切って打ち明けるしか道はないのです。

まずは勇気を出して家族・親しい友人に鬱を打ち明けてみる

いきなり他人に告白するのは勇気がいるでしょうから、まずは家族や親しい友人に話してみてください。

ぼくがうつ病を患った当時はすでに結婚しており、妻には自動的に知られていました。

体が震える、動悸が激しくなるといった鬱症状をしばらく隠していたのですが、そのうち家族から見ても分かるぐらいに悪化してしまい、妻が受診を勧めてくれたのです。

メンタルクリニックで「うつ病です」と宣告されたときは頭が真っ白になり、帰宅してからしばらくは妻に言うことができませんでした。

同居している家族でもそのような状態でしたから、離れて暮らす両親にはなかなか報告できませんでした。

それから1週間後にまずはメールで、3週間後に会って鬱を報告しましたが、とても緊張したことを覚えています。

徐々に会社の上司・同僚・知人に鬱を告白する

家族に鬱を報告したら、気持ちが少しだけ楽になりました。

すると、会社の上司や同僚に報告をする勇気が少しずつ湧いてきたのです。

当時、ぼくの鬱症状はひどく、まともに働けるような状態ではなかったため、会社を辞めることにしました。

人間関係に苦しんでいたこともうつ病の原因だと認識していましたので、休職をしてなんとか克服できたとしても、会社に復帰したら再発するような気がしたからです。

できるだけ早く会社を退職するためには、まず上司に報告し、そのあと同僚たちにも伝えて協力してもらうことが必要なので、モタモタしている暇はありません。

上司に「少し時間をいただけますか?」と言い、2人きりになったとき、心臓が飛び出そうなぐらい緊張しました。

鬱の報告に対して、「どのような表情で、どのようなリアクションが返ってくるのか?」想像するだけで、 本当に怖かったです。

幸いなことにすぐに理解してくださり、できるだけ短期間で退職できるように協力してくださいました。

鬱の告白は確かに不安ですが、協力して欲しい人たちに話さなければ何も状況は変わりません。

鬱症状がもっともっと悪化したら、余計に迷惑をかけることだってあるのです。

本当に困ったときは24時間営業の相談所に電話してみる

家族や友人にさえ、どうしても鬱の不安を相談できない場合は、相談所を活用するのも大切です。

うつ病を患ったときに1人でいると、強い孤独感や病気になったことへの罪悪感を抱えてしまい、思い詰めることが多いもの。

誰かに相談するのが一番ではありますが、どうしても勇気を出せないときは電話・メール相談から始めるのも良いでしょう。

たとえば以下のような無料相談窓口があります。

  • こころの健康相談統一ダイヤル(内閣府)
  • よりそいホットライン
  • NPO法人 国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター
  • いのちの電話 一般社団法人日本いのちの電話連盟
  • 働く人の「こころの耳メール相談」
  • お悩みクラウド「Moyatter」
  • 悩み辞典 無料悩み相談

思い詰めすぎると、普段の自分からは想像もできない感情的な行動をするようになりますので、手遅れになる前に相談してみてください。

具体的な相談窓口については、以下の記事で紹介しています。

そして、勇気が湧いたら、身近な人に相談していきましょう。

ミラクリから一言

元気になれたら、いくらでも恩返しはできます。

 - 人間関係の不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「気持ちに余裕がない→他人を攻撃したくなる病」を解決してみた。

    気持ちに余裕がないときって、「他人を攻撃したくなる病」にかかりませんか?   最近ちょっと仕事が立て込んでいまして、気持ち …

共感力ゼロ! それでも「空気を読めない人」だけが頼りになる。

    ぼくはよく人から相談を受けるんですよ、昔からそうです。 あまりにも相談を受けるので「ぼくは人の気持を理解できる人間なんだ、うんうん」 …

「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。

    リアル社会で「会ってください!」「売ってください!」「紹介してください!」など、やたらと「クレクレ詐欺」をしてくる人には注意をしてい …

会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

  友だちから「厚みのあるクズだね!(ニコッ)」と言われて強く生きていこうと思った小林です。 自慢できることではないが、ぼくは人から嫌われたこと、理不 …

うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきこと

うつ病が原因で人間関係が悪化してしまうケースがあると思います。 「腫れ物にさわるような扱いを受ける」というよりは、重いうつ症状の影響で関係がギクシャクしてしまう …

【自分を信用しないこと】他人の言葉を自分化して受け入れる。すると想像もしなかった方向に道が開ける

    いきなり変な話だが、ぼくは自分のことをほとんど信用していない。 自分の思考や認識している性格、過去の出来事への解釈も含めて全くと言っ …

人間関係が原因でうつ病になったときの対処法

うつ病の原因になりやすいのが「人間関係の悩み」です。 何らかのトラブルならすぐに解決できますが、人間関係はなかなか難しいもの。 強いストレスを感じていたとしても …

伝えたいことがあるなら、激しい言葉を使わないほうがいい。

    今よりもどっぷりインターネットウォッチをしていた時期があった。 ニュース、メディア、ブログだけではなく、炎上案件や、誰かと誰かが激し …

悩みを相談するのが上手な人と、下手な人の4つのちがい。

      この記事を書いてる時点で、ぼくは沖縄にいる。 不思議なもので”非日常”に飛び込んだときに限って、「相談」と称してLIN …

「あなたのためを思って言っているんだ」には、どう対処すればいいのか?

    「あなたのためを思って言っているんだ」   そんな前置きのもと、厳しい”アドバイス”を受けたことは一度や二度ではありません …