ミラクリ

鬱から成功するブログ

本気で悔しいときに人前で泣ける強さ

「会社の上司に怒られて、みんなの前で泣いてしまいました。大人として、プロとして本当に恥ずかしいです」

読者の方からこんなメッセージをいただきました。ありがとうございます。

ただ、「大人として、プロとして本当に恥ずかしい」のあたりが、ぼくには理解できませんでした。

人前で泣けるのは「強さ」ですよ、むしろ。

スポンサーリンク

「大人は人前で泣いてはいけない」が理解できない

大人って、人前では泣かないものなのでしょうか?

「いい大人が人前で泣くなんて…」という言葉を聞いたことはありますが、なんで泣いちゃダメなんですかね。

映画に感動することだってあるし、あまりの名曲に心を揺さぶられることだってある。

親友の結婚式で涙することだってあるでしょう。

でも、問題になる涙の種類は、これら以外のことだと思います。

仕事のこと、人間関係のこと。

つまり「大人の世界」で涙を見せてはいけないということですよね。

ちょっと意味がわかりませんよね。
 

「プロなら涙を見せるな」の意味がわからない

仕事の世界でも、「プロなら涙を見せるな」というようなことが言われています。

おそらく「同情を誘うな」「涙を武器にするな」というニュアンスなのでしょうが、明確な意味はわかりません。

その割には、仕事の世界のあちこちで言われているように思います。

ストイックなタイプが使いそうな言葉ですが、自分に甘々なぼくとしては、よく分かんないんですよね。

つい3日前も、人間関係のトラブルでワーーーンって泣きましたし。

 

プライドが邪魔をして泣けないだけでは?

ぼくは思うんです。

人前で泣かない、もしくは泣けないのは、プライドが邪魔しているのでは?と。

涙なんて衝動的に出てくるものですから、堪らえようとしても無理ですよね。

「プロだから」「大人だから」の理由で涙をブロックできるとしたら、本当に超人ですよ。

尊敬です、尊敬。

感情のコントロールができて、涙腺を調節できるなんてリスペクトしかありません。

その一方で、押し殺した感情があるのでは?と心配になってしまいます。
 
cry
 

悲しいとき、悔しいときにちゃんと泣ける人は強い

ぼくは人前で泣けるのは、むしろ強さだと思いますよ。

だって普通は恥ずかしいじゃないですか、人前で泣くなんて。

ライバル視している同期や、いいところを見せたかった上司の前で泣くなんて、顔から火が出るほど恥ずかしいですよね。

でも、逆に言うと恥なんか気にしていられないほど悔しかった、悲しかったということじゃないでしょうか。

裏を返せば、それだけ本気だったということですよね。

人目を気にしない人のほうが、よっぽど強いと思いますよ。

 

「察して欲しい」が通じない人もいる

「察して欲しい」が通じない人もいるんですよ、世の中には。

もちろん察し合える関係が理想的ではありますが、それができないから人間関係に苦しむわけで。

涙を見て初めて「あぁ…この人は悲しんでいるんだ…」と感じる人もいる。

いくら言葉で伝えても、不満気な態度で示しても、理解できない人は理解できないんです。

じゃあ本心をズバッと伝えたほうが、よっぽど良いコミュニケーションになりますよね。

それがたまたま「涙」という形だっただけで。

 

「カッコ悪い自分」「弱い自分」をさらけ出せば協力者が現れる

カッコ悪い自分とか、弱い自分をさらけ出すと、必ず協力者が現れますよ。

数は少ないかもしれませんが、ビハインドを背負った人間に手を差し伸べてくれるようなタイプですから、力があることは間違いありません。

でも、小さなプライドが邪魔をして、「私は平気」と言い続けていると、いつの間にか隙がない人になってしまいますよ。

隙がない人って近寄りがたいんです、完璧だから。

つまらない助言なんか跳ね返されるような気がするし、助けなんか必要ないように見える。

高い意識を持っている人ほど完璧な人間を目指すみたいですが、誰にも頼れないなんて大変ですよ。
 

恥じることはない・もう一回がんばろう

冒頭のメッセージをくださった方に言いたい。

人前で泣いたからって恥じることはないですよ。

むしろ何もかも脱ぎ捨てて涙を見せたことは、ものすごく大きなことだと思います。

職場の空気を壊したかもしれないし、一時的に冷ややかな目を向けられるかもしれない。

でも、そんなことは自分が思っている以上にすぐ忘れられます。

その涙によって、あなたが何を感じ、何を考えていたのかは、十分に伝わったはずです。

もう一度、いや何度でも思い切っていきましょう、

ミラクリから一言

ぼくの前で泣かれるとオドオドしますけども。

 - ストレス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

早く忘れたい!公衆の面前で恥ずかしい失敗をしたときの対処法

「早く忘れたい失敗」は、誰にでもありますよね。 ぼくにもそんな失敗がいくつもありますし、今でも20年以上前の失敗を思い出すことがあります。 顔から火が出そうだ… …

【優柔不断な人の10の心理的特徴】その原因と改善方法も紹介します!

優柔不断な性格にイライラしていませんか? あるいは優柔不断な人を見て、ストレスを溜めていないでしょうか? 二者択一(二択)なのに、どうしても悩んでしまう。 ある …

【何もかもがうまくいかない】つらい状況から立ち直る10の方法

人間関係、仕事、恋愛など、何もかもがうまくいかない。 理想的な状況からはかけ離れすぎていて、もうどうしようもない。 どれだけポジティブに生きている人にも、そんな …

「努力できない人」が「努力する人」になる方法

「努力できないこと」がコンプレックスになっていませんか? まわりの人はみんな何かに打ち込んでいたり、やりたいことをやっているのに、自分には目標がない。 目標がな …

【温厚な人の8つの特徴】些細なことでイライラしない人になろう

身近に「温厚な人」はいませんか? ちょっとやそっとのことでは動じず、いつも笑顔。 価値観や意見の違いにも寛容で、どんなことでもポジティブに捉える。 それゆえに、 …

【人間関係のストレスを解消する方法】人付き合いに疲れたときにおすすめ

どんな立場の人にとっても、人間関係は大切ですよね。 どれだけ人付き合いが苦手でも、人が生きていくうえでは周囲と協力し、仲間と助け合うことが必要です。 そこで悩み …

【社会不適合者の特徴】一般常識になじめない人にも適職がある

「社会不適合者」とは、どのような人を指すのでしょうか? SNS上でそう自称する人も増えましたが、本当の社会不適合者には決定的な特徴があります。 彼らにとって社会 …

【プレッシャーに打ち勝つ方法】ストレスを克服し、楽しさに変える

プレッシャーを感じて、本来の実力を発揮できなかった経験はありませんか? 人からの期待に応えようとしたり、過剰に責任を感じたりすると、失敗するのが恐くなると思いま …

【憂鬱な気分を解消する方法】気分が落ち込んだときの過ごし方

憂鬱な気分になるのは嫌ですよね。 憂鬱になったときは、何かをする気力が無くなってしまいます。 仕事や人間関係など、憂鬱さの原因が明確なら対策もできますが、なぜか …

【3分でできる】心と体の疲れをチェックするストレス診断テスト

ストレスを自覚するのは難しいですよね。 「ストレスなんか感じたことがない」という人がうつ病になったり、ストレス耐性がありそうな人が急に体を壊してしまうのは、よく …