ミラクリ

鬱から成功するブログ

Twitterはオワコンとか言われてるけど、生々しく評価される市場と同じだよ。

 

二年ぶり五回目ぐらいでTwitterにハマっています(推定

意識高い人たちの間では「Twitterってまだ流行ってんの? オワコンじゃないの?」「え? 誰がそんなにやってんの??」というコメントも散見されるわけですが、年末年始の間に色んなSNSやメディアを研究した結果、「Twitterってすごいんじゃね? そしてかなり厳しい世界なんじゃね?」ってコトに気づきました。

 

でも中毒には注意しなきゃね。

参考:Twitter中毒が危険だと思う3つの理由.

スポンサーリンク

Twitterは市場そのもの:生々しく評価されるシビアな世界である

Twitterって「市場」そのものだと思うんですよ。

だって匿名、実名が入り乱れ、基本的に誰も知り合いがいないところからのスタートです。(友だちとつながるために利用している人は除きますよ。)

 

つぶやきはシビアに評価される

  • 面白ければリツイートされる
  • 面白ければファボ(お気に入り登録)される
  • 面白ければフォローされる

 

でも…

 

つまんなければ何も起こらない…。

(おばちゃんが「だーれも来やしねぇ」って水まいてる感じw)

 

これってリアルな人間社会と同じじゃないですか??

価値を生み出せる人じゃないと見向きもされないんですよ…。これは厳しい世界だけど、先日も記事に書いた「生々しい社会の現実」そのものなんですね。

参考:学校で教えて欲しかった社会の現実(12個).

 

 

Facebookは知り合いが前提:評価されるのは当たり前

逆にFacebookはどうでしょうか。

ビジネスライクに友達申請を送りまくってる「ご縁に感謝!おじさん」や「超絶スパム美女」を除き、基本的に友だちや知人とつながることが前提です。

 

多少つまらないオヤジギャグを投稿したり、特筆すべきものでもない写真を投稿しても漏れ無く「いいね!」がもらえます。(これに気を良くして「非日常」でしか無い光景や、心の中を克明に晒すポエム、そして自分がいかに沢山の人と繋がってるか?をアピールする投稿をして「Facebook疲れ」なるものもあるらしいです。)

 

隣に住んでる人が「煮物を作りすぎたから〜」と持ってきてくださったのに、目の前で口に含んで「マズッ」とは言えないみたいに、Facebookは「気遣いの文化」がすでにあるんですよ。

 

twitter

 

 

Twitterユーザーにも階層はある。でも面白い人が注目される!

もちろんTwitterにも階層があります。

 

階層はザックリ4つ!

1.著名人

孫正義さん、堀江貴文さん、三木谷浩史さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん etc…

 

2.有名人

勝間和代さん、やまもといちろうさん、乙武洋匡さん、ちきりんさん etc…

 

3.アルファツイッタラー

みつばさん、たらればさん、深爪さん、燃え殻さん、メイロマさん etc…

 

4.一般ユーザー

プロフィール画像

わたくしw

 

こんな感じです。

「1」と「2」はTwitterを始めた時には既にネームバリューがあって、アカウント開設した時点で大量のフォロワーが集まるような人で、一挙手一投足が注目されるような層なので別格です。

 

でも「3」の層は、実は匿名の方も多く、純粋につぶやきの面白さ、過激さ、独特さが評価されて年単位で着実にフォロワーを増やした人たちなんですね。最近でもアカウント開設数ヶ月でフォロワーを数千単位で獲得するような匿名ユーザーもいて、面白いなぁ(8割嫉妬)と思って眺めています。

 

 

「誰かにとって有益なアウトプットができるか?」を試したければTwitterが圧倒的におすすめ!

Twitterの使い方は人それぞれでしょう。

情報発信、思考メモ、ただの暇つぶし、日記、メモ、連絡手段などなど。

 

「人に評価されることなんて求めていない」という方は例外ですが、少しでも多くの人に自分の考えを知ってほしい、少しでも多くの人と繋がってみたい、自分が考えていることはおかしいのか?なんて考えている人にはTwitterが圧倒的にお勧めです。

 

自分で鍛錬しなければ、これからは「自分で考える力」に格差ができるのは間違いありませんから。

 

当然ながらおばちゃんが水をまく状況も想定できるわけですが、それはシンプルに「俺のアウトプットって面白く無いんだなぁ。会社の人が笑ってくれるのは合わせ笑いなんだなぁ」と判断できますw

 

もしかしたらTwitterをバカにしている意識高い層は、無意識に自分のアウトプットが丸裸で評価されるのが恐いのかもしれませんよw

 

 

ミラクリから一言

ちゃんと仕事もしますw

 - ブログ

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

朝礼の話はなぜ忘れ去られるのか? NewsPicksで磨かれる刺さるコメント力

  学校や会社での朝礼の話ってほとんど記憶に残りません。 立場のある人が「ありがたいお話」をしてくださるのですが、終了して数分もすると「で、何の話だっ …

暇な女子大生は俺たちだけのアイドルではなくなっただけだ!
プロブロガー年収は500万円? でも募集要項はブラック企業なみだからよく考えてね!

  「ブログで飯を食う」 ブログで収入を得て生活をするプロブロガーが増えてきた印象ですが、それぞれのポジショントークとして「会社員ブロガー vs プロ …

【ブログ飯の著者】染谷昌利さんのコンサルを受けたら、ブログの全てが変わった

ぼくは、このブログのおかげで人生が変わりました。 「人生が変わった」なんて大層に聞こえるかもしれませんが、このブログを通じて人と出会い、仕事にもつながり、それで …

「知識が浅い、考えが甘い!」への恐れを克服する方法

    「知識が浅い!」「考えが甘い!」 こうして毎日ブログを書いていると、そう指摘されることもありますが、ぼくは基本的に厳しい指摘があって …

3つのブログに震えた…。 心が揺さぶられる文章の特徴

    ここ最近、思うところあってインターネット上の文章はできるだけ読まないようにしています。 理由を話せば長くなりますが、要約すると「誰か …

スマホ時代はGoogle検索が激減する:「コンテンツの面白さ」だけが評価される時代に!
【140文字の文学者】 燃え殻さんのコトバに救われていく日常

  遊びの要素が強いツール「Twitter」で救われることがある。 見知らぬ誰かの言葉に救われたり、悩んでいたことへのヒントを見つけたことは一度や二度 …

元受刑者ブロガー「イノシシさん」にお会いしたら、熱い人すぎて火傷したよ。

  「人に会いたいときには、相手に対するメリットを提示できなきゃだめだよ!」 そんな「クレクレ詐欺」というテーマで記事を書いておきながら、自分が詐欺を …

なぜ僕のブログは誰にも読んでもらえないのか? 3つの問題点

  「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。.という記事が久しぶりにソーシャル中心で大きなアクセスを集めた。このミ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です