ミラクリ

鬱から成功するブログ

成長したいならドMになって「自分よりレベルの高い人」と付き合った方が良い理由

 

タイトルに有るような格言は、意識高いビジネスの世界ではよく言われることです。

でもそれを自分なりの言葉にしてみると、どうにも納得できる形にはならなかったんですが、自分の経験を振り返った時にちょっとずつ明確になってきました。ぼくは昔から目上の人とお付き合いする習慣があって、同年代や年下の人との付き合いが少ないんですね。しかも「年齢=実力」ではないので、自分よりもレベルが高い人ということになります。

 

いまビジネスパートナーになってくれている人も、年下だけど戦闘力はぼくの38倍ぐらいです(恥)なんで自分よりもレベルの高い人と付き合った方が、成長につながるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「新卒で就職しないとやばいぜ圧力」は確実に存在する

こちらの記事がすごく面白かったのでぜひ一読を!

新卒で就職しないとやばいぜ圧力っていうのは確実に存在する – 文系学生のプログラミング入門.

 

ぼくは運良く就活がすーーんなり決まったので、同級生たちと四苦八苦した記憶とか、自分自身が苦労した記憶なんて何もないんですけど、就活のときの空気感は少し覚えています。

 

仕事で大学卒業間近のイラストレーターの方とお話したときに、「卒業したらフリーでやっていきます。エヘッ」と言ってて、いかにも今どきではあるんだけども、同級生からの「なんなんアイツ?」という視線はすごいだろうなと容易に想像出来ました。

参考:「肩書き社会」を生き抜く方法はあるのか?.

 

「同調圧力」は、同じレベルの中で生まれる

なんだかんだ言って「同調圧力」とか「空気」に左右されてしまった経験は誰でもあるでしょう。

そして何か目標を持った時に「え??何この空気?こないだまだ”目標持って頑張ろう”って言ってたじゃん。実際にぼくは目標持ったらこれ??」みたいなことってあると思うんですよ。

 

コミュニティに属していることは安心ではあるけど、嫌な見方をすれば「監視しあってる世界」ということになるので、「目標持って頑張ろう!」と言って楽しく飲んでても、実際に目標を持つ人が現れると「え??なに本気にしてるの?目標持っちゃったら飲めないじゃんw」みたいなことになっちゃうんですよね。

 

「刺激し合える」「背中を押しあえる」と思ってたのに、実際は「刺激を吸収され」「足を引っ張られる」関係だったり。だからこそぼくは何か目標があるのなら「あえて孤独になる」ことを勧めるんです。

参考:本物の「意識高い系」とは、孤独と向き合える人である.

 

日光

 

「同じレベルの人」「自分よりレベルの高い人」の違いはこんな感じ

とは言え、社会生活を送っていくのに人間関係は重要で、そして願わくば日々成長できたほうが人生は楽しいですよね。ではどういう人と付き合えばいいかと言うと「自分よりもレベルの高い人」というのが結論になります。

 

同じレベルの人

「え?? なに本気にしてるの? 目標持っちゃったら飲めないじゃんw」

 

自分よりレベルの高い人

「え?? いつまでそこにいるの? 早くこないと置いていくよw」

 

どっちが自分のレベルアップや成長につながるかは明白だよね。

冒頭に紹介した記事で言えば「就活生同士」で群れていても解決策なんて無いんですよ。それなら会社員、起業家、フリーランスなど様々な立場の社会人とお付き合いして話を聞くことが大事で、そこから自分の意見を導き出せばいいんです。

 

そうすれば「同調圧力」なんて「え?それおいしいの?」と感じるはずです。

 

プライドなんか捨ててドMになろう!

同じレベルの人達と付き合うのは心地いいし安心、これは分かるw

そして自分よりもレベルの高い人と付き合うと「え?この人たちが何喋ってんのか全然分からねぇ!」とか「自分がやってることすらまともに説明できなかった…」とか色々頭打ちするはずなんですよ。(当たり前だけどwww)

 

ぼくもレベルの高い人と会うときは、前日までは楽しみだったはずなのに、当日には急激に嫌になります(笑)恥をかいたりすることが想像つくからです。

参考:利害関係の無い人を「メンター」にするなんて、ぬるすぎて話にならない。.

 

ミラクリから一言

あとね、自分よりレベルの高い人は、自分となんて群れてくれないから、これも結構大事(笑)

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「ベンチャー企業で働けば成長できる!」 その実態はコチラになります。

    「ベンチャー企業で働いて経験を積みたいです!」 そんな相談をよく受けますが、ベンチャーで働けば経験をつめて、ビジネスマンとして成長で …

【頭がいい人の12の特徴】賢い人になる方法とは?

「”頭いいね”って言われたい!」 「”切れ者”になりたい!」 それは誰もが一度は思うことではないでしょうか? 頭の良さが表れるところは、仕事、記憶力、アイディア …

「夢はほとんど叶わない」と認識するのは諦めではない:為末大のツイートに学ぶ

  「夢なんて叶わないよ~~!」って言われたらムカつきますか?? いつも胸に刺さるツイートをくれる「為末大さん」が、「夢」についてつぶやいた後の、周囲 …

【円満退職するための7つのコツ】気持ちの良い会社の辞め方とは?

会社を辞めるなら、できるだけ円満退職したいですよね。 退職までの時期をどう過ごせば良いのか、退職理由は本音で言うべきなのか、それとも建前が良いのか。 退職にあた …

無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

    フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。   「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ …

仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

「楽しい仕事」なんか存在しない。

    思い返せば「楽しい仕事」なんか無かったなぁ。たとえば工場でひたすらラベルを貼り続ける作業も、最初は退屈だったのに、いつの間にか楽しめ …

【残業200時間の世界】実際に体験した人が語る過労働の恐ろしさ

ぼくは以前、残業が月200時間、休みは月1日という過酷な会社で働いていました。 その会社の人たちはいい人ばかりでしたし、パワハラなどもありませんでしたが、労働条 …

「自分が勝てる場所を選べ!」林修氏が同期の東大生とは勝負しなかった理由が興味深い!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今のように予備校講師としてはもちろん、タレントとして人気になるまでには …

「仕事で成功したきゃ、キャバクラに行け!」→「は?」と思ってた自分を5発殴りたい。

    営業の仕事をしているとよく言われる言葉、それは「仕事(営業)で成功したきゃ、キャバクラ(夜の街)に行け!」というものだった。 &nb …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です