ミラクリ

鬱から成功するブログ

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

 

約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。

 

ぼくはキャラクターとして元新撰組の「斎藤一」が好きなんだけど、彼の言葉を見た時にふと立ち止まって考えさせられました。

 

スポンサーリンク

 

るろうに剣心:斎藤一の名言

斎藤一

引用元:るろうに剣心11巻

 

己の信念を貫けなかった男など

死んでも生きてても惨めなものだ

 

現代における信念とは、まずジコチューになること

この言葉はグサッと胸に突き刺さる反面、古臭い格言のようにも聞こえてしまう。

 

でも現代で考えた場合にその「信念」という言葉が少しずつ変わってきてるように思えるんだ。

何と言うか、信念というと「社会貢献」とか「いま自分がやっていることへの想い」のようなニュアンスがあるんだけど、現代ではそれが「自分の幸せ」とか「自分が目に見える範囲の人たちの幸せ」に変わりつつある。

 

つまり何か社会的に大きなことをやらなくても、小規模でも自分や周囲が満足できればイイ、そんなジコチューにも思える意味合いになってきてるんじゃないかな。

 

「でっかい事業をして大金持ちになる」「社会的に成功してより多くの人に貢献する」「世界を変える商品やサービスを生み出す」なんてことを考えなくても、できることをじっくりやればいいんだよね。

 

なぜかと言うと、昔はお金持っている人とか、有名人とコネクションがあるとか、それこそ天と地をひっくり返すほどのエネルギーを持ってるような特別な人にしかチャンスを獲得する機会は無かったわけだけど、現代では無名の個人でもやっていけるチャンスがあるから。

 

自分の信念の意味合いが時代とともに変わっているから、まずはジコチューになることから始めていくのがいいかもね。

 

ミラクリから一言

まぁ、そんなに難しく考えなくても大丈夫だけど(笑)

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

茂木健一郎氏「IQと才能は関係ない」:ウチの子供を「天才」に育てるために必要なこと

  変化の激しい現代では「考える力」こそ重要ですよね。 でも「暗記型」の日本教育の中で、どうすれば自分で考える力が養われ、「天才」と呼ばれるような人を …

【夢、死ね!】口だけ夢想家オヤジにならないために、全人類必読書

  ・夢よりも目標を持て ・夢は時に人生を狂わせる ・仕事をする最大のモチベーションは「怒られないこと」にある ・社会人にも小者は大勢いて、仕事とは、 …

社会人になった最初の三年間はとにかく「極端に」働いた方がいい理由

  ぼくは二十歳から社会人になったから、もう13年は働いてるんだなぁってふと。 かなり早かったような気もするけど、ここまですごく濃密で充実してました。 …

「担当者が休みです」なんてお客さんには関係ないよね?

  ちょいちょいブログに書いていますが、先日引っ越しをしました。 参考:引っ越ししたら年間60万円コストダウンできたよ!.   役所への届け …

【イマドキの新入社員の実態】すぐに会社を辞めてしまう新卒との付き合い方

「新入社員との付き合い方」については、いつも悩みますよね。 先輩社員は、自分がしてもらった教育をそのまま新入社員にも当てはめがちですが、若者の意識は時代とともに …

脳を快楽状態に! 脳科学者:中野信子氏が教える「結果」よりも「プロセス」の大切さがスゴかった!

  脳科学者「中野信子」さんのお話が衝撃的だったので紹介します。 何か目標がある場合は「結果」よりも「プロセス」に着目した方が、自分でも信じられないぐ …

マニュアルがないから仕事ができない? ルールから決めた方が仕事は楽しい!

  会社で初めて部下を持った時に、意識のギャップがあることに驚いたのを思い出しました。 サラリーマンとして会社勤めをして13年間、会社も何を血迷ったの …

「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

  「リーダー論」がよく話題になる。 景気もよく、ある程度予測が可能な世界であれば、少し先の未来を予測し、根拠に基づいて行動できるリーダーが必要だった …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

「自分が勝てる場所を選べ!」林修氏が同期の東大生とは勝負しなかった理由が興味深い!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今のように予備校講師としてはもちろん、タレントとして人気になるまでには …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です