ミラクリ

鬱から成功するブログ

「臆病と強さは相反しない」バガボンド:伊藤一刀斎の名言が突き刺さる!

 

今年に会った人たちの中には、底抜けに明るい人たちが何人かいました。

元々明るい性格、いわゆる「根明(ネアカ)」な人ではなく、崖っぷちにいた経験がそうさせたみたいなんですよね。

 

そんな人たちを見た時に、漫画バガボンドの「あの名言」を思い出しました。

 

スポンサーリンク

 

バガボンド:伊藤一刀斎の名言

伊藤一刀斎

引用元:バガボンド19巻

 

死の際を知り

臆病になり

なおかつ臆病を越えて前へ出ていく勇気

それが強さ

臆病と強さは相反しない

 

崖っぷちを知っている人が強い理由

死の際とまでは言わなくても、崖っぷちの経験がある人は強い。

それは単なる経験がもたらすものではなくて、崖っぷちにいるときの恐怖と向き合って、なおかつ生還した人だけが持つ強さみたいなもの。

 

企業を倒産させ、自己破産もして悲惨な目にあったのに、いままた前向きに会社を興して頑張っているような人は底抜けに明るいんだよね。自分のメンタリティから見れば、「もっと神妙になっても良さそうなのに…」とか思ってしまう。

 

でも底をしっているからこそ、日常とか天のありがたみが分かるのはあるかもしれない。

ぼくも独立してからは業績やお金の恐怖と向き合ってきたけど、だからこそ人のありがたみや、仕事があることのありがたみを理解できるようになった。

 

人生は続く。

 

ミラクリから一言

「生きたい!」と思うから強くなるのかも。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

    天才的な人にお会いすることがある。 ・どんな人でも、自分の領域に引き込んでしまう人 ・アイディア力・行動力がすさまじい人 ・とんでも …

マニュアルがないから仕事ができない? ルールから決めた方が仕事は楽しい!

  会社で初めて部下を持った時に、意識のギャップがあることに驚いたのを思い出しました。 サラリーマンとして会社勤めをして13年間、会社も何を血迷ったの …

なぜ人は「問い」を持つと可能性が広がり、「答え」を知ると立ち止まるのか。

    ぼくはフリーランスで、ライター業をメインに仕事をしています。いまは毎朝5時に起きて、一日合計で3万文字の原稿を12〜15時間ほどかけ …

無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

    フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。   「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ …

「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

  「リーダー論」がよく話題になる。 景気もよく、ある程度予測が可能な世界であれば、少し先の未来を予測し、根拠に基づいて行動できるリーダーが必要だった …

大嫌いだった上司に教えてもらった、「まじめな会社員」4箇条

    その昔、どう逆立ちしてもそりが合わない上司がいた。 その方から教えてもらった「まじめな会社員」であるための極意を書いたメモを見つけて …

「自分を信じるな、他人を信じろ」:鳥井謙吾氏の名言が突き刺さった。
no image
自己啓発と真逆!? 高城剛氏が教える「引き寄せない法則」がすごい!

ぼくは高城剛さんを尊敬していまして、毎週金曜日に配信される有料メルマガ「Future Report」を購読しています。いつも刺激的な内容に心躍るわけですが、「読 …

no image
「窓際族」から勝ち組になれたのに虚しかった経験。人のために働く大切さ。

    営業一年目は、ほとんど成績を残せなかった。 うろ覚えだが、10人の営業マンのなかで7番目ぐらいだったと記憶している。どうせならぶっち …

いい大人の悔し泣きは気持ち悪い? それは理想を持っている証拠だよ。

  ぼくがいつも読ませてもらっている「えいたろうさん」のブログを読んでいて、心に留まったエントリーがありました。(悔しいという気持ちがある限り、年齢に …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です