ミラクリ

鬱から成功するブログ

「臆病と強さは相反しない」バガボンド:伊藤一刀斎の名言が突き刺さる!

 

今年に会った人たちの中には、底抜けに明るい人たちが何人かいました。

元々明るい性格、いわゆる「根明(ネアカ)」な人ではなく、崖っぷちにいた経験がそうさせたみたいなんですよね。

 

そんな人たちを見た時に、漫画バガボンドの「あの名言」を思い出しました。

 

スポンサーリンク

 

バガボンド:伊藤一刀斎の名言

伊藤一刀斎

引用元:バガボンド19巻

 

死の際を知り

臆病になり

なおかつ臆病を越えて前へ出ていく勇気

それが強さ

臆病と強さは相反しない

 

崖っぷちを知っている人が強い理由

死の際とまでは言わなくても、崖っぷちの経験がある人は強い。

それは単なる経験がもたらすものではなくて、崖っぷちにいるときの恐怖と向き合って、なおかつ生還した人だけが持つ強さみたいなもの。

 

企業を倒産させ、自己破産もして悲惨な目にあったのに、いままた前向きに会社を興して頑張っているような人は底抜けに明るいんだよね。自分のメンタリティから見れば、「もっと神妙になっても良さそうなのに…」とか思ってしまう。

 

でも底をしっているからこそ、日常とか天のありがたみが分かるのはあるかもしれない。

ぼくも独立してからは業績やお金の恐怖と向き合ってきたけど、だからこそ人のありがたみや、仕事があることのありがたみを理解できるようになった。

 

人生は続く。

 

ミラクリから一言

「生きたい!」と思うから強くなるのかも。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

本田圭佑に学べ!「成長する人と、しない人」の決定的な差は何なのか?

  何事においても、「成長する人」と「成長しない人」にはどこに差があるのでしょうか。 自分自身や周囲の人の事例から、いつも不思議に思って考えていました …

「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

    天才的な人にお会いすることがある。 ・どんな人でも、自分の領域に引き込んでしまう人 ・アイディア力・行動力がすさまじい人 ・とんでも …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

学校で教えて欲しかった社会の現実(12個)

  大人が「夢なんかほとんど叶わないよ」と言うと、「夢を持つことは大事だ!」「子供に現実を教えてどうする!」「お前の失敗を他人に押し付けるな!」「子供 …

消費が終わり、感動するものだけが残る時代の仕事

ファッションの街、大阪・南堀江で人と待ち合わせをしていた。 待ち合わせまであと15分あるが、カフェに入るほどの時間はない。 仕方なくファミリーマートで買ったアイ …

「自分を信じるな、他人を信じろ」:鳥井謙吾氏の名言が突き刺さった。
成長したいならドMになって「自分よりレベルの高い人」と付き合った方が良い理由

  タイトルに有るような格言は、意識高いビジネスの世界ではよく言われることです。 でもそれを自分なりの言葉にしてみると、どうにも納得できる形にはならな …

仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

no image
「窓際族」から勝ち組になれたのに虚しかった経験。人のために働く大切さ。

    営業一年目は、ほとんど成績を残せなかった。 うろ覚えだが、10人の営業マンのなかで7番目ぐらいだったと記憶している。どうせならぶっち …

無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

    フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。   「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です