ミラクリ

鬱から成功するブログ

「赤ちゃんが乗っています」シールがオシャレすぎると余計に子供が危ない問題について

 

自分が子供を育てるようになってから「赤ちゃんが乗っています(Baby in Car)」のシールを貼りました。

 

ぼくとしては「事故が起こった時に救出してもらえるように」という意図で貼ったのですが、しばらくするとその意味合いがバラバラなことが分かってきました。全てはシールが商業化され、おしゃれなものになってきたことに原因があるように思いますが、とても危ないですよ。

 

スポンサーリンク

 

「赤ちゃんが乗っています(Baby in Car)」のシール起源

その起源には諸説あるようですが、ぼくは下記を信じています。

 

昔、外国で実際にあったそうですが、事故でめちゃくちゃになった車からレスキュー隊が運転手・同乗者を救出したのですが小さい赤ちゃんが後部座席の間に挟まって隠れてしまっていることに気づかず救助しなかったそうです。

 

だからステッカーでできたとか。

引用元: 「赤ちゃんが乗っています」の意味って何?たまに、道路や高速道路、駐… – Yahoo!知恵袋.

 

もし車の事故を起こしてしまった場合に、自分が意識のある場合は良いですが、もし意識不明で救出された時に後部座席に乗っている子供の救出を指示することができませんよね。

 

だから、目立つ部分にシールを貼っておいた方が良いと思っています。

 

「あのシール何? 子供がいます自慢? 私にどうしろって言うの?」

固有名詞は控えますが、ある芸能人が「赤ちゃんが乗っていますシールって意味が分からない。私にどうしろっていうの?」と発言して話題になっていました。(ちなみにその方にも子供がいますw)

 

子供がいる場合は、安全運転を心がけてスピードを出さなかったりすることもありますが、そんな時にもあのシールがあれば「じゃあ、しょうがないか」と認識してもらえるのでは??と考えていましたが、社会はそこまで寛容ではないようです……(汗)

 

そして、わざわざ後方の車に「子供がいます自慢」をする理由はありません…。

 

babyincar

 

シールが商品としてオシャレすぎるのが問題

需要がでてくると、そこに企業が参入して商業化するのはどの分野でも同じです。

でも、この問題は人命に関わるので、過剰におしゃれなシールを商品化して、人々の認識をバラつかせるのは本当に怖いです。

 

そして「赤ちゃんが乗っています(Baby in Car)」の文言だけでは、何を意味するのかが分かりません。。。

 

対策1:シールの添付を道路交通法で義務付ける

まず「5歳以下の子どもを車に乗せる際には、後方にシールを貼ること」という義務付けをするべきです。そうすれば車に乗っている人はもちろん、レスキュー隊員も必ず後方にシールがあるかどうかを確認することになりますので合理的です。

 

そうするとシールを貼っていなかった場合に、子供に何かあっても「自己責任だ!」と今の日本社会では言われてしまいそうですから、日頃から警察の人も車内を確認して認識を普及させて欲しいですね。

 

要は免許証の携帯と同じ認識で、「赤ちゃんが乗っていますシール不携帯」も取り締まるのです。

 

対策2:シールに詳しい文言を入れて欲しい

そしてシールを変にオシャレにするのではなく、「この車には子供が乗っています。万が一の事故による救出の際には、必ず後部座席も確認してください!」と具体的に記すべきですね。

 

そうすればシールを見た人によって認識がバラつくことも無くなり、適切な対処ができます。

 

 

シールの起源には諸説あるものの、どうせやるならキッチリとした認識でやらないと、子供の命が危険にさらされるので、かなり切実な問題ですよ。

 

ミラクリから一言

そう考えるとシールではなく、取り外し式のステッカーなどの方が良いですね。

 - 小林敏徳のコラム

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

bestbetter
「ベストよりもベター」を選ぶのは妥協なのか?

小林敏徳です。 人から見ればつまらないことで、よく悩むタイプです。 さて、またどうでも良いことで悩んでしまったので、ブログに綴りたいと思います。 「ベストよりも …

woman
「怒ってもらえたことに感謝」は社交辞令で、本当はトラウマでしかなかった

ある方から「怒ってもらえたことに感謝している」という話を聞きました。 この手の話はよく聞くわけですが、あらためてすごいなと思った次第です。 ぼくは「怒られたこと …

angry
怒りが憎しみに変わったとき、気持ちを落ち着かせる秘訣があった

「怒髪天」 今から3日前、ひさしぶりに腹が立つことがあり、半日ほどのたうち回っていました。 イヤなもんですね、怒りって。 「幸いなことに」とでも言うべきか、ぼく …

workinghappy
「仕事を楽しむ」 そのメリットを論理的に考えてみた

ある小説家のエッセイに、「オリジナルな文章を書くためには”楽しさ”を追求すること」といった趣旨のことが書かれていました。 間にあるはずの論理がごっそりと抜けてい …

丸源ラーメン
丸源ラーメン:実は最強!醤油とんこつラーメン(黒)に悶絶!

  チェーン店として有名な「丸源ラーメン」に行きました。 ぼくは別にグルメでもないくせに、昔はあまりチェーン店には行かなかったのですが、チェーン店に行 …

沖縄
イジメにあったら、逃げるしかないらしい。

  「もしイジメにあったら、環境を変えよう。」   ぼくの過去の経験から、イジメ相談をしてくる人には、そうアドバイスしています。 &nbsp …

matchingshoes02
「お揃い」で仲間を識別する若者たちに絶句した話

若者たちと話をする機会があった。 何から何まで自分とはまるで違う価値観に驚きながら、彼らの食欲に財布を痛めながら、楽しい時間をすごした。 ただ、彼らが身につけて …

キャンプ場
「変わってる人」の法則と3つの特徴

ついに「変わってる人」の法則を発見したんです。 「ぼくは変わってるんですよ〜」という自称変人は、かなりの確率で普通だったりしますよね。 昔は、常識にあてはまらな …

olympuscamera
「妥協の恋」はうまくいかない

新しいカメラを買いました。いまだにメーカーや機種の知識ゼロなんですけど、寝るとき以外、いつも首からぶら下げる勢いで使い倒してます。 はぁぁぁ、本当に買ってよかっ …

沖縄
「帰る場所がある」って、うらやましい。

  「生まれ育った地元」がある人のことを、うらやましく感じるんです。   ぼくは親の仕事の都合で、山口県で生まれて、長野県で育ちました。中学 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です