ミラクリ

鬱から成功するブログ

「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!

 

古川健介

引用元:YouTube.

 

たまたま目にした動画でとても面白い話がありました。

先日KDDIに会社を買収された「nanapi」を運営する「古川健介(けんすう)」さんのお話がとてもおもしろかったです。

 

文脈を理解しないと誤解しそうな内容なので、しっかりと読んでください(笑)

 

スポンサーリンク

 

古川健介:「行動」が変わらないと世界は変わらない

ぼくの中で「世界を変える」って一つしかないと思っていて。

「人の行動が変わること」しかないと思っています。

 

なのでぼくの会社はnanapiっていうハウツーサイトをやっているんですけど、nanapiを見て「こういうやり方があるんだ」と行動が変わってくれれば、世界が変わると思っています。

 

意識とかそういうものが変わってもたいして世界は変わらないと思っていて、実際の行動が変わって初めて変化していくものかなと思っていて、その行動が伴うものだけをやっている感じですね。

 

なんか意識って自分の中ではモヤっとしていて、なんか明日から頑張るぞ!とか、こういう感じで生きていこうと思っても、行動が変わらないと結局あんまり変化がないと思っていて。

 

「意識だけだと意味がない」っていう方が多分近いと思うんですけど。

意識を変えるようなことよりも、ぼくは行動を変えるところにフォーカスしようと思って生きているような感じですね。

 

自分の中のこう生きたいとかいうものが、自分ではあんまりなくて。

どう生きてきたかっていうと、色んな本とかマニュアルを読んでこの通りにやってみようというのだけで生きてきてるので、それで結構人生変わるなあって。

 

自分の頭で考えないっていうのを主義において(笑)

一番頭がいい人がやっているやり方が多分一番最適だろうと。

 

出展:Digital Youth College 「世界を変える働き方」- YouTube.

 

チェンジ

 

行動が伴わない場合、意識は変わっていない

何か衝撃的な体験をしたときって、人間の行動は自然に変わる。

でも例えば本を読んで「うんうん、そうだそうだ。明日から頑張ろう!」なんて決意したつもりでも、翌日になれば同じ時間の電車で通勤して、通常通りの日を過ごしてしまう。

 

これは意識が変わっていない(笑)

でも「新たに決意をする」ということだけで満足してしまうことってめちゃくちゃ多いと思う。

 

決意だけで変われれば、全員がダイエットに成功する

これは見出し以上でも、以下でもありません(笑)

決意だけで人が変われるとしたら、ダイエットビジネスは既に崩壊しているでしょう。

 

人間が変わる方法は三つしかない。

一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。

 

もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。

 

by 大前研一氏

 

「自分の頭で考えない」のも合理的な手段

けんすうさんは分かりやすく「自分の頭で考えない」と言ってるけど、要は「結果を出してる人がやってることは、恐らく最適なやり方だから真似してみよう」ということ。

 

もちろん情報を受け取った後に自分の頭で考えて理解することは大事なんだけど、手段や戦略については人の真似をしてみる。

 

それってすごく合理的。

 

マニュアルで人が変わり、世界を変える可能性はある

企業が人材を育成するためのマニュアルとは別の話。

 

成果を出している人がやっているやり方の本質を理解して、自分なりのマニュアルを起こして採用してみることで、自分も成果を出していける可能性はあります。

 

ぼくも今まで何かをするときには、その分野のトップの人がどんな考え方をして、どんな仕事をして、どんなプロセスを踏んできたのかを徹底的に研究してマップを作ってスタートすることがあります。

 

ぼくが変わり続けているのかは定かじゃないけど(笑)

 

ミラクリから一言

真似することは「悪」じゃない。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【成功者の共通点】充実した人生を送るために大切な11のこと

「成功者」と聞いたら、どんな人を想像しますか? お金を持っている人、好きなことをやっている人、会社経営者、セレブなど。 人によって成功者の定義は様々だと思います …

【残業200時間の世界】実際に体験した人が語る過労働の恐ろしさ

ぼくは以前、残業が月200時間、休みは月1日という過酷な会社で働いていました。 その会社の人たちはいい人ばかりでしたし、パワハラなどもありませんでしたが、労働条 …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

エニイ・ギブン・サンデー(映画):その1インチが勝利か敗北かを決める。

  映画のワンシーンに救われた経験がたくさんあります。 生きていると嫌なこともあるし、大変なことも多いものですが、映画のワンシーンによって魂が震え、奮 …

宝塚トップスターからナマで聞いた「目標達成の秘訣」に絶句した。

    ある仕事の案件で、宝塚のトップスターとご一緒したときのこと。   誰もがスターになることを夢みて入団する「宝塚歌劇団」のな …

no image
「窓際族」から勝ち組になれたのに虚しかった経験。人のために働く大切さ。

    営業一年目は、ほとんど成績を残せなかった。 うろ覚えだが、10人の営業マンのなかで7番目ぐらいだったと記憶している。どうせならぶっち …

消費が終わり、感動するものだけが残る時代の仕事

ファッションの街、大阪・南堀江で人と待ち合わせをしていた。 待ち合わせまであと15分あるが、カフェに入るほどの時間はない。 仕方なくファミリーマートで買ったアイ …

大嫌いだった上司に教えてもらった、「まじめな会社員」4箇条

    その昔、どう逆立ちしてもそりが合わない上司がいた。 その方から教えてもらった「まじめな会社員」であるための極意を書いたメモを見つけて …

「たくさん苦労した奴が偉い」時代はもう終わってるぞ!
「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です