ミラクリ

鬱から成功するブログ

無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

 

無職の人に質問した「なぜ仕事をしたいのか?」への回答が、とにかくスゴかった。

 

フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。

 

「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ!」という指示のもと、変わったキャリアを歩んできた人たちを面接していた。いま現在が「無職」であろうと関係ない。

 

営業職の採用面接にあらわれた無職の彼に、「なぜ仕事をしたいのか?」と根源的な質問をしてみたところ、とにかくスゴい回答が返ってきた。

スポンサーリンク

1.働くことは、社会の役に立つこと

彼は「社会の役に立つこと」だと言い切った。

働くことの意義は見失いがちで、「お金のため」「生活のため」「自分のため」「人のため」色んな考え方があるだろうが、彼は無職の時期を経験したことで、「誰の役にも立っていない自分」の存在を痛感し、その答えにたどり着いたらしい。

 

極限の状況で見出した「仕事をすることの意義」は、細胞の奥底まで刻まれているようだった。

 

 

2.社会の役に立てば、お金を稼げる

彼は社会の役に立つことと「お金を稼ぐこと」の関係性も見つけていた。会社から給料をもらっていれば、まるで”組織”が自分のお客様であるかのように錯覚するが、ビジネスにはその先に「カスタマー(クライアント)」が必ず存在する。

 

無職の時期は誰の役にも立てず、だからこそお金を稼げない。

「それは当たり前のことだ」と気付いたらしい。

 

お客さんから沢山の拍手をもらった人だけが、お金を稼げる。

 

 

3.お金を稼げば、自己肯定感が高まる

彼は仕事のない時期に、お金を稼げない自分をかなり自己否定したらしい。国民の三大義務のなかに「勤労」と「納税」が含まれるのだから、無理もないことなのかもしれない。

 

そして彼は欲望そのままに”稼いだお金の額”を競うことよりも、「仕事をして、社会の役に立って、お金を稼ぐ行為」そのものに価値を見出したとのことだった。

 

お金を稼ぐことで、自己肯定感は高まり、自信がもてる。

 

 

4.自己肯定感が高まれば、人に出会える

「自己肯定感が高まれば、自信をもって人に会える」と、彼は言った。仕事をしていない時期は、自己否定を繰り返したことによって、人に会うことが億劫になり、会ったとしても引け目を感じておどおどしたそうだ。

 

働くこと、人に役に立つこと、お金を稼ぐことで自信をもつ。そんな前向きな生き方をしていると、不思議なぐらい人と出会っていく。逆に言うと、自信がなく、後ろ向きな人は、不思議なぐらい人を遠ざけてしまう。

 

仕事においては、人と出会うことも大事なことだし、キャリアアップとしての転職のチャンスも広がるだろう.

 

 

5.人に出会えたら、仕事のモチベーションが高まる

「孤独は平気、でも孤立はキツイ」と彼は言った。無職で家に引きこもっているときは、仕事もないし、お金がないから外出しない。人に会わない日々が続いて「孤立」してしまい、それが精神的にかなり堪えたそうだ。

 

人脈の規模や数は問題じゃない。多くなくたっていい。

でも自分にとって必要な人、大事な人に囲まれていることは、生きていく上で重要なことだ。

 

「自分のために」があっても良いが、「人のために」で頑張れることは多い。

 

 

働けるって、幸せなんだぜ。

無職の彼の回答が、なぜここまで胸にグッときたのか?を言っておくと、実はぼく自身も無職の時期を経験しており、まったく同じ辛さを感じて、心の闇を抱えつつも、また立ち上がった経験があるのだ。

 

働けるって、実はそれだけで幸せなこと。仕事が嫌でも、ゼロになってしまうと、自分でも不思議なぐらい働きたくなる。周りに人がいるって、実はそれだけで幸せなこと。「一人でも平気」と思っても、孤立してしまうと、自分でも不思議なぐらい人に会いたくなる。

 

少しだけ、今に感謝できるのではないだろうか。

ミラクリから一言

ちなみに彼は採用できませんでしたが、紹介先の会社で猛烈に働き、活躍しています。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「”受け身”ではなく、主体的に仕事をしたらどう?」と言われて決意したこと。

    仕事とからめて、2泊3日で沖縄に行ってきた。 人生初の沖縄で得た出会いは、仕事の得意先、現地の方々、立ち寄ったカフェの店主など、非常 …

成長したいならドMになって「自分よりレベルの高い人」と付き合った方が良い理由

  タイトルに有るような格言は、意識高いビジネスの世界ではよく言われることです。 でもそれを自分なりの言葉にしてみると、どうにも納得できる形にはならな …

「自分が勝てる場所を選べ!」林修氏が同期の東大生とは勝負しなかった理由が興味深い!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今のように予備校講師としてはもちろん、タレントとして人気になるまでには …

絶対に強みになる! 営業職を経験することの3つのメリット

  「営業(営業職)」を嫌だ!!!!と思ってる人って多いですよね。 職を探してる人から「営業だけは嫌だ・・・」と聞くことが多いですし、実際ぼくも学生時 …

「変人」ほど、仕事がデキる理由

    ぼくはあまり人から理解されることが無いんですよ。 自分が「コレはおもしろい!」と思ったことはたいていスベるし、話の”間”も著しくズレ …

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
消費が終わり、感動するものだけが残る時代の仕事

ファッションの街、大阪・南堀江で人と待ち合わせをしていた。 待ち合わせまであと15分あるが、カフェに入るほどの時間はない。 仕方なくファミリーマートで買ったアイ …

【成功者の共通点】充実した人生を送るために大切な11のこと

「成功者」と聞いたら、どんな人を想像しますか? お金を持っている人、好きなことをやっている人、会社経営者、セレブなど。 人によって成功者の定義は様々だと思います …

猪子寿之氏:全ての常識に懐疑的で「ランドセル」を背負っていた高校時代
仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です