ミラクリ

鬱から成功するブログ

本当は教えたくない!「仕事のスキル」を短期間でアップさせる2つのコツ

 

力わざ! 「仕事のスキル」を短期間でアップさせる2つのコツ

 

「スキルがないから、その仕事はできません。」

「特殊なスキルがないから、独立できません。」

 

そんな話をよく聞きますが、ぼくの実感として「それは順番が逆なんじゃないかなぁ?」と感じています。そして「スキルがついたときには自分も独立を…」と言う人で、その後本当に独立した人を見たことがないので、せかっく前向きな姿勢があるのに、もったいないなぁと感じるわけです。

 

スキルって安定した道を捨てた後からついてくるもんですよ。

スポンサーリンク

原稿料300円のライターが、3万円までアップ!

フリーランスとして独立してからは、とにかく色んな仕事をしてきました。

輸入販売、物販、ネット通販、卸売などは生活するお金を稼ぐために続けていましたが、それをずっと続けるつもりはありませんでした。なぜなら継続的にお金を稼ぐビジネスモデルとしてはあまりにも脆弱で、未来が見えなかったからです。

 

その他には「文章を書く仕事」をしまして、ブログやライターの仕事は長期的な視点で育てようと考えました。なぜならスキルを見につけ、上手に使えば、ストック型の収入を稼ぐことができますからね。

 

でもライター経験はありません。

どうしたか?

 

まずは年間1,500本ほど、極端にブログを書きました。

どんなネタが評価され、どんなネタはウケないのか? そして自分のライティングスキルはどの程度のものなのか?を身を持って知るためです。

 

他には、受託でライティングの仕事を引き受けました。

経験がないのにどうやって? いや、今では受託サイトも充実しているし、インターネット界隈の方に聞いてみれば、人手が足らない…場所は必ずあります。

 

最初は原稿一本300円…。

「これだけ書いて、こんだけかよ!!」が正直なところですが、世の中は厳しい…(笑)

 

それまでは「文章を書く仕事」でお金を稼げていなかったことで、単価に対するハードルが下がっていたことも、良かったのかもしれません。でも今となっては原稿一本3万円までいただけるようになりましたので、リスクを負って、不安定な環境に飛び込むことは大切ですね。

 

スキルを短期間で上げるためのコツを紹介します。

 

 

1.お金をもらって仕事を引き受ける

まず仕事を引き受けることですね。

ランサーズやクラウドワークスなどの受託サイトを見ても、「未経験者歓迎!」という表記があったりしますが、どんどん応募してみればいいです。もちろんその手の仕事は単価も安いし、いまは会社員として良い給料をもらっていれば、「こんなことやってられるかよっ!」と感じるかもしれません。

 

でも言っておきたい。

 

「お金をもらうこと」の威力はすごい

趣味でやること。

お金を払ってスキルを修得すること。

 

これではなかなか上達しません。

だって趣味なら自分のさじ加減ひとつだし、お金を払うというお客さんの立場では厳しさが生まれにくいんですよね。

 

でも「お金をもらうこと」

つまり仕事を引き受けることで、プレッシャーがかかり、スキルは劇的にアップします。

 

これ、本当です。

 

クライアントによって、技術は磨かれる

結局は「クライアントの目」にさらされることが大事です。

納期を指定される、質を要求される、評価される、リピーターになってもらう、そのためには自分でも無意識に、仕事に真剣に向き合いますから。

 

これが趣味ならどうでしょうか?

「ブログ書いたけど、ウケなくてもいっか。」

「数字伸びてないけど、楽しいからいっか。」

になってしまいます。

 

本当に趣味なら楽しめばいいですが、お金を稼ぎたい、仕事にしたいと考えるのであれば、お客さんの目にさらされながら仕事をすることが大事です。

 

 

2.納期に追われる

仕事を引き受ければ、自然と納期に追われますが、これも大事なことです。趣味の範囲でやっていれば、「明日までに原稿をあげよう!」と決めても、「今日はダルいし、まぁいっか」で終わります。これではいつまでもスキルアップなんかしないですよね。

 

でもお金を頂いた仕事であれば話は違って、「何とかして提出しよう!」と考えるのが普通だし、ときには夜を徹して仕事をすることもあるでしょうし、スキマ時間をなんとか捻出しようと考えるでしょう。

 

これが大事なんです。

 

生産性は自然に上がる

「仕事の生産性を追求しろ!」

そう言われますが、本質はここにあります。クライアントからの外圧がなければ、自分の意識(決意)だけでは、なかなか追求できないものなんですよ。だって人間は怠けもの設計ですからね(おれだけ?w)

 

納期や締め切りに追われるなかで、「どうやって生産性を上げるか?」「効率を良くするか?」「質を追求するか?」を真剣に考えるんですね。ときには依頼主から強烈なダメ出しをされて、また一からやり直し…みたいなこともあって、スケジュールが狂うこともあります。

 

そこでまた生産性を考えるんです。

 

 

仕事にしたいなら、リスクを負って飛び込め!

何でもかんでも起業しろ! フリーランスになれ!とは思いませんが、野心を抱いている人には「早めに会社を辞めなよ!」と言うこともあります。だっていつまでも守られた環境で、「スキルがついたら…」とか言い続ける時間がもったいないですし。

 

それならまずは飛び出して、「できます!」と言って、小さな仕事から積み上げていく。最初は単価が安くても、スキルアップして市場で評価されたら、必ず単価はあがり、報酬もアップしますからね。

 

×スキルがついたらやります。

◯仕事を受けながらスキルをつけます。

 

この発想でいきましょう。

 

ミラクリから一言

この記事は15分で書きましたっ!

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【残業200時間の世界】実際に体験した人が語る過労働の恐ろしさ

ぼくは以前、残業が月200時間、休みは月1日という過酷な会社で働いていました。 その会社の人たちはいい人ばかりでしたし、パワハラなどもありませんでしたが、労働条 …

「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

  「リーダー論」がよく話題になる。 景気もよく、ある程度予測が可能な世界であれば、少し先の未来を予測し、根拠に基づいて行動できるリーダーが必要だった …

【残業100時間の実態】過労死ラインを超えた残業から身を守ること

「月100時間の残業」 そう聞いて驚くでしょうか? それとも大したことがないと思うでしょうか。 ぼくも月200時間残業をしていた会社員時代であれば驚かないでしょ …

とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがい。

    仕事の相談メッセージを頂いたり、お会いした人に話を聞いていると、こんなことを聞く。   「小規模ながら読書会をやっています …

社会人になった最初の三年間はとにかく「極端に」働いた方がいい理由

  ぼくは二十歳から社会人になったから、もう13年は働いてるんだなぁってふと。 かなり早かったような気もするけど、ここまですごく濃密で充実してました。 …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

「臆病と強さは相反しない」バガボンド:伊藤一刀斎の名言が突き刺さる!

  今年に会った人たちの中には、底抜けに明るい人たちが何人かいました。 元々明るい性格、いわゆる「根明(ネアカ)」な人ではなく、崖っぷちにいた経験がそ …

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
「担当者が休みです」なんてお客さんには関係ないよね?

  ちょいちょいブログに書いていますが、先日引っ越しをしました。 参考:引っ越ししたら年間60万円コストダウンできたよ!.   役所への届け …

【成功者の共通点】充実した人生を送るために大切な11のこと

「成功者」と聞いたら、どんな人を想像しますか? お金を持っている人、好きなことをやっている人、会社経営者、セレブなど。 人によって成功者の定義は様々だと思います …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です