ミラクリ

鬱から成功するブログ

「報われる正しい努力をしよう」 脳科学者・中野信子氏が語る、努力不要論に唸った!

 

最近メディアでも大活躍の脳科学者、中野信子さん。

「努力不要論」という著書にも書かれている内容が、科学者らしい論理にあふれていましたので紹介します。

 

努力よ、さようならw

 

スポンサーリンク

 

中野信子氏:正しい努力のあり方とは「自分が届くところがどこかを知りましょう」

((著書:努力不要論について)「無駄な努力」をして、そしてそれが報われなかった結果として人を恨んでしまう…そんな生き方をしている人があまりにも多いことについて。)

 

「自分が届くところがどこかを知りましょう」ということです。

例えば「月」までの距離って何万キロかご存知でしょうか?38万キロあるんですよ。

 

「38万キロある」と聞いた途端に、38万キロ地球の上を歩き出す人がいるんです。

でもいくら地球の上を38万キロ、50万キロ歩いたところで月には絶対に届きませんよね。本当に月に行きたいと思ったら、やるべきことは「歩き始めること」ではなくて「ロケットに乗る努力」ですよね。

 

手段を間違えてはいけないんです。

そして50万キロ歩いた人たちは「50万キロ歩いた中で◯◯さんと出会えたからいいわ!」とか、そういう言い訳をして自分を慰めるんですね。そういうのも非常にバカバカしいと思う、私は。

 

そういう中で人に搾取されてしまうんです。

「あなたが◯◯できないのは、お布施が足りないからだ」「あなたが◯◯できないのは、努力が足りないからだ」と言われてタダ働きさせられるとか。そういうことがすごく起きていて、ブラック企業と呼ばれる企業とかね。

 

そういうことをする前に「自分は本当は何をしたかったのか?」を分析してみましょうと。そして「自分に何が出来るのか?」ということをもっとよく知りましょう。「自分をよく知りましょう」という本なんです。

引用元: 土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!.

 

あるある(笑) ぼくもよくやってしまいますw

「好きなことを仕事にしよう」と昨今はよく言われますが、この言葉には落とし穴があります。まずは「自分にできること(強み)を理解しておく」という前準備が必要なんですよね。その分析をした上で好きなことに戦略的に取り組む人と、ただがむしゃらに走る人では成果は変わって当然です。

 

「夢はほとんどかなわない」とか「努力はほとんど報われない」という事実には目をそらしがちなんですけどね。

参考:「夢はほとんど叶わない」と認識するのは諦めではない:為末大のツイートに学ぶ.

 

「自分にできること(強み)」を超えてでもやりたいことがある場合はやればいい。でもより険しい道になることは間違いない。

1.自分にできることを分析する

2.自分の強みを理解する

3.その特性を活かせることで、なおかつ自分が好きなことを見つける

4.他人から見た「努力・苦労」は自分にとってはへのカッパ

5.成果に繋がりやすい

まとめるとこの順序になります。昨今で言われる「好きなことをやろう」は、「1」「2」のフェーズが抜け落ちているがゆえに、成果が上がりにくい世界に人を飛び込ませる危険性があるように感じますね。

 

でもどんなことであれ、それなりの成果を求めていくことに楽な道はないですから(笑)

参考:フリーランスで独立したぐらいで「社会のレールから外れた」とかマジで言ってんの?.

 

どうせなら報われる努力をしよう!

こういうことを書くと「なんだ、打算的なやつだな…」と思われそうですが、ぼくは計算が一切できないタイプです(笑)v

 

ただし何かに取り組む前には、「それが自分の強みを活かせるか?」「競合たちと比較して賞賛を見出だせるか?」「誰かの役に立つことができるか?」を常に考えます。

 

ただがむしゃらに走ってみて、頭打ちしたり、まったく報われる経験も気づきとしては必要ですが、できれば避けたいですよね?(笑)取り組むことに成果がついてくれば、更にやる気になるし、ポジティブなスパイラルを創ることができます。

 

大事なことは

1.自分にできることを分析する

2.自分の強みを理解する

をしたうえで取り組むことですよ!

参考:脳を快楽状態に! 脳科学者:中野信子氏が教える「結果」よりも「プロセス」の大切さがスゴかった!.

 

努力不要論、購入しました。

 

今後に注目!フォローしよう!

公式サイト:中野信子 « 株式会社ビッグベン.

ブログ:中野信子オフィシャルブログ「l’esprit d’escalier レスプリ・デスカリエ」.

 

ミラクリから一言

このお話は保存版だね。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【仕事に疲れたときの7つの対処法】辞めたい、休みたいと思ったらとにかく実践

仕事に疲れた… 会社に行きたくない…。 そんなときはありませんか? 仕事のストレスを抱えている時期は、人生そのものが辛いですよね。 まずゆっくりと心身を休めてか …

「臆病と強さは相反しない」バガボンド:伊藤一刀斎の名言が突き刺さる!

  今年に会った人たちの中には、底抜けに明るい人たちが何人かいました。 元々明るい性格、いわゆる「根明(ネアカ)」な人ではなく、崖っぷちにいた経験がそ …

「楽しい仕事」なんか存在しない。

    思い返せば「楽しい仕事」なんか無かったなぁ。たとえば工場でひたすらラベルを貼り続ける作業も、最初は退屈だったのに、いつの間にか楽しめ …

「変人」ほど、仕事がデキる理由

    ぼくはあまり人から理解されることが無いんですよ。 自分が「コレはおもしろい!」と思ったことはたいていスベるし、話の”間”も著しくズレ …

これができなきゃビジネスマン失格!? 仕事でおすすめのメモのまとめ方

  「社会人であればメモぐらいは取れ!」 そう言われたことがある人は多いのではないでしょうか? ご多分に漏れずぼくも働き出した時にはよく言われたもので …

「担当者が休みです」なんてお客さんには関係ないよね?

  ちょいちょいブログに書いていますが、先日引っ越しをしました。 参考:引っ越ししたら年間60万円コストダウンできたよ!.   役所への届け …

いい大人の悔し泣きは気持ち悪い? それは理想を持っている証拠だよ。

  ぼくがいつも読ませてもらっている「えいたろうさん」のブログを読んでいて、心に留まったエントリーがありました。(悔しいという気持ちがある限り、年齢に …

【好きなことで生きていく方法】趣味を仕事にする人はココが違う!

好きなことを仕事にできれば、それが理想ですよね。 まるで遊ぶように働き、プライベートと仕事の境界線がない。 そんな人生に憧れると思います。 ぼくもフリーランサー …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

「ベースを聴いてないのがムカつく」 ミュージシャン・ハマ・オカモト氏の、上手に人生を変える怒り方

  ミュージックバンドの中で、ベースという職業はサウンドの生命線ではあるものの、前面にでて目立つ存在ではありません。でもそんな常識をくつがえすように、 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です