ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病を発症するまでの段階と初期症状

うつ病を患うと、さまざまな症状が生じます。

ぼくは過去にうつ病を経験しているため、今となっては鬱の初期症状が現れたときは「やばい」と感じ、すぐに対処することができます。

しかし、初めてうつ病になったときには、鬱症状に戸惑い、とても不安でした。鬱に関する知識がほとんどなかったため、なぜこのような異変が心身に起こっているのか、わからなかったのです。

当時のぼくは症状を鬱と関連付けることができず、何の対処もせずに放置し続けていました。そうして、いつしかうつ病を患っていたのです。

うつ病に至るまでには、いくつかの段階があります。
初期の段階で発症の可能性を感じ取ることができれば、うつ病の発症を予防することも可能です。

では、鬱になるまでにはどのような段階があり、初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

心と身体に起こるうつ症状

うつ症状には、「心に起こるもの」と「身体に起こるもの」があります。

気分が落ち込む「抑うつ症状」や、無気力になる「意欲の低下」、注意力散漫になる「思考の低下」、「睡眠障害」、「食欲異常」などの症状があり、それがいくつも重なって容赦なく襲ってきます。

まずは、うつ病の代表的な症状を解説します。

心のうつ症状

気分が落ち込み、やる気がでない状態は、うつ病患者に限ったことではなく、誰しもが経験すると思います。

しかし、健康な人であれば、時間の経過や気分転換によって気分の落ち込みはすぐに解消されますが、うつ病の人は自分の力だけでは改善することはできません。

このような気分の落ち込みや身体の不調を、抑うつ症状といいます。

うつ病の場合、この抑うつ症状が2週間以上継続し、以下のような症状も現れます。

  • 気分が落ち込む
  • うれしいことを素直に喜べない
  • 悲しく憂鬱でつらい
  • 怒りっぽくなる

また、何に対しても興味や関心がもてなくなり、無気力状態になります。
とにかくやる気がでず、好きだったものが急につまらなく感じるなど、内面が大きく変化してしまうのです。

しかし、この「意欲が低下した状態」が鬱によるものだと気づくのは難しく、以下のような無気力状態になってしまいます。

  • やる気がまったくでない
  • 好きなことや趣味がつまらない
  • 仕事や勉強に専念できない
  • 人との会話が面倒でつまらない

さらには、注意力が散漫になり、人から言われたことへの反応も鈍くなる「思考の低下」も招きます。一過性の抑うつではここまでは進行しませんので、典型的な鬱症状だと言えるでしょう。

場合によっては死への妄想を抱えることもあり、早急に医師に相談しなければ、自殺してしまうリスクもあります。

「思考の低下」とは、以下のような状態です。

  • 集中できない
  • 自分を全否定する
  • 常に物事を悪く考える
  • 妄想がとまらない

心のうつ症状は、周囲からは見えにくく、理解し難いものです。しかし、本人にとってはとても苦しいものなのです。

これらの症状がでるうつ病は、精神科や心療内科などの専門医に相談して、治療する必要があります。

身体のうつ症状

身体に起こるうつ症状は、心のうつ症状に比べると顕著に現れますが、症状の原因がうつ病であるとは、なかなか思えないものです。

しかし、身体的な不調の原因をなかなか特定できない場合は、うつ病を疑う方がいいと思います。

典型的な身体のうつ症状には、「睡眠障害」「食欲異常」「疲労感・倦怠感」などがあります。

「睡眠障害」:ほとんどのうつ病患者がなんらかの睡眠障害を抱えている

  • 寝つきが悪く眠れない
  • かなり早朝に目が覚める
  • 睡眠中もすぐ目が覚める
  • 眠気がいつも取れない

「食欲異常」:多くのうつ病患者が経験する症状

  • 食欲が無い
  • 好物をおいしく感じない
  • ダイエットしていないのに体重が激減した
  • やけ食いのように食べる

「疲労感・倦怠感」:多くのうつ病患者が経験する症状

  • すごく疲れる
  • ずっと体がだるい
  • しっかりと休息しても疲れがとれない
  • 体が重い

「その他の身体に起こるうつ症状」:多くのうつ病患者が経験する症状

  • 頭痛、胃痛
  • 肩こり、関節痛
  • 動機がする
  • 発汗
  • 息苦しさ、息切れする
  • からだのしびれ、目眩

心の症状は本人も気づけない場合がほとんどですが、身体の不調は分かりやすいもの。

ただ、身体的な不調をうつ病と関連付けることができず、放置したままにすると、うつ病は進行してしまいます。

いきなり心療内科等に行くハードルは高いかもしれませんが、まずは内科や脳神経外科でも構いませんので、なんらかの診察を受けてください。

より、具体的な心と身体のうつ症状については、こちらの記事で解説しています。

うつは痛みを伴うことがある

身体に起こるうつ症状には、頭痛、胃痛、肩こり、関節痛などの痛みを伴う場合があります。

この他にも、腰痛や膝痛など、身体の至るところに痛みを感じるケースがありますが、その原因はうつ病患者の血流の悪さにあると言われています。

うつ病患者の血流が悪い理由

私たちには、交感神経と副交感神経の2種類の自律神経があります。この自律神経が正常に機能していると、日中は交感神経の働きにより活発になり、夜には副交感神経の働きでリラックスし、十分な睡眠をとることができます。

この自律神経の機能を乱すのがストレス。
うつ病患者のほとんどが、環境や身体的な変化によるストレスを抱えており、自律神経の乱れを起こしていることは、重要なポイントだと言えるでしょう。

自律神経の乱れは、血液の流れにも影響します。

血管を太くしたり細くする作用がある自律神経が乱れると、血管が細いままになり、血液の流れが悪くなってしまうのです。

血液の流れが悪いと身体の痛みが生じる

血液の流れが悪くなると、神経や筋肉に届く酸素が不十分になり、痛みを感じるようになります。

この痛みは、痛み止めなどの薬によって一時的におさえることはできますが、根本的に改善するためには、自律神経の働きを正常にすることが重要。

そのためには、自律神経の働きを乱すストレスを解消することが必要になります。

身体の痛みに早く気付けばうつを予防することもできる

身体の痛みを感じていても、病院へ行くのをためらい、放置している人もいるでしょう。
しかし、身体の痛みは何らかのSOSです。

最初から心療内科等で診察を受けるのは、気が進まないかもしれませんが、まずは内科、脳神経外科、整形外科などの医師に相談し、痛みの原因を探してみましょう。

もし、うつ病への早期対策ができれば、完治も早まるからです。
鬱病で会社を辞めてから、完治するまで。

うつ症状はどのように進行するのか

うつ病はある日突然患うわけではなく、いくつかの段階を経て発症します。

どのような段階を経て進行するのかを解説しますね。

鬱になるまでの段階

うつ病の主な心の症状として「抑うつ症状」があります。

この抑うつ症状は、気分が落ち込む状態を言います。

軽い状態であれば誰しもが経験するものですが、なかなか回復しない場合は注意してください。治療せずに放おっておくと徐々に悪化し、うつ病へと発展する可能性があるからです。

抑うつ症状には、以下のような段階があります。

  • 抑うつ気分・・・憂鬱で気分が落ち込んでいる状態。数日で回復することが多い。
  • 抑うつ状態・・・抑うつ気分が強い状態。気分の低下だけでなく、思考や意欲までも低下する。
  • うつ病・・・抑うつ状態が重くなった状態。精神身体ともに生命力が低下する。数週間以上継続する。

健康な人であれば、多少落ち込んだとしても、すぐに元気な状態に戻りますが、この段階を「抑うつ気分」といいます。過剰に心配する必要はありませんが、数日経っても回復しない場合は注意してください。

「抑うつ気分」を放置したままストレスを溜め、自律神経の働きが悪くなると、やる気や集中力低下などといった症状が現れ、この段階を「抑うつ状態」といいます。

抑うつ状態は、意欲が低下していながらも、なんとかやる気を出せるギリギリの段階ですが、早めの治療をしなければさらに鬱を悪化させてしまいます。

そして、次第に一時的なやる気さえも持てなくなり、ネガティブな妄想をすることが増える状態が2週間以上続く、この段階が「うつ病」です。

うつ病になると、気分転換や心のケアだけではほとんど改善することができません。

うつ病は、真面目に頑張りすぎたために心身が消耗している状態です。薬などによる治療が必要になるので、できるだけ早く医療機関に行き、治療を受けてください。

初期の症状

鬱になるにはいくつかの段階がありましたが、初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

「うつになる前の兆し」

  • 何をしても楽しめない
  • いろんなことに興味がなくなった
  • あまり集中力がない
  • イライラする
  • 決断ができない
  • 性欲がない

「初期症状」

  • 頭痛、胃痛
  • 肩こり、腰痛
  • 将来が不安になる
  • 物忘れが多い
  • 不眠症(逆に眠りすぎる)
  • めまい、耳鳴り
  • 動悸
  • 食欲不振(逆に食欲過多)
  • 疲れがとれない

欝の初期症状として挙げたものは、誰にでも起こりうる症状で、たいていは内科等に通院することで治ります。しかし、原因か分からないまま、いつまでも回復しない場合は、後にうつ病を発症する可能性があるので注意してください。

自律神経が乱れているときは、いつも気持ちが高ぶって眠れなくなるなど、疲労を抱えやすくなりますので、ときには勇気を持って仕事を休むことも必要です。

うつの段階を知ることは再発予防にもなる

うつに至るまでの段階を知ることは、再発予防にもつながります。

ぼくが初めてうつ病になったときには、心身の異変に気づいてはいたものの、その症状がうつと関係しているとは思いもしませんでした。しかし、うつ病が治ってからは、ストレスで鬱が再発しそうになったときに、すぐに対策をすることができます。

鬱への理解が深まり、対処がうまくなったと思います。
身体の異変を感じると、友人を食事に誘ったり、家族旅行の予定を立て、できる限り楽しく、明るい気持ちに切り替えるようにしています。

初期の段階では、この気分転換は非常に有効です。ぼくのように人との接点を増やすようなことの他にも、映画を見たり、運動をするなど、自分のやりたいことに打ち込むのもひとつです。

うつ症状は、例で挙げてきたもの以外にもたくさんあります。気になる症状があらわれた場合には、医師に相談してみてください。

早期治療が最も効果的です。

 - 症状と傾向

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「うつ病」に苦しむ友だちへ:体さえ元気なら、また歩き出せる。
【これがうつ病だ】14個の症状をチェックして早期治療を

ぼくは2013年にうつ病を患い、当時勤めていた会社を退職しました。 メンタルと体の異変にはうすうす気づいていましたが、「いつか治るだろう」とタカをくくり、放置し …

「会社で無視されています(20代・女性)」と相談されたときに答えたこと
従来のうつ病とは異なる「新型うつ病」の特徴と種類について

うつ病といえば、憂うつな状態から抜け出せない状態が、ずっと続くイメージですよね。 しかし、最近では従来とは異なるタイプの「新型うつ病」が増加傾向にあるようです。 …

笑顔
うつ病と似た病。増加傾向にある「新型うつ病」の症状や特徴とは?

いま、従来とは異なる新しいタイプの「新型うつ病」が注目されています。 新型うつ病と典型的なうつ病は、症状や特徴にどのような違いがあるのでしょうか? ここでは新型 …

ポジティブ
うつ病になりやすい人の「性別、出来事」に見られる傾向

うつ病は誰でも患う可能性がある病気ですが、「なりやすい人」も存在し、性格、年代、性別などの傾向があります。 該当するからといって、必ず発症するわけではありません …

決断
実は鬱にも種類がある!うつ病、うつ状態、うつ気分の違い

「うつ病」と聞くと、自分とは無関係だと思ってしまいますが、「憂鬱な気分」なら経験があるのではないでしょうか。 「うつ病」も「憂鬱」のいずれも、「鬱(うつ)」とい …

うつ病
うつ病になりやすい人の性格・8つの共通点

ぼくは2013年にうつ病を発症し、会社を退職しました。 うつ病になったのは、自分が鬱になるとは想像もしていなかったこと、または対策を怠ったことが一番の原因ですが …

うつ病
【うつ病のサイン】心・身体・行動に現れる異変と初期症状について

初めてうつ病を経験するときは、その兆候に気付けないもの。 初期症状を放置した結果として、うつ病が悪化してしまうケースはよくあります。 何を隠そう、ぼくもそんな感 …

man
うつ病と似た病。抑うつ状態と躁状態を引き起こす「双極性障害」とは?

うつ病は、気分が落ち込む「抑うつ状態」が2週間以上続く病気ですが、同じ状態を引き起こす病が、もうひとつあります。それは「双極性障害」です。 双極性障害は、以前ま …

yellowcrosswalk
うつ病になりやすい人の「性格・気質、年代」に見られる傾向

うつ病は誰もがなりうる病ですが、なりやすい人には特定の傾向が見られます。 うつ病になりやすい人の傾向を知っておくことで、予防と対策をすることができますよ。 この …

男性
うつ症状の診断チェックを活用しよう

「うつ病かもしれない」と感じたとき、いきなり心療内科等へ行くのはなかなか勇気がいるものです。 ぼくも、初めて心療内科へ行ったときは不安でたまりませんでした。 気 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です