ミラクリ

鬱から成功するブログ

【告知】新メディア ”kakeru” で「小林トシノリの一刀両断お悩み相談」が始まりました!

 

小林トシノリ:なに悩んでんの? 行かれる社会不適合者が一刀両断

 

いやーー、世の中分からんもんですねー。

ぼくはいくつかの会社で働いてきたものの、結局は社会になじめず、フリーランスとして働く社会不適合者ですが、それが連載のお仕事になった…という奇跡的な体験をいただきました。

 

なんと、新メディア ”kakeru” で「小林トシノリの一刀両断お悩み相談」という連載がスタートしたんですよ。

得体のしれないライターに声をかけてくださった運営会社・株式会社オプトの皆さん、本当にありがとうございます。そして「お前に言われたくねーーよ」と感じさせてしまう読者の皆さん、本当にすみません。

 

でも、しっかりした会社さんの後ろ盾を得て、安心してぶった斬れそうです。

スポンサーリンク

kakeru(カケル)とは?

今回連載をさせて頂くのは、2015.5.14に開設された「kakeru(カケル)」という新メディアです。

 

ソーシャルアカウント

Facebookページ:KAKERU(kakeru)

Twitter:@kakeru_media

youtube:kakeru

 

どんなメディアなの?

kakeruは、ソーシャルメディアと「なにか」を掛け合わせることで、化学反応的に生み出されるインターネットの新しい楽しみ方や活用方法を探求するメディアです。

たとえば、「Instagram × 女子高生」「Twitter × Jリーグサポーター」「Yelp! × 外国人観光客」「mixi × R25世代」といったテーマを毎回設定して、イベント開催やキーパーソンインタビューなどを行っていきます。

〜中略〜

メディア(情報発信の場)を持つことで、より面白いことや新しいことにチャレンジできる土壌を作り、ソーシャルメディアの新しい楽しみ方や活用方法を模索し、提案していくのが最大の狙いです。

引用元:新メディア ”kakeru” をオープンしました

 

いやーーー恐ろしいぐらいキチッとされてますね…。

ぼくがライターとして忍び込んでも大丈夫なんでしょうか…? まぁ色が違い、激臭を放つ人間がいてもいいのかもしれません。お声をかけて頂いたことには感謝でイッパイです。

 

誰しもがブログやSNSで「自分メディア」をつくる時代に、必要な試みですね、これは。「自分には必要ない!」と思っている方、Facebookアカウントですら、自分を表現する自分メディアですよ。

 

そして、運営者・ライターの方々のキラキラ感たるや…恐ろしいことになっています。

 

ライターの充実ぶりがすごい

kakeruの「ライター一覧」を覗いてみましょっか?

 

編集長:江藤美帆さん

えとみほ

Twitter:@etomiho

 

副編集長:三川夏代さん

三川夏代

Twitter:@nach33

 

ライター:山田智恵さん

智恵山田さん

Twitter:@tomeyama77

 

まだ沢山いらっしゃるのですが、この時点でお腹イッパイです…。

なんでしょうね、このイケてる感じは…。

フツーに生きていれば、ぼくが出会うことはないでしょう…仕事してて良かった。

 

しかし!

皆さん、イベント、スポーツ、ファッションなど何かの分野に特化された方々です。

リアルの活動が充実している人ほど、ソーシャルメディアの活動には長けているものですから、kakeruというメディアでは説得力のある記事が期待できますよ。今後はイベントなども予定されているようなので、要チェックです。

 

むしろ、この方々をぶった斬らないと気が済まないメンタルになっていることは秘密です。

 

他にもライターさんがいらっしゃるので、「ライター一覧」をチェックしてみてください。皆さんが、上記のようなイケてるアイコンを掲載している中、ぼくだけが謎のアイコンで登場しています。

 

(せめて大きくしておきますね。)

 

 

ミラクリ

 

 

なに悩んでんの? 怒れる社会不適合者が一刀両断!

という訳で、連載をさせてもらうことになりました。

”なに悩んでんの? 怒れる社会不適合者が一刀両断!”というキャッチコピーで、「小林トシノリの一刀両断お悩み相談」が始まりました。

 

第一回はTwitterのお悩み

記事はコチラ:【連載01】小林トシノリの一刀両断お悩み相談|「最近、Twitterで気軽につぶやけなくなりました…」

 

<お悩みの要約>

1日30~40回、何かあるごとにTwitterに投稿するように。

ただ、最初の頃は知らない人から賞賛がもらえたり、自分のツイートがバズったりすることが新鮮で楽しかったのですが、今では逆に周りから反応が薄かったりすると、「今のは何が悪かったんだろう?」「もっと気の利いたことを言わないと!」という思いにかられ、Twitterで気軽につぶやくことができなくなってしまいました。

…………

 

第一回目は、Twitterにハマりすぎた主婦の方が、自分を見失う…いわゆる「SNS疲れ」に陥った悩みをぶった斬りました。ぼくは刹那に感じたことをツイートすることばかりなのですが、みんな真面目に考えてんだなーーーと、むしろ感心してしまいました。(まぁ、斬りましたけど。)

 

今後もソーシャルメディアまわりのお悩みを募集しています!

既にシェアしてくださった方のコメントで、「コレ…もう相談はこないのでは?」説がにわかに盛り上がっていることは秘密です。

 

世の中、何があるか分からんですねー。

ではでは、よろしくお願いします!

 

 

ミラクリから一言

社会不適合者という職業…w

 - ブログ

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「批判と向き合えない人は視野が狭い」とか、マジで言ってんの!?

    「批判との向き合い方」に苦しんでいる人が多いようです。 ここ2日ぐらいで「批判されること」についてリアルの知人から相談を受けたり、T …

「化粧品の仕事してるんだけど質問ある?」に答えてみたw

  化粧品畑でかれこれ10年以上仕事していると、よくこんなことを聞かれる。 「化粧品って水なの?」「広告費がほとんどなの?」 確かに気になるかもしれな …

朝礼の話はなぜ忘れ去られるのか? NewsPicksで磨かれる刺さるコメント力

  学校や会社での朝礼の話ってほとんど記憶に残りません。 立場のある人が「ありがたいお話」をしてくださるのですが、終了して数分もすると「で、何の話だっ …

3つのブログに震えた…。 心が揺さぶられる文章の特徴

    ここ最近、思うところあってインターネット上の文章はできるだけ読まないようにしています。 理由を話せば長くなりますが、要約すると「誰か …

暇な女子大生は俺たちだけのアイドルではなくなっただけだ!
ブログの文章力に絶望する? 「センス」を気にするのがバカげている理由

    最近ブログの相談を受けることがとても多くなってきた。 相談者曰く「面白いことを書けるセンスがない…」「文章力がない…」「一向に文章が …

なぜ僕のブログは誰にも読んでもらえないのか? 3つの問題点

  「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。.という記事が久しぶりにソーシャル中心で大きなアクセスを集めた。このミ …

スマホ時代に「全文読まなきゃ理解できない」コンテンツは失敗する

  スマートフォンで情報処理をするようになってから、人々はかなり「せっかち」になったようで、ブログなどのインターネットコンテンツに対して、その内容より …

イケダハヤトさん!「武器としての書く技術」を読んで3ヶ月でブログを358本書いてみました。

  2013年の12月も中旬に差しかかるころ。 ぼくの体は(と言うかアタマ)は、休養が必要なレベルの鬱(うつ)病であることが発覚して、そのまま年末に会 …

高知の限界集落からバズを起こすブログ作家! ヒビノケイコ氏から未来を感じ取ろう。

  引用元(許諾済):そろそろ「地域課題を解決する」という思い込みから抜け出そう。妄想から始まる「世界観の表現」へ.     高知 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です