ミラクリ

人生をより豊かにするブログ

なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?

 

会社勤めの時は経営者の考え方がコロコロ変わることに辟易し、「言ってたことと違う」「朝令暮改は悪」「一貫性がない」などと批判もしていたものです。でも、いざ独立してみると自分の考えがコロコロ☓100 変わるじゃありませんか・・。

 

これはなぜでしょうか??さ、全力で正当化しますか。笑

 

スポンサーリンク

 

経営者と労働者では、視点と情報量が違う

良い、悪いの問題ではなく「立場の違い」です。

経営者は「会社全体のこと」と「事業の未来」を考える必要があり、必然的に広い視点で情報を集めることになります。事業、会社、未来を複雑に絡ませながら、周りにいる経営者のブレーンや社員たちから有力な情報をつかみ、意思決定をしていくのです。

 

逆に労働者は、自分に任されたエリアの情報を「深堀り」していくところに違いがあります。

 

朝令暮改ではない経営者は、進化してない証拠

事業によっては腰を据えて、一貫性を持ってやるときもあるでしょう。

しかし勝負をかけている以上はチャンスを掴むために、日々有力な情報を得ておく必要があります。その結果として昨日は「右だ!」と言っていたことも、翌朝には「左だ!」と言うことだってあるのです。(それに不満を持つ人が多いとすれば、意思決定のプロセスを細かく説明しない人が多いのでしょう笑)

 

逆に言えば有力な情報を掴んだにもかかわらず、そのまま「右だ!」と言い続ける経営者は無能とも言えます。

 

ジェフ・ベゾス

引用元: Fonds d’écran Jeff Bezos : tous les wallpapers Jeff Bezos.

 

Amazon経営者:ジャフ・ベゾスの言葉

「常に正しい人たちというのは、自分の意見をよく変える人たちだった」

 

「一貫性は美しい」と言われますが、少し間違っている部分があるように思います。

大元の「ビジョン」が一貫していれば、そのための手段は日々変わっていくもので、この手段にまで一貫性を求められると会社としては厳しいです。

 

言うことがコロコロ変わる経営者についていくのはとても大変ですが、会社内でビジョンが共有されていれば、厳しい変更を強いられても乗り越えられます。

あースッキリした。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・「会社全体のこと」「事業の未来」を考える経営者の考えがコロコロ変わるのは当然

・有力な情報を掴んだにもかかわらず、意思決定できない経営者は無能

・会社内でビジョンが共有されていれば、厳しい変更を強いられても乗り越えられる

 - 考え方

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
「神は細部に宿る」はマジ!嘘だと言うなら「スリッパの法則(藤野英人)」を読め!
チームラボ:猪子寿之の極論(後編) この世に天才はいない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

チームラボ:猪子寿之の極論(前編) クリエイティブは特別な才能ではない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

【WEB集客の専門家】染谷昌利さんのコンサルを受けたら、ブログの全てが変わった

ぼくは、このブログのおかげで人生が変わりました。 「人生が変わった」なんて大層に聞こえるかもしれませんが、このブログを通じて人と出会い、仕事にもつながり、それで …

「夢はほとんど叶わない」と認識するのは諦めではない:為末大のツイートに学ぶ

  「夢なんて叶わないよ~~!」って言われたらムカつきますか?? いつも胸に刺さるツイートをくれる「為末大さん」が、「夢」についてつぶやいた後の、周囲 …

スマホ時代に「全文読まなきゃ理解できない」コンテンツは失敗する

  スマートフォンで情報処理をするようになってから、人々はかなり「せっかち」になったようで、ブログなどのインターネットコンテンツに対して、その内容より …

「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!

  引用元:YouTube.   たまたま目にした動画でとても面白い話がありました。 先日KDDIに会社を買収された「nanapi」を運営す …

「言い訳」ばかりの人生で良かったこと

    会社を辞める時に疲弊した周囲からの反応ベスト3 ①夢追い人扱いされ無駄に持ち上げられたこと ②配偶者や子供がいなければ自分も辞めたい …

イケダハヤトさん!「武器としての書く技術」を読んで3ヶ月でブログを358本書いてみました。

  2013年の12月も中旬に差しかかるころ。 ぼくの体は(と言うかアタマ)は、休養が必要なレベルの鬱(うつ)病であることが発覚して、そのまま年末に会 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です