ミラクリ

鬱から成功するブログ

「神は細部に宿る」はマジ!嘘だと言うなら「スリッパの法則(藤野英人)」を読め!

スポンサーリンク

 

独立してからというもの、経営者として会社運営について勉強するようになりました。

会社員人生の半分以上は営業として様々な会社に訪問することが多く、その中で会社の状態が評価できる以下のような「スリッパの法則」はなんとなく聞いていました。

 

・スリッパに履き替える会社に投資すると不思議に儲からない

・成長している会社の空気は華やぎ、停滞している会社の空気はよどんでいる

・トイレのきれいな会社に投資しても儲かるとは限らないが、トイレの汚い会社への投資は必ず損をする

・受付嬢の美醜は業績とまったく関係ないが、むしろ極端に美貌の受付嬢がいる場合の方に問題企業が存在することが多い

 


内容
スリッパに履きかえる会社、極端に美人の受付嬢がいる会社、相談役のいる会社、社員に体操を強制する会社、すべて要注意!「伝説のファンドマネージャー」と呼ばれた著者が株価の上がる会社・上がらない会社の法則を大公開。

Amazon.co.jp: スリッパの法則 – プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方: 藤野 英人: 本.

 

掃除が行き届いてない会社は、細部に目が行き届いていない会社である

営業として仕事をしていると、初めて会社に訪問したときに、「あれ??」と違和感を感じることがあります。

それは雰囲気と言うか、空気と言うか、とにかく違和感を感じるのです。それでいろいろ調べてみると実は業績が悪い会社だったり、黒い噂のある会社だったり、こういうことは本当にあります。

 

徐々に違和感を感じしていくパターンもあります。

当初はあれだけキレイだったオフィスが急に掃除が行き届いてない状態になったり、前回訪問した際にも止まっていた時計が二週間後の今も止まっていたり、そういうケースもあります。そこから調べていくと、その会社の業績が急に悪化していることが分かったりと。

 

迷信のような話ですが、実はそんな細部から会社の状態って分かるもんなんですよね。

 

「神は細部に宿る」はマジだった!

本書に書かれていることは、ファンドマネージャーとして3,000社を訪問した著者の経験から書かれたものです。

内容を一見すると迷信のようにも思えますが、ぼくの実体験としてもそうではありません。

 

「トイレのきれいな会社に投資しても儲かるとは限らないが、トイレの汚い会社への投資は必ず損をする」

これも「トイレと投資とどう関係があるの?」と思ってしまいそうです。

(ぼくはトイレ掃除が習慣なので、嬉しかったヽ(=´▽`=)ノ)

過去記事:【今日から使える!】ぼくの人生を劇的に変えたトイレの神様!.

 

しかし、それが些細な部分であっても結局は会社の心臓にまでつながっているのです。

その会社に投資するとすれば、「細部まで行き届いている会社かどうか?」を見抜く必要があり、行き届いてないのであれば、経営上の重大な問題をスルーしていたり、数字を見落としていたり、大きなプロジェクトを詰めの甘さで取り逃がしたり、そういうことがかならずあるのです。

 

それは、聞こえの良い対外的な言葉である「顧客満足」や、見てくれの良い「事業方針」には表れない部分であり、経営の本質です。

個人で言えば、まるでLEONから飛び出してきたようなパリッとしたオシャレなスーツに身を包み、髪型もばっちりで男前!でも革靴が汚い… これも同様に、その人には詰めの甘い部分があるという判断材料になってしまいます。

 

これからの自分のあり方を考えさせられた良書です。

「神は細部に宿る」とはよく言ったものですな。。。


 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・掃除が行き届いてない会社は、経営でも些細な部分を粗末にしている

・ファンドマネージャーも「トイレがきれいな会社」に投資する

・「神は細部に宿る」はマジだった!細部こそ大事にしよう

些細に見えることも、結局はそれが大きな部分につながっているものです。

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「担当者が休みです」なんてお客さんには関係ないよね?

  ちょいちょいブログに書いていますが、先日引っ越しをしました。 参考:引っ越ししたら年間60万円コストダウンできたよ!.   役所への届け …

ゼロ(堀江貴文):天才ではない凡人が目標を成し遂げるにはどうするべきか?そのヒントが盛り沢山!

  ホリエモンこと堀江貴文さんの最新刊「ゼロ」読みました。 ネットでは前評判がすこぶる高くて、Twitterでも堀江さんのリツイート攻撃を見ていくと「 …

「変人」ほど、仕事がデキる理由

    ぼくはあまり人から理解されることが無いんですよ。 自分が「コレはおもしろい!」と思ったことはたいていスベるし、話の”間”も著しくズレ …

「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

天才型の「こじ開ける力」 と、蓄積型の「隙間を見つける力」 あなたはどっち?

    自分とまったく違うタイプの人と会うのはおもしろい。 昔は「俺たち気が合うよなー」と言える人たちと一緒にいることが心地よかったものだけ …

「ベースを聴いてないのがムカつく」 ミュージシャン・ハマ・オカモト氏の、上手に人生を変える怒り方

  ミュージックバンドの中で、ベースという職業はサウンドの生命線ではあるものの、前面にでて目立つ存在ではありません。でもそんな常識をくつがえすように、 …

「”受け身”ではなく、主体的に仕事をしたらどう?」と言われて決意したこと。

    仕事とからめて、2泊3日で沖縄に行ってきた。 人生初の沖縄で得た出会いは、仕事の得意先、現地の方々、立ち寄ったカフェの店主など、非常 …

「環境が人を作る」 プロに頭をガツン!と叩かれ、教えてもらったこと。

    先日なかなか衝撃的な出来事がありました。 「環境が人を作る」と言いますし、ぼく自身も環境整備にはいつも注意を払ってきましたが、もっと …

「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

  「リーダー論」がよく話題になる。 景気もよく、ある程度予測が可能な世界であれば、少し先の未来を予測し、根拠に基づいて行動できるリーダーが必要だった …

なぜ人は「問い」を持つと可能性が広がり、「答え」を知ると立ち止まるのか。

    ぼくはフリーランスで、ライター業をメインに仕事をしています。いまは毎朝5時に起きて、一日合計で3万文字の原稿を12〜15時間ほどかけ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です