ミラクリ

鬱から成功するブログ

【男女の友情は成立するのか?】友人を好きになったときの考え方

「男女の友情は成立するのか?」

これは永遠のテーマかもしれませんね。

たしかにぼくも男女の友情が存在すると思いたいですが、一歩間違えると何が起こるかわかりません。

恋愛に発展したり、長く続いてきた友情が壊れたり、既婚者同士なら不貞に発展したり。

性的な心配をせず、堂々と付き合える友人関係は本当に存在するのでしょうか?

今回は、男女の友情に関する調査データを紹介しつつ、友人を好きになったときの考え方を紹介しますね。

スポンサーリンク

「男女の友情は成立する」と考えるのは女性の方が多い

「絶対にある!」 「いや、ない!」

男女の友情論はよく話題になりますが、本当に存在するのでしょうか?

まずは世論を確認してみましょう。

「男女の友情は成立する」と思う人は男性44.6%、女性57.9%

ここでリクルートが運営する「ブライダル総研」が行った男女間の友情に関するアンケートを紹介します。

以下の調査は、20代~40代の未婚男女2,478人を対象に実施したそうです。

「男女の友情が成り立つ」と思う人、男性44.6%、女性57.9%。

20代~40代の未婚の男女2,478人に、“男女の友情は成り立つと思うか”を聞いたところ、「男女の友情は成り立つ」と思う人は、男性では44.6%、女性では57.9%と、男性よりも女性の方が「男女の友情が成り立つ」と思う人の割合が高いことがわかりました。

引用元:ブライダル総研

考え方に男女差があるのは興味深いですよね。

しかも、男性は年齢が上がるごとに「男女の友情は成り立たない」と考える人が増えるのに対し、女性は減るとのこと。

これはあらゆる経験に基づいてのことなのでしょうか…。

男女の友情が成立するかどうかは、男性と女性で考え方は異なるものの、まさに五分五分といったところですね。

「異性間の友情は成立しない」とされる理由

なぜ男女の友情は存在しないと言われるのでしょうか?

反対派の意見をまとめてみました。

男性には大なり小なり、下心がある

まずは「男性には少なからず下心があるものだ」という主張です。

これはぼくも男として否定できませんね…。

男女問わず、人間には「生存」と「生殖」の本能がありますので、魅力的な異性を見たときにときめくのは当然です。

そして、どちらかと言うと性に対して受け身なのが女性、積極的なのが男性と言われています。

つまり男性にとって性は強烈なモチベーションになりますので、友人関係の間に下心が存在しても不思議ではありません。

性的な対象として見られなければ長く付き合えない

次は、いくら友人関係であっても性的な対象として見られなければ関係は長く続かないという主張です。

つまり男性としての魅力、女性としての色気を感じることですね。

この考え方には、ぼくも同意してしまいます。

やはりどこかに魅力を感じているからこそ、同じ時間を共有できるのですから。

たとえば嫌悪感を感じる人なら、一緒に食事をするのも嫌だと思います。

恋心は身近な存在に感じやすいもの

「恋心は身近な人に感じやすいもの」という主張も正しいように思います。

身近な人とは、たとえば以下のような存在です。

  • 友達
  • 幼なじみ
  • クラスメイト
  • 同僚
  • 取引先の人
  • 先輩・後輩
  • 良き相談相手

最初は友達であっても、頻繁に会ううちに好きになったしまった、という話はよく聞きます。

他にも、恋愛相談にのっているうちに好きになった、という話はドラマや漫画のセオリーだったりしますよね。

その恋心がスムーズに実れば良いのですが、友人関係を壊したくない、フラレたらどうしよう、などと悩むんですよね。

相手のギャップや成長に触れたとき、恋愛に発展する可能性がある

しばらくは友人関係だったのに、不意に好きになる可能性も否定できません。

たとえば以下のようなときです。

  • 予期せぬギャップに触れたとき
  • 男らしさを感じたとき
  • 女性的なかわいげが垣間見えたとき
  • 深い優しさを感じたとき
  • 大切にしてくれていることを実感できたとき
  • 大人びた発言に成長を感じたとき

やはり男女の関係において、「ギャップ」や「成長」は重要なポイントですよね。

それまでは弱々しい性格だと思っていたのに、ある一言をきっかけにして強くたくましい人に見えることもあるでしょう。

人間的な振れ幅が見えたとき、人は恋に落ちてしまいます。

どちらかに恋人ができる、または結婚したら友人関係が壊れる

いくら良き友人であっても、相手に恋人ができたり、結婚したら友人関係は壊れるもの。

友人関係は壊れなくても、少なくとも疎遠にはなりますよね。

そんな現実を見て「そんなの友情じゃない!」という人もいるでしょう。

友人だったはずなのに、恋人ができたことを伝えたら関係を切られた。

友達だったのに、結婚を報告したら嫉妬された。

そんなケースはよくあります。

男女を意識していなかったはずが、実は思いっきり意識していた証拠ですね。

人間関係のこじれはうつ病の原因にもなりますので、ストレスを溜めないように注意してください。

「男性と女性の友情は成り立つ」とされる理由

では逆に、男女の友情は成り立つとされる理由は何なのでしょうか?

ちょっと余談ですが、「ダウンタウンなう」という番組に出演された人気俳優の菅田将暉さんが、友人の二階堂ふみさんについて、「男女の友情をはじめて感じさせてくれた人」と言っていました。

人生において、今までの考え方を覆される存在に出会えた人は幸せですね。

それでは賛成派の意見をまとめていきましょう。

男女の友情は性別を超えたもの

まずは「男女の友情は性別を超えたものである」という主張です。

つまり男だとか、女だとかは関係ないということ。

もっと言えば、恋人がいるとか、既婚だとかも無関係なのかもしれません。

ここまでの強い絆で結ばれた人たちは幸せですよね。

彼氏・彼女にしたいとは思わない

友人を性の対象として見られない、つまり彼氏・彼女にしたいとは思わないという主張もあるでしょう。

恋愛対象と友人を頭の中でスパッと切り分けられる人は、かなり大人だと思います。

良き友達であっても女性、信頼する相談相手であっても男性として見てしまうのが一般的ですからね。

恋愛対象か友人かを完璧に切り分けているなら、何かの拍子に恋愛に発展することもなさそうです。

友達とのデート・キス・肉体関係は想像できない

「男として見たことがない」「今さら女として見られない」

そんなセリフを聞くこともありますよね。

ずっと密かに想い続けているなら別ですが、たしかに幼なじみとキスするとか、友人と肉体関係になるとか、ちょっと想像できませんよね。

高校の同級生で10年来の友人の「カズくん」とキスするなんて…

週に何度も顔を合わせる「あけみ」とデートするなんて…。

想像すればするほど違和感を感じると思います。

「ヤレるのにヤラない関係」が本当の友情

どこで見かけた言葉か忘れましたが、「ヤレるのにヤラない関係」が本当の友情だという主張もあります。

つまり性的な魅力は感じているものの、絶対に手を出さない。

酔いつぶれようが、落ち込んでいようが、相手の自宅に行こうが、絶対に理性を保つこと。

この関係こそが男女の友情であるということですね。

友情だなんだと生真面目に考えず、ある程度ゆるく構えたほうが良いのかもしれません。

さて、自分に当てはまる考え方はありましたでしょうか?

男女別:友人を好きになったときの考え方

友人関係から恋愛に発展する可能性はまさに「五分五分」でした。

では、もし万が一、友達を好きになってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

ここまでの考察をもとに、男女別の対策をまとめてみました。

男性:友人女性を好きになったときは慎重に!

男性が友人の女性を好きになったときは、まず慎重になりましょう。

おそらく恋の炎が燃え上がり、テンションも上がっているとは思いますが、まずは冷静に。

なぜなら女性は統計的に「男女の友情は成立する」と思っている可能性が高いからです。

つまり友人男性のことを恋愛対象として見ていないということですね。

相手にも好意があれば理想的ですが、思い込みは危険です。

恋愛に発展する可能性はあるのか、告白のタイミングはいつが良いのかを冷静に見極めましょう。

女性:友人男性は恋愛への発展を期待しているかも?

逆に女性が友人の男性を好きになったときは、積極的に攻めたほうが良いでしょう。

男性は統計的に「男女の友情は成立しない」と考えている可能性が高いからです。

つまり友人女性のこともちゃんと恋愛対象として見ているということですね。

友人関係が長くなればなるほど、いきなり「好き」だなんて言い出せないと思いますが、軽くジャブをいれ続けたら男性も好意に気付くでしょう。

すると男性も、徐々に相手のことが気になってくると思います。

ときには好かれキャラを脱ぎ捨て、大胆に行動することも大切ですよ。

ミラクリから一言

告白して壊れる関係なら、友人じゃないのかも。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【逆ギレされたときの対処法】自己愛の強い人にはこう対応する

人生において、できれば経験したくないのが「逆ギレ」です。 自分は悪くないのに上司に怒られた、彼氏の浮気を問い詰めたらキレられた、お金を返して欲しいと言ったら不機 …

矢沢永吉・イチローが語る「魅力がある大人と、無い大人」が興味深すぎた!
たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

    ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。 普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持 …

「あえて孤立して自分を確立しろ」 ジョルジオ・アルマーニ氏が教える創造的な生き方

  世界的なファッションブランド「アルマーニ」のデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏。 人見知りな性格ゆえに、ほとんど取材を受けないことで有名ですが、 …

酒を飲まない男は人生損してる!? 余計なお世話です。

  ぼくはそもそも酒が好きではない事と、飲んだら急激に眠たくなったり体調に影響を及ぼすことになるので、5年前ぐらいに酒を飲まないと決めました。 &nb …

【大人になれ!】現実的な人への3つの対処法
「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

  秋元康氏の言葉に触れて、「嫌われる勇気」という言葉を思い出しました。   嫌われる勇気とは「嫌われてやろう!」と思うことではなく、成果を …

【いい人で終わる男性の特徴】女性にモテる男はココが違う!

「いい人」と言われるのはうれしいですが、気になる女性と付き合えないのは辛いですよね。 いい人と言われる男性には、聞き上手、性別を感じさせない安心感、常に女性の味 …

2回目はない… 初対面の人と、気まずくならずに距離を置くための4つの作法

    あまり好きな言葉ではないが ”人脈” は大事だ。 ついつい成長だの、スキルアップだのに目を向けてしまいがちだが、実力が伴ったとしても …

「自由でも不自由でも嫌われるけど、どっちがいい?」:「嫌われる勇気」に唸った!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です