ミラクリ

鬱から成功するブログ

「孤独な人」に光! 社交的な「人たらし」の悩みを聞いてきた。

 

「孤独な人」に光! 社交的な「人たらし」の悩みを聞いてきた。

 

ぼくのように社交的からはほど遠い人間からすると、気さくで、愉快で、気配りがマメで、誰とでも仲良くなれるような「人たらし」は羨ましいんですよ。

 

実は、以前にそうなろうと努力したことがあります。

結果は想像通りでしょうが、はい、すぐにしんどくなって断念しました…(笑)

 

ぼくの知り合いには、ほとんど完璧な人付き合いをする「人たらし」が何人かいます。

 

でも、取材してみると、彼らにも悩ましいところがあるらしく、それは「孤独を感じている人」にとっては希望のある内容でした。

参考:上手なアイツに教えてもらった! 「話が分かりやすい人」4つのポイント

スポンサーリンク

長いお付き合いでは、「一番」になれない寂しさがある

とくに飲み会の席などで…。

「人たらし」は、見知らぬ人ともすぐに仲良くなったり、初対面の人でも帰る頃には”マブダチ”のようになっていたり、その人脈術というか、コミュニケーション能力には舌を巻くばかりです。

 

結局は「場数」がモノを言うのは理解していますが…

それでも無理で、あんな感じにはなれないなぁ…といつも感じていました。

 

でも、長いお付き合いでは、相手にとっての「一番」になれることが少ないそうです。

参考:人付き合いが苦手… それでも、人に会ってみる理由

 

「友だち、知り合いが多い」は、表面的なこと

もしかしたら、ぼくたちは表面的な部分しか見ていなかったのかもしれません。

 

確かに彼らの周りには人が集まります。

でも、それがイコール「質の高い人脈か?」と言えば、そうではない。(*「質の高い人脈」とは、困ったときに無条件に助けてくれたり、こちらも無償の愛情を注げるような関係のことです。)

 

名刺の数、LINEの登録数、メールの数、飲み会の数

「数」だけを見て「彼らはすごい人脈がある」というのは、ちょっと違う。

参考:「インターネットの出会い」は危険? いや、仲間づくりに最適です。

 

「遊び相手」は、決して「夫」になれない

一緒にいて刺激的な「遊び相手」のことを、「結婚して夫にしたいか?」と言えば、そうではないはず。

 

いつも笑顔だけど、本心が見えない…

みんなに優しい…

浮気される可能性がある…

 

一番(最愛)の人に位置づけようとした瞬間に、「楽しい」以外のあらゆる要素が見えてくるはずです。

 

仕事でもプライベートでも、長いお付き合いをする人は、あらゆる面で「安定感」があり、だからこそ安心して付き合えるし、だからこそ長く一緒に過ごせる相手は貴重なのでしょう。

参考:「仲良し教」は嫌いでも、「仲間」がいたほうが楽しい。

 

上手なアイツに教えてもらった! 「話が分かりやすい人」4つのポイント

 

発揮できる「愛情の量」は決まっている

話を聞いた男性を見ながら感じたのは…

「発揮できる愛情の量は、だいたい決まってるんじゃないか?」ということでした。

 

「人付き合い」 2つのタイプ

多くの人に、少しずつ愛情を届けるタイプ

身近な人に、大きな愛情を注ぐタイプ

 

ぼくは後者なんでしょう。

愛情を注げているのか?は、ビミョーだけど(笑)

参考:たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

 

身近な人だけを、大事にする生き方もある

「友だちが多い、少ない」「顔が広い、狭い」

これはかなり表面的なことなのかなぁと。

 

だってビジネス界で、よく聞くじゃないですか!?

「おれは◯◯さんと知り合いだ!」とか、「◯◯にはおれの名前が効くから!」とか、そして蓋を開けたら「だれ? その人…」みたいなことに(笑)

 

友だちが少なくたって…

本当に大事な人に向けて愛情を注げたらそれで良いんじゃないでしょうかね。

 

ぼくもたくさんの本を読みましたよ。

「人脈術」とか「人たらしの極意」とか、でも無理でした(笑)

 

もっと身近な人を大事にしよ~かなと。

参考:おもしろい人ほど「深い闇」がある。

 

 

ミラクリから一言

「負け惜しみ」みたいになってるけど…w

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「正しさ」に怒る人と出会ったとき、どうすればいいのか?

    両親は「あーせい、こーせい」などと言う人ではなかった。 父親はその道では有名な人だが、「後を継げ!」「同じ道を行け!」などと言われた …

孤独の向こう側にあるつながりと人脈

  ミラクリでも繰り返し「孤独であること」の大事さを書いてきました。 インターネットを介して簡単に人と繋がれてしまう現代でこそ、自分を見つめる孤独な時 …

「友だちが少ない」ことを前向きに考えるための話

  インターネットを介して簡単に人とつながれるようになった現代では、「友だちの数」「フォロワーの数」「名刺の数」を競うような風潮があるように感じていま …

【Twitter中毒の危険性と対策】SNSで消耗したときはコレが効果的!

ぼくは2010年からTwitter(@enrique5581)を使っています。 Twitterには、いろんな人と交流でき、刺激的な情報を得られるメリットがありま …

【お金が無いのに誘われた】相手を不快にさせずに断る方法

「今日、飲みに行かない?」 そんなお誘いを受けたものの、お金が無ければ困ってしまいますよね。 ぼくはうつ病で会社を辞めてからしばらくの間は、収入がなく、金銭的に …

「いいヤツ」であることを軽視すると人生を棒に振る
「集団に馴染めない人」が生きていく方法

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。 みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いで …

【いい人をやめる】好かれキャラを捨て、人間関係のストレスを解消する方法

「いい人」と言われるのはうれしいですが、人に合わせ過ぎるとストレスが溜まりますよね。 誰からも好かれる誠実なキャラクターになろうとし過ぎて、疲れることもあるでし …

「傷つくことと、生きてる実感は、かなり密接。」

    とにかく器用な友人とメシを食ったとき、彼が言ったセリフが心に残った。

意識高いのは良いことだよ! でも「押し付けがましい群れ」は滅びて欲しい。

  いつの間にか「意識高い系」って言葉が流行りました。 これは誰が言い出したんでしょうかね。常見陽平さんの「「意識高い系」という病」という本が最初なの …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です