ミラクリ

鬱から成功するブログ

「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。

 

クレクレ詐欺

 

リアル社会で「会ってください!」「売ってください!」「紹介してください!」など、やたらと「クレクレ詐欺」をしてくる人には注意をしている。

 

最近ではありがたいことに、インターネットを通じて「会ってください!」「話を聞かせてください!」と言われることも増えてきたが、自分が興味のある人だけに限定してお会いするようにしている。また自分が反対の立場でも、お会いしてみたい人には、何か具体的なメリットを提示できるようになるまでは、グッとクソリプ(*注)を我慢するのだ…。

 

*クソみたいなメッセージ(リプライ)を送りつける行為のこと

 

相手に対するメリットを示せないのが「クレクレ詐欺」

著名人のTwitterや有料メルマガを購読してみると面白い。

リプライ欄や読者Q&Aで、「やる気だけはあります!とにかく会ってください!」と熱烈なメッセージを送っている人をよく見かける。自分が目につく範囲でもこれだけあるのだから、見えない部分では毎日無数のメッセージが送りつけられているのだと想像する。しかし言うまでもなく、有名な人ほど忙しいのだ。

参考:【検索できない生き方】情報化社会では「会わなければ理解できない人」が最高にクールである。.

 

「とにかく会ってください!」の致命的なところは一点だけだ。

それは相手に対するメリットが何一つ提示されておらず、「会える」という自分だけのメリットのために「して!して!」になっている状態、これがクレクレ詐欺だ。

 

相手からしたら「え? なんで僕があなたに会う必要が…?」という素朴な疑問を抱くのである。そしてそれが執拗になってくると、言いようのない不快感に襲われ、最終的にはアイコンや名前やメールアドレスを見ただけでスルーされるようになる。

 

仕事の世界でもいないだろうか?

「紹介してください!」「売ってください!」「買ってください!」などと言ってくる人が。恐らく一人や二人は知ってるはずだ。この人たちには「共栄」の意識が決定的に欠如している。自分の営業成績、自社のメリット、自分の利益しか頭にないことになり、それはとても卑しい行為なのだ。

参考:結局「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」です。意識高い人、ごめんな。.

スポンサーリンク

「先に与える」「ご恩を返す」という基本的で、最強のルール

良い人間関係をつくる秘訣として「相手に先に与える」ことが重要なのは言うまでもない。

これは人間が使うネット社会においても重要なことで、「ダレデキブログ」さんの「先に与えてしまえ」を実践しているブログを発見したので反応してみた.にも丁寧に書いてあるので、ぜひ一読して欲しい。

 

誰かにお会いするとしても、「ぼくは◯◯の詳しい情報を持っているので、よろしければお会いしませんか?」、商品の販売をお願いするにしても、「ぼくは◯◯の販売ルートを持っているので、御社商品の購入にもつなげることができます」、誰かを紹介してもらうにしても、「ぼくは◯◯さんと仲が良いので、あなたにもご紹介ができます」というメリットを提示することが必須なのだ。

参考:「損得は考えずに、ただ全力でやるだけ」林修氏が芸能界でも人気の理由は、キャラだけではなかった!.

 

「やる気だけはあります!」は「時間が合えば飲みに行こうね!」とほとんど価値は変わらない。

 

ところが人間には「困っているとき」もあるのは事実だ。

「今月の売上がヤバい…」「いまあの人に会えなきゃヤバい…」、そうならないのが理想だが、急を要する場合も時にはある。そんな時でも、「このご恩は必ず◯◯の形でお返しします」と約束し、何ヶ月・何年かかっても本当にお返しすることがとても重要だ。「このご恩は…」を安売りする人もいるので質が悪いのだが、絶対にお返しするようにすれば、それがあなたの信頼につながるのだ。

 

ぼくも人に対するご恩が溜まっており、必ずお返ししていく決意だ。

参考:「仕事で成功したきゃ、キャバクラに行け!」→「は?」と思ってた自分を5発殴りたい。.

 

「仕事のほとんどは人間関係で成り立っている」という事実

良い人間関係のコミュニティを持っていれば、相手に与えたことは、自分にも返ってくる。それは当然で、相手にも前述の最強ルールが染み付いていれば、どんな形であれ返してくれるのは必然だからだ。(だからと言って、見返りを期待した行いには注意が必要だよ。)

参考:「失敗を考えたら何もできない」 コシノジュンコ氏が語る、パイオニアな生き方.

 

「先に相手に与える」を「自分が損する」と考えたあなたは、詐欺師になるポテンシャルが大きい。

 

よく考えてみて欲しい。

実力のある人間、個性的な作品、高品質の商品がみんな成功しているだろうか?

その分野で日の目を見るためには、人の協力は必要不可欠であり、もっと言えば自分を発掘してくれる有力者の存在も必須なのだ。つまり「仕事のほとんどは人間関係で成り立っている」これは紛れもない事実だ。

 

どれだけイケメンでも、どれだけ個性的でも、どれだけ仕事がデキても、どれだけ良い作品でも、どれだけ高品質な商品でも、人に好かれなければ流通に乗せることはできない。ネット上で辛辣な意見を発信する炎上系ブロガーは「理解なんかされたくない!」とも言うことから、多くの人に嫌われていると思いがちだが、実は全く逆で「近しい人」にはものすごく好かれており、結果的に押し上げられているのだ。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。.

 

では、あなたが今するべきことは何だろうか?

著名人に「とにかく会ってください!」と言うことだろうか?

 

ミラクリから一言

ぼくが虜にできた人はそう多くないだろう。まぁ、そういうことだ。

 - 人間関係の不安

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

共感力ゼロ! それでも「空気を読めない人」だけが頼りになる。

    ぼくはよく人から相談を受けるんですよ、昔からそうです。 あまりにも相談を受けるので「ぼくは人の気持を理解できる人間なんだ、うんうん」 …

【自分を信用しないこと】他人の言葉を自分化して受け入れる。すると想像もしなかった方向に道が開ける

    いきなり変な話だが、ぼくは自分のことをほとんど信用していない。 自分の思考や認識している性格、過去の出来事への解釈も含めて全くと言っ …

うつ病の影響で人間関係が悪化したときにやるべきこと

うつ病が原因で人間関係が悪化してしまうケースがあると思います。 「腫れ物にさわるような扱いを受ける」というよりは、重いうつ症状の影響で関係がギクシャクしてしまう …

「あなたのためを思って言っているんだ」には、どう対処すればいいのか?

    「あなたのためを思って言っているんだ」   そんな前置きのもと、厳しい”アドバイス”を受けたことは一度や二度ではありません …

会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

  友だちから「厚みのあるクズだね!(ニコッ)」と言われて強く生きていこうと思った小林です。 自慢できることではないが、ぼくは人から嫌われたこと、理不 …

「気持ちに余裕がない→他人を攻撃したくなる病」を解決してみた。

    気持ちに余裕がないときって、「他人を攻撃したくなる病」にかかりませんか?   最近ちょっと仕事が立て込んでいまして、気持ち …

人間関係が原因でうつ病になったときの対処法

うつ病の原因になりやすいのが「人間関係の悩み」です。 何らかのトラブルならすぐに解決できますが、人間関係はなかなか難しいもの。 強いストレスを感じていたとしても …

悩みを相談するのが上手な人と、下手な人の4つのちがい。

      この記事を書いてる時点で、ぼくは沖縄にいる。 不思議なもので”非日常”に飛び込んだときに限って、「相談」と称してLIN …

伝えたいことがあるなら、激しい言葉を使わないほうがいい。

    今よりもどっぷりインターネットウォッチをしていた時期があった。 ニュース、メディア、ブログだけではなく、炎上案件や、誰かと誰かが激し …

うつ病であることを相談できない?まず身近な家族・友人に打ち明けてみよう

うつ病であることは、人になかなか相談できませんよね。 ぼくが鬱を患ったときも、家族に相談するにも時間がかかりましたし、会社の上司に報告するときには心臓が飛び出そ …

Comment

  1. […] 「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。 小林トシノリさんのこの記事に出会った。 こちらの記事も出会いを呼ぶ記事だと思った。 ※こちら、小林さんの記事は […]

  2. […] 外部リンク:「クレクレ詐欺」を止めた瞬間から、人はあなたの虜になる。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です