ミラクリ

鬱から成功するブログ

人から嫌われる経験がもたらす人間的な深みとか、味とか

 

誰かに嫌われるのは嫌なことです。

ぼくだって、嫌われるぐらいなら好かれたいです。すっごい好かれたい。

 

でも、みんなに好かれることは無理なんですよね。

スポンサーリンク

 

人から嫌われた経験について

8.嫌われている/嫌われた経験がある

自分がやりたい事の向こう側には必ず反感を買う人がいます。アンチも沢山います。特にネットの世界では言いたい放題言われたり、嫌われたり、悪と決めつけられる事だって多いです。ネットの世界に限らず、現実にだって勿論沢山います。

誰しも同じ道を歩むなんて不可能なんだから、当然嫌われる事だってあります。例えば、Aという方法で成功した人は、Bという方法で成功した人の事を馬鹿にする事があります。例えば英語を独学で学んだ人が、学校行くなんて意味ねぇとか言っちゃう人がいるのと一緒です。20代の内に苦労した人は、後輩が楽しているとなんとか苦労させようとする人もいますが、僕から見ればそれも一緒です。自分の方法や手段があると、大抵の場合は何かしら嫌われます。しかし、皆が皆、各自それぞれの正解や不正解、意味の有無があって当然なのだから、嫌われる事を一々恐れるのは時間の無駄だと僕は思うのです。

引用元: 自分のやりたい事を仕事にしてる僕らに見られる10個の特徴 | バンクーバーのうぇぶ屋.

 

嫌われないように努力するのは本当に時間のムダです。

だってどんなに努力したって絶対に嫌われるし、逆に言うと好かれることも自分で完全にコントロールはできないから、つまりは「人にどう思われるか?」と考えるなんて本当に時間の無駄遣いです。

 

20140119085553

 

嫌われた経験のある人や“根が”優しい

嫌われた経験のある人、イジメられた経験のある人、そしてそれを自分で自覚してる人には“根”が優しい人が多いように感じます。

やはり自分自身のつらい経験から、人の気持ちを感じられる能力が身につくのかもしれません。それは表面上の優しさや態度にかかわらず、ふとした時、いざという時に見せる言動がそれを感じさせます。

 

それは話してるとなんとなく分かります。

すっごい言葉は乱暴なのに「この人優しいんだろうなぁ」って人。ぼくはどうせならそんな感受性豊かで人間味溢れる人と付き合って行きたいと常々思っています。

 

 

心の奥の優しさが見えない“好かれキャラ”の人が苦手です

ぼくは、どんな集団にも必ずいる“好かれキャラ”の人が苦手です。

好かれキャラと呼ばれるには広い層と付き合うことが必要だから、自分のキャラを見えにくくして、その人その人に合わせる能力があります。これ自体はスゴイことですが、その人自身の「本音」を見えずらしくしてしまいます。

 

あと、ぼくが出会ってきた人の話ですが、ふとした時に見せる“冷たい目”“冷たい行動”にヒヤッとしてしまいます。

好かれキャラの人は処世術に長けてるので、色んな場面で合理的な判断をしますが、だからこそ「その場面」が来た時にはふと“冷静な目”になるんでしょう。だからぼくは苦手です。

 

できれば、わざわざ嫌われたくはありません。

でも、いま誰かとうまくいかなくて苦しんでいても、いずれ分かる時がきます。

その経験が自分の人間性に深みや、味をだしてくれたんだと。

 

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・嫌われないための努力は本当に時間の無駄

・人から嫌われる経験が人間性に深みを出してくれる

・自分の本心に忠実に生きていれば、人からどう思われようと人に優しくなれ、それが味になる

今日も自分に忠実に生きてるかな~~~。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

ボディランゲージが人を作る
「自称クズ」に教えたいセルフハンディキャッピングの恐怖:姿勢が人の現実を作る!

  ・自称クズ ・自称社会不適合者 ・わたし(ぼく)バカだから インターネットの世界には、プロフィール欄にこれらのことを書いたり、発言の中に組み入れて …

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」でいるための極意は。
たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

    ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。 普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持 …

DSC01932
インターネット上の出会いは楽しく、別れはシンプルに。

    インターネットのツールを利用していれば、人との出会いに恵まれることがあります。ブログを通じて人に会ったり、Twitterを介してリア …

ミステリアスな人
【検索できない生き方】情報化社会では「会わなければ理解できない人」が最高にクールである。

  著名人の名前をGoogle検索してみると、その人のプロフィールや活動履歴が分かり、SNSを通じて直接コンタクトをとることができる、いまはそんな時代 …

2回目はない…。 初対面の人と、気まずくならずに距離を置くための4つの作法
2回目はない… 初対面の人と、気まずくならずに距離を置くための4つの作法

    あまり好きな言葉ではないが ”人脈” は大事だ。 ついつい成長だの、スキルアップだのに目を向けてしまいがちだが、実力が伴ったとしても …

Facebook
「Facebook疲れ」が流行? 病になりきって分かった3つの原因と対策

  かなり前から言われていますが「Facebook疲れ」はあるようですね。 ぼく自身は人の投稿に対して何かの感情を抱くことは少ないので、疲れるも何もな …

「傷つくことと、生きてる実感は、かなり密接。」
「傷つくことと、生きてる実感は、かなり密接。」

    とにかく器用な友人とメシを食ったとき、彼が言ったセリフが心に残った。

絶望
「ポジティブ教」に入信したければ、まずは絶望を経験するべきだ。

    ある出来事がキッカケで、久しぶりに心底絶望して眠ることができなかった。 でも中途半端に絶望しているときは胸の内がザワザワしているのだ …

20131228111012
本音はどう? キャバクラで嬢に説教するおじさんはウザい

  ぼくは「夜の付き合い」が苦手で、キャバクラにはあまり行きません。 そして人生で自分のお金でキャバクラに行ったことはなく、仕事の付き合い(経費(しか …

変人
「変人に憧れる」「個性的になりたがる」とかもう止めよう問題

    ぼくは「変人に憧れる凡人」と「個性的になりたがる人」が苦手だ。いや、正直に言うと嫌いレベルだ。   やたらと自分を「盛る」 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です