ミラクリ

鬱から成功するブログ

三浦知良・中田英寿でもこんなに違う! 「自分で決めた生活習慣」で豊かになること。

 

習慣

 

たまたま機会があって「ボクらの時代」というテレビ番組を見ました。

そこで48歳でJリーグ最年長ゴールを決めたばかりの「キングカズ」こと三浦知良選手、元サッカー選手で現在は日本文化を世界に発信する活動をしている中田英寿氏、そして元サッカー選手で解説者・タレントとして活躍する前園真聖氏が出演していました。

 

現役時代から深い親交があった3人の貴重なトークも面白かったですが、番組から垣間見えた「自分でつくった生活習慣」の違いが何よりも興味深かったです。一流の人ほど「決まったカタチ」を自分なりに確立し、豊かに生きていることがよく分かりました。

スポンサーリンク

三浦知良選手(キングカズ)のストイックな習慣

三浦知良選手の習慣を要約すると、ストイックな習慣という言葉がピッタリです。

 

・聴く音楽は田原俊彦(トシちゃん)が主

・外ではスーツ、室内ではガウン着用(たまに私服)

・酒はテキーラのみ(好きなわけではなく、ガソリンのような存在)

・毎年1月はグアムで自主トレをして身体を作る

・個人契約の調理師、フィジカルトレーナーが常駐(家族旅行に同行することも)

・朝食:6:30〜7:00、昼食:12:30〜1:30、夕食:6:30〜7:00

 

引用元:ボクらの時代

 

現役サッカー選手であることはさておき、コンディショニングのために一日を徹底的に管理しているのがよく分かります。しかもシーズン中かどうかには関係なく、ほとんど年間通して徹底しているそうです。

 

シーズン中は家族と離れて暮らしているそうですが、一緒に過ごすときや家族旅行の時には、生活習慣を自分に合わせてもらうそうです。家族旅行にトレーナーが同行したり、旅行先では外出せずにひたすら静養するそうですが、48歳でも一流のアスリートでい続けるためには、ここまでストイックにしているのかと心底驚きました。

 

 

中田英寿氏の偏った習慣

一方で、今ではサッカー選手を引退した中田英寿氏の習慣は対照的でした。しかし、現役時代から継続している偏った習慣も多いのが面白いです。

 

・「楽しいことを仕事に変える」が信条(サッカーも同様)

・定住する家がない

・都内に洋服を保管する倉庫だけがある

・仕事以外でサッカー観戦はしない

・一日一食(夜に会食で食べるのみ)

・お菓子が主食(無類のお菓子好き)

・ジャンプ、マガジン、サンデー、ヤングジャンプ、ヤングマガジンを30年間欠かさず購読している(海外で現役時代も日本から取り寄せていた。)

 

引用元:ボクらの時代

 

現役時代の食事は今よりも意識して食べていたようですが、中田英寿氏は「野菜嫌い(野菜アレルギー)」としても有名な偏食家です。体調に問題ないことは検査した上で、足らない栄養素はお菓子から補給するなど、とてもユニークな習慣があります。

 

そのお菓子好きがこうじて東ハトの執行役員にもなり、「楽しいことを仕事に変える」ことも実践しています。

人から見れば偏っていようが、それで世界の第一線まで駆け上がったのですからマイルールを徹底することは何よりも大事なんですね。

 

 

ビジネス書ばかりを読むとバカになる

過去には年間200冊のビジネス書を読んでいたぼくの経験では、「ビジネス書ばかりを読むとバカになる」ことは明白だと考えています。

 

なぜならビジネス書のような本には、「本質的ではない、それっぽい答え」が書いてあることで、読者は想像力を失ってしまうからです。結果的に自己啓発書が出版される数ほどには、何かで成功していく人が出現しないのですが、多くの人にとって「答えのようなもの」を知ってしまうことは弊害にしかなりません。

 

情報を「一つの考え方」程度に収集できる人は実は少なくて、多くの人は情報を浴びれば浴びるほど侵されてしまうのです。情報を自分のアタマで考えて落とし込み、それを熟成させていくことが大事です。

 

 

マイルールを実践すると精神が安定し、日常に集中できる

インターネット上にはライフハック情報が溢れており、人気の記事には多数のはてなブックマークが集まっているのを見かけますが、ぼくはこの手の情報を見るのを止めました。あくまでリアルに主軸をおいて、生活習慣を自分で試行錯誤し、「必要なときにググる(検索する)」ことにしています。

 

ライフハックを実践するそのサイクルは、永遠に続いて消耗しますよw

 

三浦知良選手と中田英寿氏の生活習慣から学ぶことは、「マイルールを実践すると精神が安定し、日常に集中できる」ということです。ルールがあることで周辺の雑音に影響されず、自分がやるべきことだけに集中する毎日が、結果的に人生を豊かにしているように感じます。

 

ぼくも「瞑想」「一日一食」「断食」「3年周期で引っ越す」などを実践していますが、読者の方から「やったら何か変わりますかね?」と質問されることも多いです。それはとても嬉しいことではあるのですが、それでも情報はあくまで「他人の体験談」として、自分自身で実践してみましょう。

 

「一歩を踏み出すキッカケ」ぐらいになれたら嬉しいと思ってますよ!

 

 

ミラクリから一言

久しぶりにテレビ見たらおもしろかった!

 - 生活習慣

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【うつ病と食事】予防と対策に効果的な栄養素と食生活について

うつ病は「抗うつ薬」で治療するものだと思っているかもしれませんが、生活習慣の改善も大切です。 とくに効果的なのは食事。 栄養のバランスを見直すことは、うつ病の予 …

【うつ病を予防する】鬱につながる睡眠障害と十分な睡眠の重要性

ぼくがうつ病を患ったときは、明らかに睡眠不足でした。 「寝るのがもったいない」ぐらいに考えていて、就寝はいつも午前1:00すぎ。 早朝5:00に起床して会社に行 …

【理想的な睡眠時間について】人間はどれくらい眠ればいいのか?

人間にとって理想的な睡眠時間とは、何時間なのでしょうか? できれば充分な睡眠時間を確保して、健康管理をしたいですよね。 ときには仕事が忙しくて睡眠時間を削ったり …

【ランニングの健康効果】ダイエット・ストレス解消などメリット・デメリットを徹底解説

ランニングには「健康増進に効果的」というイメージがありますが、それは本当なのでしょうか? インターネットで調べれば調べるほど、いろんなメリット・デメリットが目に …

【1日の疲れが取れない原因と対策】肝臓機能の低下や病気に要注意

なぜか疲れが取れないときって、ありますよね。 今までは一晩寝たらフル充電できたのに、なぜか気分良く目覚めることができない…。 その原因は老化でしょうか? それと …

【謙遜・謙虚・卑下の違い】褒められたときは「ありがとうございます」でOK

一流の人たちを追いかけたドキュメンタリー番組を見ていると、あることに気づきます。 彼らは謙遜をしない。 謙遜はしないけど、謙虚であるということです。 ぼくは今ま …

【だから睡眠不足は怖い】心と体への悪影響と解消方法について

睡眠不足になっていませんか? 仕事が忙しい人ほど短時間睡眠になりがちですよね。 日本では睡眠不足を「忙しさの証」ととらえ、「寝てない自慢」をする人も多いのだとか …

【NASAも認めた昼寝の効果】昼寝のメリット・デメリット・最適な時間・やり方のまとめ

「昼寝の効果」が見直されているようですね。 以前までは「昼寝は怠け者のやること」とされていたのに、今では仕事の生産性を高めるものとして認められているのだとか。 …

【睡眠の質をチェック】睡眠不足・不眠症がわかる15の質問

睡眠は、適切な時間を確保することも大切ですが、質を上げることはもっと大切です。 いくら1日あたり8時間寝たとしても、眠りが浅ければ疲れがとれませんからね。 忙し …

「酒を飲めない人は人生損してる」って本当? 禁酒して良かったこと

「酒を飲めない人は人生損してる」 「お酒を飲めない奴に面白いやつはいない」 そんな格言を聞いたことはありませんか? お酒はそれぞれで楽しむものですが、お酒を飲ま …

Comment

  1. […] 参照:『カズ・ヒデでもこんなに違う! 「自分でつくった生活習慣」で豊かになること。(ミラクリ)』 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です