ミラクリ

鬱から成功するブログ

イチローを陰から支える弓子夫人:そのエピソードが色々スゴイ!

 

メジャーリーガーのイチロー選手に焦点を当てた書籍やテレビ番組は数多くありますが、その活躍を影で支える弓子夫人については、詳しく語られることがありません。

イチロー選手が自分の口から語った弓子夫人のすごさは、個人の人付き合いにはもちろんのこと、仕事や企業のあり方についても参考になるので紹介します。

 

番組名:イチロー ぼくの歩んだ道

イチロー

放送局:NHK

放映時間:2011年1月29日(土) 1:15~2:55

司会:糸井重里(Twitter)、住吉美紀(Twitter

ゲスト:イチロー

 

*当番組は2011年に地上波で放送されたものです。

*以下は重要な部分の要約になります。全て見たい方は、録画している誰かに頼んで全て見てください(笑)

スポンサーリンク

シーズン終了時にプレッシャーから開放されている弓子夫人の凄さ

糸井重里(以下、糸井):日本で普通に会社員として勤めてて家を守るのも、これはこれで大変なんだけど、別の国に行っていろんなことを期待されている中で家の生活を守るっていうのは、イチローさんだけじゃなくて奥さんの方も目に見えない数多くのストレスがあるんじゃないですか?

 

イチロー:ぼくより(弓子夫人の方が)ずっとストレスでしょうね。それはいつもシーズンが終わった時にそう思いますね。

 

住吉美紀:(以下、住吉):どんな時にそう思われるんですか?

 

イチロー:シーズン最後の日に「終わったぁ!!」ってやってるんですよ。コレすごくないですか?ぼくじゃないんですよ?(笑) ぼくがやってるなら分かりますけど、弓子が「明日から何にもなーーい」ってやってるのを見た時に、やっぱりこの人すごいなって思うんですよ。

 

糸井:それは……分かりますね。

 

イチロー:「この人のココはすごい」とか言うのは、いくらでもあったりはするんですけど、その一言が全てを表してると思います。

 

嫁

 

いつもは味方、時には冷静な「敵」になる弓子夫人のバランス感覚

住吉:私も海外に家族で引っ越した時に、みんなで協力しないと生きていけないので、家族の結束がすごく強まりました。そのような実感はありますか?

 

イチロー:最後は味方でいてくれると思ってますよね。でもそれってよくあることじゃないですか。

でも彼女(弓子夫人)のスゴイところは、そんな存在なんですけど、ぼくがおかしなことを言うとバチッと言ってくれて、味方でもあるのですが、時々敵側にも立ってくれる。そのバランスがすごいなと思います。

 

糸井:それは寂しがり屋のイチローさんとしては、実は最初は驚きましたか?

 

イチロー:いやぁーービビりましたよ(苦笑) バチッと言ってくるんですけど、言ってくることがもっともなことなんですよね。ぼくが感情的になっても、彼女はいつも冷静で客観的なんですよね。そこでぼくも我に返れるというか。

 

 

まとめ:「厳しい指摘」をしてくれる人が身近にいる人の強さ

近年はビジネス界でも「ガバナンス」について見直されています。

隆盛を極めた一族経営の会社が、いつの間にか会社を私物化してしまい、破綻に追い込まれるケースも増えていますが、それは身近に「適切な意見を言ってくれる人」をおかないこと、つまり「誰も経営陣に意見できない体制を作ったこと」に問題があります。

 

人付き合いも同じで、基本的には自分を肯定してくれるものの、時には言いづらいことをキチッと言ってくれる人の存在は重要です。

家族、嫁(夫)、友だち、同僚、上司など、厳しいことを言ってくれる人は敬遠してしまいがちですが、そのような人を身近においている人は強いです。

 

 

関連する記事も書きました!

参考:イチローが語る2つの決断のコツ:プロポーズは「◯◯に」.

参考:矢沢永吉・イチローが語る「魅力がある大人と、無い大人」が興味深すぎた!.

 

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・家庭内に安心できる場所があるからこそ、外でも頑張れる

・時に自分に厳しい指摘をしてくれる人の存在は何よりも大切

・自分に意見してくれる人が、近くにいてくれるような環境づくりをしたい

 - 夫婦・家族

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

整理券
結婚した嫁に「やっぱり女性には勝てないなぁ」と思わされたこと

  ぼくは今で結婚七年目、子供もいて四人家族です。 これぐらいの年数を嫁と過ごすと「やっぱり女性には勝てないなぁ」と思わされることが何度かありました。 …

家族
ワイフハック? 嫁と血がつながることは一生ないんだよ。
女性
【セックスレスの原因と解消法】ある夫婦が行った効果的な解消事例を紹介

セックスレスは、長い夫婦生活、または恋人関係における重要な課題ですよね。 肉体関係がなくなることで心の距離まで遠ざかる、そんな状態になってしまいます。 ちゃんと …

寿司
鮨屋の大将が教える「夫婦円満の秘訣」に猛反対した話

  ぼくはいま結婚七年目(のハズ)で、夫婦円満にやっています(ハズ)。 家族でのコミュニケーションをすごく大事にしているのですが、上の世代の方のお話を …

結婚
結婚という「非合理的システム」で生きていくこと

    夕方の4時、たまに子どもたちと公園に行く。 これは会社員のときからは想像もつかない日課だが、公園で会ったママさんたちには「アレ…この …

金
「貧乏キムタク」よりも「金持ち温水」を選択する人に言いたいこと

  「貧乏キムタクvs金持ち温水!結婚するならどっち?」という面白い記事を読みました。   まず、調査対象が「年齢不問・女性」「100名」と …

決断
イチローが語る2つの決断のコツ:プロポーズは「◯◯に」
米
結婚したことで失った3つの孤独

  フォロワーさんから聞かれたのですが、ぼくは今で結婚7年目です。 結婚するまでは、誰かと付き合っても最短3日〜最長6ヶ月みたいな、「誰かと共に過ごす …

妊活
子供が欲しくないのに「妊活」する人がいると聞いて愕然とした。

  ルールとして明文化されているわけでもないのに「◯◯して当たり前」となっていることがありますよね。 特に人生設計についてはそうで、下記のような記事を …

家族
「夫婦仲が悪い」ことがデフォルトなのはなぜ?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です