ミラクリ

鬱から成功するブログ

星野源氏の発想が心にグサッ! 「才能ないから頑張ってやるんじゃないの?」

スポンサーリンク

 

俳優、ミュージシャン、文筆家という複数の肩書を持つ「星野源」さん。

何かの番組で星野源さんがおっしゃっていたことをメモしていたのですが、それを見返してみるとすごい言葉だなと思ったので共有します。

 

星野源:「才能ないからやるんじゃないの?」

「才能がない」って色んな人に言われ続けてたんですよ。

例えば「役者をやりたい」と言ったときも「才能ないと思うよ」って。じゃあ「音楽をやりたい」と言ったときも「役者の方が才能あるんじゃない?」とか。文筆をやろうとしたときも「いやぁ、才能ないと思うなぁ」と。

 

「辞めて何か1つにに絞ったら?」とか言われたり。

でも自分は「やりたいしなぁ」と思って、って言うか「才能ないからやるんじゃないの?」と。才能ないから頑張っておもしろいことを考えて書いて、それで「おもしろい!」って言われたら俺の勝ちじゃんと。

 

「やりたいこと」があるなら、どんどんやってみればいい

「できること」を磨き上げることもキャリアの選択肢です。

でもそれが「やりたいこと」であれば、もっと膨大なエネルギーを発揮できますし、多少のトラブルに遭遇したところで「苦労? なにそれ? おいしいの?」ぐらいの気持ちでイケることがあると思います。(過去記事:仕事における「やりたいコト」「できるコト」との付き合い方.)

 

やりたいことがあるなら、恐れずになんでもやってみれば良いと思います。

 

自信に根拠は必要ない、走りながら根拠を作る

自信に根拠が必要であれば、何をするにも恐れを抱いてしまいます。

どんなことにも根拠を求めてしまうことは、新しいチャレンジをするときには弊害になる考え方だとぼくは思っていて、スタートするときは根拠の無い自信、そして走りながら小さな成功体験を積み重ねることで根拠を作っていけばいいです。(過去記事:自信に根拠は必要? 「根拠の無い自信でスタートし、根拠を作る」姿勢.)

 

才能

 

「才能」とか言い出したら何もできない

「才能」とか言い出したら何もできませんよ。

ビジネスの世界で言えばスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスク、マーク・ザッカーバーグなどの経営者などが有名ですが、いきなりそこを見ても尻込みするだけで、「よっしゃ!そこに食い込んでやろう!」とかいきなり思える人は超人です(笑)

 

おそらく何かの作品を作ってみると、最初は「才能ないなぁ」「クソだな」「つまんないな」と言われますが、それでめげたら試合終了です。

 

ぼくもこうして5年ぐらい文章を書いていても、いまだに下手だと思いますし、才能あふれる人のとてつもない文章を見たり、著名な人のサクッとした文体を見て絶望するときはあります(笑)でも最終的には「好きだからやってる」という気持ちが勝るから続いてるんですよね。

 

「好きだから」「やりたいから」

それだけの感情がもっと優先されて良いはずです。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・才能がないからこそ頑張ってやる

・やりたい気持ちがあるなら、我慢せずにどんどんチャレンジするべき

・「自信の根拠」「才能」などと言い出したら何もできない

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「ベンチャー企業で働けば成長できる!」 その実態はコチラになります。

    「ベンチャー企業で働いて経験を積みたいです!」 そんな相談をよく受けますが、ベンチャーで働けば経験をつめて、ビジネスマンとして成長で …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

成長したいならドMになって「自分よりレベルの高い人」と付き合った方が良い理由

  タイトルに有るような格言は、意識高いビジネスの世界ではよく言われることです。 でもそれを自分なりの言葉にしてみると、どうにも納得できる形にはならな …

矢沢永吉氏:35億円の借金を、6年で完済した秘訣は「人参」だった。

  言わずと知れた日本を代表するロックスターの矢沢永吉さん。 音楽はもとより、そのロックな生き様にも熱烈なファンが多いですが、1998年にはスタッフの …

「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!

  引用元:YouTube.   たまたま目にした動画でとても面白い話がありました。 先日KDDIに会社を買収された「nanapi」を運営す …

消費が終わり、感動するものだけが残る時代の仕事

ファッションの街、大阪・南堀江で人と待ち合わせをしていた。 待ち合わせまであと15分あるが、カフェに入るほどの時間はない。 仕方なくファミリーマートで買ったアイ …

本田圭佑選手に学べ!「試練」は目標を持った人だけに訪れる

  セリエA、ACミランに移籍した本田圭佑選手はいま大注目の存在です。 ぼくが本田圭佑選手をずっと前から好きだという、ただそれだけの理由なのですが、今 …

「窓際族」から勝ち組になれたのに虚しかった経験。人のために働く大切さ。

    営業一年目は、ほとんど成績を残せなかった。 うろ覚えだが、10人の営業マンのなかで7番目ぐらいだったと記憶している。どうせならぶっち …

仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

【残業100時間の実態】過労死ラインを超えた残業から身を守ること

「月100時間の残業」 そう聞いて驚くでしょうか? それとも大したことがないと思うでしょうか。 ぼくも月200時間残業をしていた会社員時代であれば驚かないでしょ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です