ミラクリ

鬱から成功するブログ

部屋を活かせば人生が変わる(岩崎夏海)…人生を変える“ヘヤカツ”をしよう!

 

本書は、あの「もしドラ」で有名なハックル先生こと「岩崎夏海さん」の著書です。

今までの岩崎夏海先生の感じからすると、本書は「え??掃除の本なの??」って思ってしまうのですが、そうなんです(笑)

スポンサーリンク

岩崎夏海氏:「天才とは環境で得られる後天的なもの」

ぼくが以前に先生とTwitterでやり取りをさせてもらった時、「天才とは環境で得られる後天的なもの」というものがありました。

 

この考え方はちょっと意外だったのですが、岩崎夏海先生もその「環境づくり」はご自分で努力をされているそうです。ですから本書の内容は、掃除は掃除でも、「断捨離」「片付け」「ライフハック」のようなものではなく、「自分が最大限能力を発揮するための部屋の環境づくり」というニュアンスになると感じました。

参考:チームラボ:猪子寿之の極論(後編) この世に天才はいない!.

 

 

ヘヤカツ:部屋を活かせば人生が変わる

婚活(コンカツ)ならぬ「部屋活(ヘヤカツ)」です。

この本の内容を元に活動している「ヘヤカツドットコム」というサイトも存在しました。めちゃくちゃ本格的です。

 

そして、インターネット界隈で有名な「津田大介さん」の事務所を、ヘヤカツメソッドを元にして大改造する動画もあり、めちゃくちゃおもしろいです。この動画だけを見ても、ヘヤカツの基本は理解できると思います。

 

 

 

 

「部屋の流れを作る」ことの重要性

仕事でもなんでもそうですが、「流れを作る」って大事です。

例えば仕事のやり方として、自分のところでその業務や情報を溜め込む人っていませんか?溜め込んだ場合に、自分だけが困るのであればいいのですが、会社のようにチームで仕事している以上は、目詰まりを起こすとみんなが困ります。

 

一度その人のところで目詰りを起こすと、誰もその人に仕事を頼まなくなるし、チームの中では疎まれてしまうでしょう。だからこそ、その人のところで業務や情報が目詰りしないように、常に流れを作るのが大事です。

参考:ワンピースな仕事術! 「自立したスペシャリストを味方につける」5人の男性.

 

 

掃除機が通れる道を作ること

岩崎夏海先生は本書でこれを「部屋に掃除の道を通す」と表現されているのですが、もう少し噛み砕くと「掃除機が通れる道を作る」ってことなんです。そのベースから考えると、だからまず床の上に置くようなものは最小限になりますし、壁際にビシッと付けてるようなソファの置き方も変わるでしょう。

 

掃除をする際に「何かをどかす」という行為が不要になる配置を考えるということです。一度この通路さえできれば、掃除が億劫ではなくなるし、むしろどんどん綺麗にしておきたくなるでしょう。

 

ぼくは、そもそもあまりモノを持たない人なのですが、それでも机の上にはちょっとした小物を置いてあるのが習慣になっています。そんな特に意識してなかった習慣から考えなおして、いまいる実家から自宅に帰ったらもっともっとモノを処分して、モノの配置を見直そうと考えています。

参考:持ち物を減らすこととメンタル(思考)の身軽さには相関関係がある.

 

 

人生を身軽にする「物を持たない」生活は理想的

もし、今日引っ越しを命じられたとしても、明日には「3つのスーツケースだけで」移動できる状態で、とても理想的です。

もっとこのメソッドを実践していきます!

参考:まずは荷物ダイエット!荷物が多いことのメリットは見当たらない.

 

 

ミラクリから一言

もはや何かを溜め込むのは「ダサい」です。

常にすぐ移動できる「遊牧民」のようなイメージで身の回りを整理すれば、部屋の中は劇的に変わりますよ!

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

脳を快楽状態に! 脳科学者:中野信子氏が教える「結果」よりも「プロセス」の大切さがスゴかった!

  脳科学者「中野信子」さんのお話が衝撃的だったので紹介します。 何か目標がある場合は「結果」よりも「プロセス」に着目した方が、自分でも信じられないぐ …

「旧社会にいたらヤバい」チームラボ:猪子寿之氏が語る新時代の「大人」とは?
無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

    フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。   「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ …

【好きなことを仕事にする人の特徴】できない人と何が違うのか?

好きなことを仕事にできれば、それが理想ですよね。 まるで遊ぶように働き、プライベートと仕事の境界線がない。 そんな人生に憧れると思います。 ぼくもフリーランサー …

社会人になった最初の三年間はとにかく「極端に」働いた方がいい理由

  ぼくは二十歳から社会人になったから、もう13年は働いてるんだなぁってふと。 かなり早かったような気もするけど、ここまですごく濃密で充実してました。 …

「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

「臆病と強さは相反しない」バガボンド:伊藤一刀斎の名言が突き刺さる!

  今年に会った人たちの中には、底抜けに明るい人たちが何人かいました。 元々明るい性格、いわゆる「根明(ネアカ)」な人ではなく、崖っぷちにいた経験がそ …

仕事の”こだわり”を手放して得たもの。

  ぼくには”こだわり”がない。 「絶対にこのブランドでなければ!」「焼き鳥はこの店で!」「ここは譲れない!」そういったゴツゴツしたものが著しく欠如し …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

「担当者が休みです」なんてお客さんには関係ないよね?

  ちょいちょいブログに書いていますが、先日引っ越しをしました。 参考:引っ越ししたら年間60万円コストダウンできたよ!.   役所への届け …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です