ミラクリ

鬱から成功するブログ

「”嫌だ” の直感はかなり鋭い」と、アーティストは言った。

 

bubble-gum-438404_640

 

先日お会いしたアーティストの言葉。

スポンサーリンク

「この人、なんか嫌だな…。それはメールの文面からでも、なんとなく分かる。」

 

「その直感を疎かにして、せっかくだから…で会ってみると、やっぱり正しくて後悔する。」

 

文章から人間性が分かるなんて、嘘だと思いたかった、そう信じたかった。

 

その一方で、最近はなんとなく理解できるようになってきた。

 

ブログの文章に、惹かれる。

 

メールの文面に、好意をもつ。

 

会ったことがない人でも、ネットワークを通じて知り合える時代。

 

文章からも人の誠実さや、相性のようなものが理解できる。

参考:「インターネットの出会い」は危険? いや、仲間づくりに最適です。

 

逆のパターンもある。

 

Twitterの文章が、怖い。

 

Facebookの文面が、やたら匂う。

 

感覚的なものではあるけれど、ネットリテラシーを超えたところで、鋭い嗅覚が働く。

 

匂ったものに近づいてみると、とんでもない刺激臭を放ってることも。

 

言葉にすると失礼に感じる、でも「相性」は確実に存在する。

 

「誰とでも仲良くすること」が大人らしいが、実は隠すこともない。

参考:嫌(イヤ、キライ)にも素直に、敏感に、忠実に。

 

IMG_6935

 

仕事が欲しければ、仕事を持っている人に出会うこと。

 

ときには「個性」を押し殺してでも人に合わせ、「やりたいこと」を封印してでもニーズのある仕事をする。

 

打算的ではあっても、それは生きる術。

 

でも、どうせならビジョンを共有できる仲間と、質の高い仕事をしたい。

 

その想いに蓋をして、「お金のため」の蓋を開けて。

 

「人脈」という教えを信じてしまうと、後になって大やけどをすることはあるんだ。

参考:タバコのマナーに厳しいのは元喫煙者。好きはキライに、嫌いはスキへと移り変わる。

 

逆に相手からも「匂う… 嫌だ…」と思われてしまうこともある。

 

ときに傷つくけれど、自らも付き合う人を選定してる以上は、相手にも選定する権利はある。

 

自分が発するときは強気なのに、いざ受けることになると臆病になる。

 

IMG_6940

 

さらにアーティストは言った。

 

「直感的な感覚を蔑ろにすればするほど、アウトプットの質はさがる。」

 

「直感と仕事の質は関係ない…」 絶対にそんなことはない。

 

感性をフルに発揮するような職業ほど、「感覚の精度」がもろに影響する。

 

いつも感覚を鋭く保つことによって、良質なアウトプットを生み出す。

 

そのためには日頃から感性に、素直に従っておくことが重要だったり。

参考:たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

 

今日は残りの人生のはじめの1ページ。

 

まだまだやりたいこと山積みさ。

 

IT’S A HISTORY CALLED BOOK OF LIFE.

 

I JUST RELEASE MYSELF TO GO UP ABOVE.

 

引用元:EVISBEATS【MV】ゆれる feat. 田我流

 

「嫌われる勇気」って本が流行ったみたい。

 

嫌われる、遠ざけられる、孤立することを怖いと感じる人もいる。

 

自分だって、人を嫌い、遠ざけ、孤立させてしまうこともある。

 

でも、動物的な直感が鋭いのなら、従ってみればいい。

 

「嫌だ…」と感じたときは、ぶつからずに、そっと距離を置く。

 

「好きだ…」と感じたときは、勇気を持って近づいてみる。

 

選び、選ばれ、それでいいんじゃないか。

 

その直感は、たぶん正確だから。

参考:会社・学校で嫌われて悩んでる人に、ちょっとした生き方のコツを教えるよ。

 

ミラクリから一言

選ばれないときも多いけど、それはそれで。

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「自由でも不自由でも嫌われるけど、どっちがいい?」:「嫌われる勇気」に唸った!
孤独の向こう側にあるつながりと人脈

  ミラクリでも繰り返し「孤独であること」の大事さを書いてきました。 インターネットを介して簡単に人と繋がれてしまう現代でこそ、自分を見つめる孤独な時 …

矢沢永吉・イチローが語る「魅力がある大人と、無い大人」が興味深すぎた!
「孤独な人」に光! 社交的な「人たらし」の悩みを聞いてきた。

    ぼくのように社交的からはほど遠い人間からすると、気さくで、愉快で、気配りがマメで、誰とでも仲良くなれるような「人たらし」は羨ましいん …

「目には目を、歯には歯を」の意味を知ると、少しだけ優しくなれる。

  心ない言葉を浴びせられて傷ついたとき、咄嗟に相手を殴り返そうと思った。でも「目には目を、歯には歯を」の本当の意味が”やられたらやり返せ”ではないこ …

「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

  秋元康氏の言葉に触れて、「嫌われる勇気」という言葉を思い出しました。   嫌われる勇気とは「嫌われてやろう!」と思うことではなく、成果を …

たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

    ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。 普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持 …

最強すぎるコミュニケーション能力をもつ人、4つの特徴

    ぼくは、人とのコミュニケーションがそれほど得意とは言えない。 ただ周囲には最強すぎるコミュニケーション能力を持ち、人を虜にしながら仕 …

お前の本音はどこだ!? ぼくが「愛されキャラ」の人を苦手に感じる理由

  最初に言っておくと、すっごい個人的感覚の話なので、興味が無い人はこの記事をそっ閉じしてください。 ぼくはどんなコミュニティーにも必ず存在する「愛さ …

「正しさ」に怒る人と出会ったとき、どうすればいいのか?

    両親は「あーせい、こーせい」などと言う人ではなかった。 父親はその道では有名な人だが、「後を継げ!」「同じ道を行け!」などと言われた …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です