ミラクリ

鬱から成功するブログ

「怒ったことほどお金になる」はあちゅう氏が話す、好きなことを仕事にするメリットに笑った!

 

大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されています。

 

これだけ有名になると、日々大量の罵詈雑言やトラブルにも遭遇するかと思いますが、それをいかにしてネタに変えて、好きなことをやっていくのか。その背景が面白かったので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

はあちゅう(伊藤春香)氏:「怒ったこと」ほど原稿にして仕事(お金)になる

怒ったことや嫌なことほどネタになるので(笑)

でも、これすごい事じゃないですか?怒ったら、それを原稿にしてお金になるんですよ、私。

 

この嫌なことを消化させるために、お母さんにおもしろく話そうとか、これをそうやったら笑えるブログになるんだろう、コラムになるんだろう、とかすごく考えるので。「よし、これで書いて原稿料もらってお腹が落ち着くな」みたいな(笑)

 

そういう風に折り合いをつけるしか無いですよね。

だって起こっちゃったことはしょうがないので、その後に何を得るのか?というのは自分次第だと思うんですけど、そこからただ教訓を得るということもあるんですけど、「原稿にする」というのが私が好きなことを仕事にしたからこそできることかなと思います。

引用元: YouTube.

 

インターネット上で有名だからこそ、数々のネタが飛び込んでくるだろうし、でも嫌な思いをすることもあるかと思います。ぼくもたまに文章を読んでくれた方々から「お前の人生は後悔だらけ!」とか「器が小さい!」とか言われることがありますが、特に反論することができないのでスルーしていますw

 

ネット上で話題になる(炎上w)ネタを提供するはあちゅうさんならもっと凄いでしょう。

参考:「嫌われる人には嫌われる」はあちゅう氏のブログスタンスが男前すぎる!

 

トラブルや怒りさえもネタにする妄想力と逞しさ!

情報が溢れれば溢れるほど妄想力が大事になる思うんですよ。

だってもはやインターネットからは受け身でいてもOKなぐらい、大量の情報が流れてくるし「情報を得るスタンス」に関してはテレビと大差なくなっています。

 

では、何が人気を分けるか?というと妄想力(考え、想像する力)です。

目の前に飛び込んできた情報を、正面から受け取ってそれで終わりの人と、それを自分なりに考えて、自分なりの表現でネタに出来る人では大きな差がありますし、リアル社会での会話力も全然違うんです。

 

「最近こんなことがありましたねー」という世間話で終わる人と、「あの情報を自分なりに調べつくしたら、こんな裏話があって、ぼくとしてはこう考えるんですよ!」と突っ込んで話をできる人では差があって当たり前です(笑)

参考:「誰が言ったかより、何を言ったかが大事」なんて本当? 考える力の格差はこれから拡大する。.

 

「どんなことをしても、この仕事で食べていく!」という決意が逞しさを生む

ぼくもフリーランスになって思いましたが、もう優等生では食っていけません。

いや、最初からものすごい商品とか、ものすごい技術力があって、家にこもっていても自然と人が集まるようなものを作れる人は別ですよ! でもそんな人って稀でしょ…?

 

はあちゅうさんも語っておられますが、「好きなことで食べてイケますか?」みたいな気持ちでは絶対に無理で、

「どんなことをしても、この仕事で食べていく!」という覚悟が必要です。

参考:参考:はあちゅう氏が持つフリーランスの覚悟が正論すぎて参った。「好きなことで食べてイケますか?ぐらいの気合いでは無理」

 

その決意がある人と、無い人では結果も変わります。

「絶対にこの仕事で食べる! そして圧倒的に成功する!」という覚悟があれば、多少のトラブルすらも仕事に変えていく、エネルギーに変えていくという発想になりますよ。

 

落ち込んでる暇なないっすw

参考:奇跡のリンゴ(木村秋則):「失敗をするごとに一つ常識を捨てる」至極の名言たちで胸いっぱい.

 

今後に注目!フォローしよう!

ブログ:はあちゅう主義。.

Twitter:@ha_chu.

Facebook:伊藤 春香.

Instagram:@ha_chu.

 

ミラクリから一言

はあちゅうさん、すごいね。見る目が変わりました!

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【プロの凄さ】KREVAの即興ラップに愛がありすぎて泣ける

  ラップに乗せて相手をディスることで対決をする「フリースタイルバトル」はHIPHOPの文化ですが、映画「8mile(2002年)」でもそんなシーンが …

「マーケット感覚」を身につけた ”ヒヨコ” に会ったら、スゴすぎて絶句した。

    ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN.)の「マーケット感覚を身につけよう」を読み始めました。 この記事を書いてる時点で1/3 …

なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?

  会社勤めの時は経営者の考え方がコロコロ変わることに辟易し、「言ってたことと違う」「朝令暮改は悪」「一貫性がない」などと批判もしていたものです。でも …

【フリーランスとは何か?】個人事業主との違いは職種にあった

株式会社や合同会社を設立せず、個人で事業を営む人のことを「個人事業主」と呼びます。 ときには「自営業者」と呼ばれることもありますが、最近では「フリーランス」とい …

本田圭佑:プロフェッショナル仕事の流儀:凡人が世界一を目指すこと

  サッカー日本代表でACミラン所属の本田圭佑選手が「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されていました。 そこで語ったイタリア移籍の裏側や、苦難の中 …

チームラボ:猪子寿之の極論(前編) クリエイティブは特別な才能ではない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

手帳・スマホ・スマートフォン・ビジネス
【仕事がない】フリーランスがやるべき8つの対処法

フリーランス(個人事業主)にとって、仕事がないのは死活問題ですよね。 会社員であれば、仕事量が多くても少なくても決まった給料をもらえますが、フリーランスはそうは …

その道20年以上の作家に聞いた「好きなことを仕事にする」ということ

「大好きなデザインの仕事で食べていきたいのですが、不安ばかり大きくなっています。どうすれば踏み出せるでしょうか?」 こんなメッセージをいただきました。ありがとう …

「占いの館ジュピター(大阪)」でラクシュミー先生にみてもらったよ!

  外出する用事があったので、知人から紹介された「占いの館ジュピター」さんに行ってきました。 最初に言っておくと、ぼくは今までの人生で占いに行ったこと …

「自分探し」の旅から脱出せよ(前編)|紀里谷和明、蜷川実花

  「自分探し」という言葉が流行しています。「自分らしく」あるために「本来の自分を探す」というもので、自分はそこに存在するのに「別の自分を探す」という …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です