はあちゅう氏が持つフリーランスの覚悟が正論すぎて参った。「好きなことで食べてイケますか?ぐらいの気合いでは無理」

 

大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されています。

 

常にネット上で話題をさらうスタイルは「炎上芸」とも言われますが、どのような仕事観を持っているのかがとても気になっていました。トークショーで語っていた覚悟が面白かったので紹介します。

スポンサーリンク

はあちゅう(伊藤春香)氏:「好きなことで食べていけますか?」ぐらいの気合いでは無理

(「好きなことで食べていく」ことについて)

 

私はこういう登壇をさせていただく機会のときに「◯◯で食べてイケますか?」という質問をいただくんですけど「食べてイケますか?ぐらいの気合いじゃ無理だよ」って思っちゃうんですよ(笑)

 

(食べてイケますか?ぐらいの質問してちゃ食べていけないってことですか?)

 

「ぼくは食べていきます!」ぐらいじゃないとダメだと思うんですよ。

食べていけるかかどうか?でやることを決めるんじゃなくて、やってることを食べていけることにする、というのが正しい順番だと思うんです。

 

あと「食べていける」ってギリギリの生活なイメージじゃないですか?

毎日300円の牛丼を食べていれば、そりゃ食べてイケますよ、数十万で。でもせっかくフリーで好きなお仕事をやろうと思っているなら「圧倒的に成功してやろう!」っていう、ちょっとした野望みたいなものが必要だと思っていて。

 

自分の好きなことを仕事にするのであれば、お仕事の収入というのは対価だと思うんですね。「拍手の数」だと思っていいので、それぐらいの「大きな拍手を俺は勝ち取ってやるぞ!」という気合いで持って臨んで欲しいので、「食べてイケる?」とか、そんな言い方では…。

 

「何をしても食べていってやる!」と思えるかどうか。

引用元: YouTube.

 

特にフリーの人には耳の痛い話ですよね?(笑)

もちろん「お金を稼ぐ=食べていく」ことも大事なので、「やりたいこと」と「できること」のバランスは常に頭を悩ませるところですが、されでも壮大な野望が大事だというところには共感してしまいます。

 

「仕事を順調に拡大して、食べていく」よりも「この分野で圧倒的に成功してやる!」という気概です。

参考:仕事における「やりたいコト」「できるコト」との付き合い方.

 

 

「やってることを仕事に変える」「好きなことで圧倒的に成功する」

仕事をする上で、市場や競合をマーケティングすることも大事です。

でもね、最初からマーケティングをして「食っていけそうだから、この仕事をやろう」という人が多いんですよ。

 

でも自分がやりたい仕事とか、取り組みたいテーマがあってマーケティングをする順番の人と、最初からマーケティングをしてイケそうだからやろうという人、どっちの方がエネルギーを発揮できると思いますか? マーケティングが先にきたものなんて、自分の熱意と衝動はそこに無いんです。

参考:「5年後こうなりたい!」を見据えて仕事を創る:はあちゅう氏が看板連載を辞めた理由がおもしろい!

 

だから厳しいようだけど、長い目で見ればやるだけ無駄です。

一時食っていくための手段としてはアリだけど、でもその時間を好きなことに費やした方が成功するのも早くなりますからね…(笑)

 

才能だ、なんだって言い出したら何もできないよ。

参考:星野源氏の発想が心にグサッ! 「才能ないから頑張ってやるんじゃないの?」.

 

 

今後に注目!フォローしよう!

ブログ:はあちゅう主義。.

Twitter:@ha_chu.

Facebook:伊藤 春香.

Instagram:@ha_chu.

 

 

ミラクリから一言

あの表現スタイルも覚悟の表れだね。


twitter毎日更新しています。こちらもぜひ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です