ミラクリ

鬱から成功するブログ

「みんなに優しい人」は使えない人

スポンサーリンク

 

ワールドカップ期間中は5時起きの日々でしたが、その癖がついてしまい、毎日早起きをしています。

こんにちは。

 

さてさて、周りに「みんなに優しい人」っていませんか?

ぼくは「みんなに優しい」ことは、とても良いことだと思って今まで生きてきました。

 

波風を立てないし、基本的にみんなと笑って接することが出来ますし、誰かといがみ合い人なる確率は低いからです。

でも今になって思うのは、リアル社会はそう簡単にはいかなくて、結局波風はたつし、いつも笑って人と接することなんてできないし、人とのいがみ合いは日常茶飯事です(汗)

 

では、みんなに優しい人なんて存在価値が無いんじゃ??

 

「みんなに優しい人」は頼りにならない

「みんなに優しい人」の一番の問題は、「頼りにならないこと」です。

結局みんなに優しいから、なにかトラブルがあった時でも両方に優しく、いい顔をしてしまいます。そして両方に気を使うから、重要な場面であればあるほど決断できない。

 

普段は優しくても、いざという時に頼りになる人もいますが、そういう人は稀です。

「いい人」はいつでも「いい人」で、頼りにならないんですよね。

 

これはもう逮捕されてもいいレベルです。

 

84202888

引用元: 31 Photos Captured At The Right Moment – Gallery.

 

「みんなに優しい人」がリーダーになると辛い

厳しい上司にあたると、「優しい上司がいい!」なんて思ってしまいますが。優しい人が上司になると大変ですよ。

 

「いい人」が上司になったらその部署は朗らかでいい雰囲気になりそうな感じがしませんか?でも事実は全く逆で、優しい「いい人」が上司になるとギスギスする場合が多いです。

 

・上層部と部下に気を遣う

・両方の意見を曖昧に伝える

・双方に不満が生まれる

・上司として判断する場面でいつもお茶を濁す。

・たまに部下を飲みに誘うことでチャラにしようとする

・そのうち「その手には乗らねぇぞ」ってなる

・最初が「いい人」として評価が高かっただけに評価が奈落に落ちる

 

だから意外にうまくいってない部署の部長は「いい人」だったりするから人間って不思議ですよね。

まぁ独裁的な上司はそれはそれで嫌われたりするんですが・・・

 

なんだかんだ言うべき時にバシッと言える人のほうが頼りになります。

間違いない。

 

だからこうして色々考えた時にみんなに優しい人は、自分が気持ち良いだけで周囲にとっては百害あって一利ありませんので、規制されるような社会になってほしいと願っています。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・「いい人」は頼りにならない。自分に優しい人を求めても、別の不満が生まれる。

・言うべき時にしっかり主張できる人がやっぱり最強

・周囲に合わせるだけの人生は辛い、自分の意思を持とう!

いい人は自分が気持ち良いだけで、結局誰からも必要とされないですよ。だって「都合のいい人」なんだしw

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

本音はどう? キャバクラで嬢に説教するおじさんはウザい

  ぼくは「夜の付き合い」が苦手で、キャバクラにはあまり行きません。 そして人生で自分のお金でキャバクラに行ったことはなく、仕事の付き合い(経費(しか …

個性的な人だけが持つ10の特徴

「個性的な人」に憧れますよね。 個性的な人は、すでに学生時代から目立っていますし、社会人になってからも一目置かれる存在でい続けるでしょう。 その反面、人とは異な …

「また飲みましょう!」が成立する人間関係なら、いらない。

    30代も半ばにさしかかり、色々と気づくことがある。 それは「自分の人生のほとんどを共有した人は、ごくわずかである」という事実。熱いラ …

結局「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」です。意識高い人、ごめんな。

  「誰が言ったか」ではなく、「何を言ったか」が大事 そんな記事が時折ネット上で話題になる。ちきりんさんの記事、けんすう(古川健介)さんの記事、などが …

「ポジティブ教」に入信したければ、まずは絶望を経験するべきだ。

    ある出来事がキッカケで、久しぶりに心底絶望して眠ることができなかった。 でも中途半端に絶望しているときは胸の内がザワザワしているのだ …

「いいヤツ」であることを軽視すると人生を棒に振る
「イジメられる人間にも問題がある」は強者の理論
人脈? つながり? 濃厚な人間関係は「癒着」が基本ですよ。

    今まで34年間生きてきて、自分が薄ーーい人間関係しか築けていなかったことに気付かされる。 それまでは「人脈」「つながり」などと言って …

no image
「ブサイク」「仕事デキない」と言われるうちは、愛されている証拠

    人のコミュニティの中に上手になじむことができないぼくは、あらゆる環境の中でトラブルを経験しました。自分から人に食ってかかるようなこと …

【SNS疲れの原因と対策】消耗したらソーシャルデトックスがおすすめ!

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、今や生活に欠かせない存在になりましたよね。 知人の近況をチェックしたり、大好きな芸能人とつながれたり、流行の …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です