ミラクリ

鬱から成功するブログ

「もの忘れが激しく、記憶力が悪い人」が救われるセリフ3選

 

「もの忘れが激しく、記憶力が悪い人」が、救われるセリフ3選

 

自慢じゃないが、ぼくはもの忘れが激しく、記憶力が悪い。

しかも相当なレベルだ。

 

まず「人の名前」が覚えられない。

お会いした方々の名刺や、SNSアカウントがなければ、再会したときに「あぁ!◯◯さん!」と言えることは皆無で、いつもちゃんと復習してからお会いする。

 

そして「数字配列」も記憶できない。

人の誕生日、郵便番号、住所などが苦手で、いつまで経っても自分の住所すら記憶できないダメ人間だ。

 

人さまの誕生日にナチュラルにプレゼントを贈る、なんてことができるはずがないし、仕事で”文字校正”をしていたときなんか、ポカミスばかりだった…(笑)

 

そんなわけでSNS、LINE、Google、名刺データの機能をフル活用して、なんとか社会に適合しようと必死なのだが、もし無くなってしまうと即死することは確実だ。

 

もの忘れが激しく、記憶力が悪いことが、ポジティブに言われることはない。

ただ、どこかの記憶力が欠落しているということは、どこかの記憶力が異常に発達しているという証拠でもある。

 

自分の場合は「情景記憶」が異常だ。

道端で見かけた人の顔も記憶し、10年前に名刺交換しただけ…のような間柄でも顔を覚えている。他にも「スニーカー」を見れば、「19◯◯年の、◯◯の試合でマイケル・ジョーダンが履いてたヤツ」なども即答できる。

 

役に立つかは疑問だが、短所があれば長所がある。

できれば、次のような優しいセリフで見守ってほしい、といつも願っている。

スポンサーリンク

「私の話がつまらなかった? ごめんね。」

人間の記憶は、どうやら「興味」と密接らしい。

「マンションを買おう!」と決意した瞬間から、それまで目に止まらなかった電車内の広告が、どんどん目に飛び込んでくるのと同じだ。

 

覚えられない…ということは、興味がないことの裏返し。

相手にとっては不誠実で、失礼極まりないのだが、すべての話題に興味を持てることはないはずだ(正当化)

 

相手の興味を探り、合った話題を提供する

どんな場所でも「自分語り」「苦労話」「説教」をくり出す人が嫌われやすいのは、それが「相手目線」が抜け落ちているからであり、自己満足で悦に入っているからだ。

 

相手が自分のことを記憶していないのは、印象に残る情報を提供できなかったことを意味する。

 

「あぁ、◯◯さん!」と右手をあげて挨拶したものの、相手は「お、おう…」みたいに記憶されていないことはよくある。そんなときは「覚えなかった相手」よりも、「覚えてもらえるような情報を提供できなかった自分」を責めたいところだ。

 

*ここまで書いて気づいたが、まぁヒドイ(笑)

 

 

「興味がないことは覚えなくてもいいんだよ。」

前述したが、どこかが欠落していれば、どこかが異常に発達しているもの。

 

ぼくは欠落しすぎ、そして実力不足もあって、会社員時代は怒られてばかりだった。

褒められた記憶はそれほどない。

 

自分の責任でもあり、しょうがないことでもあるのだが、「なんでおれはダメなんだ…」という自己嫌悪を13年間も抱き続けていた。

 

短所を叱るよりも、長所を褒めて伸ばす

できれば短所を叱るよりも、長所を褒めて伸ばすことを考えたい。

学校でも会社組織でも、「短所を補う」ことを考え、みんなを「完璧な円」に近づけようとしがちだ。

 

でも、ボコボコの円も存在するほうが、人の個性は生きる。

もちろん完璧な円で、バランスの良いことが個性となる人だっているわけだ。

 

本人が必要ないと無意識に選別していることを、無理やり覚えさせる必要はあるのだろうか。

 

 

「新しい知識がどんどん上書きされてるんだね。」

記憶できないこともあれば、積み上げる情報もあり、もの忘れが激しい人は、興味ある分野の情報はどんどん入れる。

 

これは”オタク気質”と言えるのかもしれないが、それだけ嗜好がハッキリしているということで、すべての情報を漏れなく、いやダダ漏れで忘れていくわけではないのだ。

 

その人の「学習欲」をまず褒めたいところだ。

 

積み上げる知識と、捨てるノイズ

人間は、無意識のうちに情報を取捨選択している。

忘れた情報を咎めるのではなく、新しく得た知識を披露する場所をつくってあげるべきだ。

 

捨てるものはノイズ。

もの忘れが激しく、記憶力の悪い人は、通常よりも「一般的な常識」を捨てることが多く、それが目立つだけなのだ。

 

そして、これは一生治ることがない。

もう諦めて、生かす方法を考えよう。

 

 

悪気はない、方向性が違うだけ。

読者の皆さんの周りにも、こんな人がいるだろう。

ダメ人間、社会不適合者、ヒドイ奴扱いをせず、ぜひ温かい目で見守ってあげて欲しい。

 

もちろん仕事をする上では、最低限の情報、名前、マナーなどは覚えるべきだが、このような人たちはどれだけ努力しても、どこかに限界がある。

 

決していつも泥酔してるわけではない。

脳に欠損があるわけでもない。

 

向いてる方向性が違うだけで、悪気はないのだ。

許してくれ。

 

ミラクリから一言

人の名前ぐらいは覚えようなっ!

 - 仕事

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

会社の評価は気にしなくてもOK?社内評価が高い人と低い人の違い

会社で働くサラリーマンにとって、「社内評価」は大切なものですよね。 将来的な昇進やボーナス、昇給に関わるからです。 でも、ぼくはあえて社内評価を無視するくらいの …

お局(おつぼね)と上手に付き合うための5つのポイント
【仕事でミスしたときの対処法】失敗しやすい曜日・時間帯に要注意!

「大変だ… またやらかしてしまった…」 仕事でミスをしたときは、青ざめてしまいますよね。 失敗が大事にならなければまだいいですが、とんでもないトラブルになり、周 …

お金が無いときは副業で稼ごう!誰でもすぐに始められる仕事とは?

お金が無い生活から抜け出すためには、まずは節約すること。 その次に金融機関から融資を受けることを考え、生活を立て直すための資金を調達すると思います。 それと同時 …

【上昇志向の強い人の10の特徴】権力欲・出世欲が強い人との付き合い方とは?

上昇志向の強い人が近くにいると、どう付き合えばいいのか悩みますよね。 仕事の結果を追求し、出世にも貪欲。 見た目の手入れにも余念がなく、常により良い状態になろう …

【仕事に行きたくない】辛い現状から抜け出し、前進するための5つの考え方

「仕事に行きたくない」と思ったとき、どのように対処すれば良いのでしょうか? 心と身体は「行きたくない」と思っているのに、頭では「会社を休んじゃだめだ」と考えるの …

【社会人の一般常識】知っておきたいマナーと押し付けの違いを紹介

「社会人としての常識がなっていない!」 先輩や上司から、そんな怒られ方をすることがありますよね。 とりあえず至らない自分を反省するものの、「常識ってなに?」とい …

【仕事を通じて成長する人・しない人の10の違い】本田圭佑選手の成功要因とは?

それなりに長く仕事をしていると、「圧倒的に成長する人」に出会います。 成長とは、スキルアップだったり、成果を出せるようになったり。 あるいは人付き合いに積極的に …

「熱中できない仕事」には、思いがけないメリットがある

先日、あるクリエイターから、おもしろい話を聞きました。 その方によると「熱中できない仕事」には、メリットがあるのだとか。 「好きな仕事」をやっている人には見えな …

【仕事ができない人の特徴と改善方法】失敗ばかりでもイライラせずに対処すること

身近に「仕事ができない人」はいませんか? 何をやっても失敗ばかりなのに、ろくに人の話を聞かず、責任感もない。 期限を守れないどころか、会議にも遅れてくるのに、そ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です