小籔千豊氏「危篤の母とモロゾフのプリン」:親孝行について考えさせられた

 

吉本新喜劇の座長になる一年前に悪性リンパ腫で亡くなった母親について、小籔千豊さんが語っていました。

親孝行について考えさせられる感動的な内容だったので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

小籔千豊氏の母に「余命二週間」の宣告

ぼくも色んな小学校や大学とかで講演をさせていただくんですが、みなさんに本当に言いたいのは、親孝行をしていただきたいな、ということでございます。

 

ぼくはですね、吉本新喜劇の座長になる一年前に母親を亡くしましてですね。

母親が死んだのは55歳、悪性リンパ腫という白血病のような、血の癌みたいなことになったわけです。闘病して一年ほどで亡くなりました。

 

ぼくはクリスマスの日に、嫁さんとビックカメラに買い物に行ってました。ぼくのおかんはサバサバしてまして、ぼくよりも口が悪い。本当に厳しい母親だったので、ぼくに弱みを見せることなんてないのですが、そんな母親が電話してきて「私、入院するから。一応言うとくわ。」と。

 

「これは死ぬな」とその時に思ったんですね。

すぐにおとんに電話したら「一番早かったら1月7日に死ぬ」と。その時からあと二週間ぐらいですよ。結局はすごい良い病院で一年ぐらいは生きてくれたんですけど。

 

「親孝行をしておけばよかった」という後悔

ぼくは二十歳ぐらいの時には一人で生きてるような気がしてましたし、親に感謝してことなんてありません。

親孝行なんていうのも、言葉ではよく聞いてましたけど一切してなかったなとその時に気付いたんです。なんならちょっと嫌いぐらいな存在でした。でも母親が二週間後に死ぬかもしれないとなった時に、俺今まで何もしてなかったなと気づいたわけです。だから皆さんにはそういう風にならないで欲しいです。

 

ぼくが今日ここで皆さんに「親孝行してください」と言っても、皆さんはたぶんしないんですよ。でももう一回考えてやっていただきたいです。

 

モロゾフプリン

 

危篤状態の母にすら気遣いができなかったこと

うちのおかんはモロゾフのプリンが好きだったんです。

母親が死ぬときに、新喜劇が終わってから病院に行きまして、百貨店が閉まる直前ぐらいの時間に、モルヒネとかで意識が朦朧として喋れない母親がパッと目を開けて、ぼくの方を見て「モロゾフのプリンが食べたいわ」って言ったんです。

 

ぼくは親孝行してなかったから、「おっしゃ。いま買ってくるから待っとけよ!」と言ってバイクに乗って百貨店に行き、半分閉まってたんですけど「小藪です。少しだけ開けてもらっていいですか?」とお願いして、モロゾフのプリンを2個買いました。こうしてる間にももう死んでるかもしれないから、バイクを走らせて「急がなあかん」と思って帰ったら、まだ生きてました。

 

「おっしゃ!買ってきたぞ!」

と言って蓋開けて、スプーンをさしてハイッ!と口元に持って行ったら「わたし、もうしんどいから食べられへんわ」って言ったんです。こんな安いもん、しかも母親が好きだって分かってたのに、なんで俺は今まで買ってこなかったんだ!もっと親孝行をしとけばよかったなと思いました。

 

母親の教えで吉本新喜劇の座長になった

うちはクリスマスプレゼント、誕生日プレゼントをまったく買ってもらえない家庭だったんですけど、ある時母親が「ちょっと付いておいで、将棋買ってあげるわ」と言うから、珍しいことがあるもんやなと思いながら「なんでなん??」と聞きました。

 

すると「お父さんが将棋できるから教えてもらい!これからは目上の人に可愛がってもらわなあかんねんから、男は将棋、麻雀、ゴルフができなあかん。将棋やったら小学校からできるから今からやっとき」ということで、やり始めて、小学校では強い存在になりました。

 

そして吉本新喜劇に入って、誰も喋る人がいない時に先輩方が将棋をやっていました。

ずっとそれを見てたら「お前もやるか??」と言われて「はい!」と言ってやると、「お前強いな!」となって、先輩が他の先輩方にも「おい!こいつ将棋強いぞ!」となって、そこから繋がりが出来て、いま座長になっています。母親のお陰で座長になったと言っても過言ではないんですよね。

 

ぼくたちが思っている以上に母親は偉大

母親はぼくらが思ってる以上にすごいことを教えてくれてたりするので、本当に今日帰るときにプリンなのか、シュークリームなのか買って行ってあげてください。

引用元: ざっくりハイタッチ:テレビ東京.

 

まとめ:「あの時にもっとしておけばよかった…」は取り戻せない

何か特別なイベントでもないと、なかなか親に感謝することは出来ません。ぼくは幸いな事に中学生から寮生活で親元を離れたので、比較的早い時期に親のありがたみを実感することが出来ました。

 

ただ小籔さんのお話を聞いて、もっともっと親孝行しようと思いましたね。

自分も親も病気になったり、事故に遭う可能性だってあります。そうなってから「◯◯をしておけば良かった」と後悔しても遅いのです。だからこそ分かりやすいぐらいに、感謝表現するぐらいでちょうどいいのかもしれません。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・自分が考えている以上に、親の存在は偉大

・手遅れになってから後悔しても遅い。両親や先祖はいつも大事にしたい

・おおげさに思えるぐらいの感謝表現でちょうどいい。全力で!


twitter毎日更新しています。こちらもぜひ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です