ミラクリ

鬱から成功するブログ

早く「痩せ体質」になりた〜い! 断食で効果的に体内リセットする方法

 

Twitterを見ていると断食が話題になっていた。

ぼくはいつも食生活を節制し、定期的に断食に取り組んできたので、この良さをできるだけ多くの人に伝えたいと考えた。「なんでそんなにストイックな生活を…?」と人からよく聞かれるのだが、クズがなんとか普通の人でいるためにはある程度の負荷はしょうがないのだ!

 

より詳しい方法は他サイトに沢山書いてあるため、この記事では自分の体験ベースで紹介していく。

スポンサーリンク

一日3食は内臓への負担が大きすぎる

ハンバーガー

 

まず感覚として「一日3食」は食べ過ぎだ。

日本文化を辿ってみると元々は一日1〜2食の習慣だったのだが、現代になって3食になった。これは仕事のサイクルとして、そのタイミングで栄養を補給しておかなければならないない…ということから徐々に定着したと考えている。カロリーを上手に分散すれば一日3食でも問題はないが、内臓に対しては明らかに負担がかかりすぎだ。

 

内蔵に負担がかかると血液が集中することで頭のキレが悪くなり、ただでさえ冴えないぼくにとっては大きな問題だ。ちなみにぼくの基本的な食事は一日2食(昼・夜)だ。そして運動も継続しておかなければ、肥満だけではなく皮下脂肪にも苦しむことになるだろう。

 

 

断食って何だ?

断食

 

「完全断食」と「プチ断食」

詳しい説明は他サイトに任せるが、基本は「完全断食」「プチ断食」に分かれる。

完全断食は水分以外の一切を断つ、という方法でプチ断食は1食を抜くというものである。(ちなみに基本的に一日2食で過ごしているぼくは、常にプチ断食をしていることになる。)断食中はコーヒー、お茶、酒、タバコなどの嗜好品も控え、「水」だけに限定するのが一般的だ。

 

スープや、野菜ジュースだけを摂る方法もある。

 

体質改善の原理

最近流行りの「糖質制限ダイエット」も実質は断食に近い。

人間はグリコーゲン(糖質)をエネルギーに換えて活動しているが、それを断つとどんなことが起こるのか? エネルギーとして生成するものがなくなった内臓は、苦肉の策として溜まった脂質や老廃物を燃やすようになり、結果的にデドックスが加速する。内臓への負担が少なくなったことにより宿便もでる。(これはかなりビックリするw)

 

だからこそ断食が終わった後は体重減以上に身体が締まる、これは溜まったものを外に出したことが関係してくる。

 

ザックリ言えばこんな感じだ。

ちなみに発芽玄米だけを食べる方法もある。

 

注意点

絶対に無理をしてはいけない。

断食を開始して2〜3日目はものすごくしんどくなる。これは通常であればグリコーゲンをエネルギーに換えていたところが、栄養が枯渇したことにより身体がもがいている証拠だ。ものすごい気だるさに襲われたり、発熱をすることもあり、本当にしんどい。慣れてくれば「あぁ、、キタキタァァァァ」ぐらいに思えるものだが、初心者にはかなり辛いだろう。

 

あまりにもしんどい、指先に力が入らない、めまいがする、などの状態になったときは遠慮なく何かを食べよう。

一番理想的なのは栄養士に相談しながら行うことだが、実際には難しい人も多いだろうから、厳しすぎない自己管理だけは徹底して欲しい。

 

 

ぼくの体験談:8つの効果

効果

 

1、体脂肪が減る

これが一番わかり易い効果だろう。

体内の脂肪を燃やしたことによって体脂肪が減る。あくまで参考だが、ぼくは3日の断食で2%程度は落ちるが、これは基礎代謝にも関係するので個人差がある。体脂肪が減ると信じられないほど身体が軽くなる。

 

2、体重減以上に締まる

ダイエットにも言えることだが、体重減を追い求めてはいけない。

断食はかなり辛いにも関わらず、恐らく思っているほどには体重は落ちない。それよりも「身体が締まる」のだ。身体にメリハリが出来て、顔もすっきりするため数値に関係なく「あれ?? なんか痩せた?」と絶対に人から言われるはずだ。

 

3、頭と心がスッキリする

体脂肪を落とせば頭と心がスッキリする。

厳密に言えば血液の循環が良くなったことによって、頭の働きが活発になるのだが、それ以上に新しい人間になったかのようにスッキリするのだ。この感覚を文字で伝えるのはなかなか難しいが、ぜひ体験して欲しい。

 

4、食べ物を吟味するようになる

脂肪と老廃物を外に出してしまうと不思議なことが起こる。

それは身体がピュアになったことで「ジャンクなものを受け付けなくなる」のだ。食事療法のマクロビオティック やベジタリアン生活にハマった人が、どんどんカルト的になってしまうのも少しは頷ける。身体がピュアになればなるほど、おかしなものを食べられなくなり、結果的に食べ物を吟味するようになるのだ。

 

感覚・嗅覚が鋭くなるとも言えるかもしれない。

 

5、疲れにくくなる

身体が軽くなり、心と頭が活発になると疲れにくくなる。

代謝がよくなり、消化・排泄もスムーズになることが関係してくるが、まるで体力が増したかのような感覚になる。これであなたもすさまじい労働を乗りきれるかもしれないw

 

6、便通がヤバいことになる

内臓もリセットすることで活発になる。

ぼくは基本的に快便だが、断食中は見るのも恐ろしいような宿便が出る……。友人たちで便秘に苦しむ人たちはその後の排泄がスムーズになったそうだ。やはり「体質改善」にも効果的だと言えるだろう。

 

7、肌ツヤが良くなる

代謝がスムーズになることで肌ツヤもよくなる。

元気な人の見た目がツヤツヤしてるのはエネルギーに溢れ、外に向かって発散しているからだ。女性で肌荒れ、吹き出物に悩む人には効果があるだろう。

 

8、仕事がどうでもよくなる

これはネタだが…w それだけ「気持ちがおおらかになる」ということだ。

「◯◯しなくちゃ!」「こうであるべきだ!」忙しい現代人は、常にこのような意識にとらわれている。自分でも無意識に忙しない気持ちになり、誰かに対して攻撃的になることもあるだろう。しかし身体と心が元気になれば、「そんなことどうでもいいや!」と思えるようになり、無欲で戦えるようになるのだ。

 

 

直感力が上がる!

直感

 

怪しい話で恐縮だが、体質改善を乗り越えると直感が鋭くなる。

仕事のアイディアを思いつく、危険なことを予測できるようになる、後ろから入ってきた人を見なくても誰か分かる、「◯◯さんから連絡ありそう」と思いながらスマホを眺めていると本当に連絡がある、などなど。

 

うん、怪しいだろう。でも事実なのだ。

直感が研ぎ澄まされることは、人間関係でも仕事でもいいことだらけだ。自分がイメージすることをスムーズに実現できる確率が高くなり、結果的に成果が出せてお金を稼げる、多くの人と知り合える、ということもあるだろう。

ミラクリから一言

「直感が鋭くなった、とか言いながら駄文書いてんじゃねぇ!」とか言わないで欲しいw

 - 美容・健康

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【禁煙の効果】あえて1ヶ月間タバコを吸ってわかった喫煙のメリット・デメリット

ぼくは約10年前までたばこを吸っていました。 禁煙のキッカケは単なる思いつきでしたが、タバコとライターをゴミ箱に捨てて、それっきりです。 禁煙してからはランニン …

「実家太り」の原因は3つ! それはあなたの上司が解決してくれる。
瞑想で人生変わった!初心者でもできる効果的なやり方

  取り組む人は増えたものの、日本ではまだ「オカルト」のようなイメージがある瞑想。 ぼく自身もメンタルを病んでしまった経験から、様々なケアを自分で試行 …

黒柳徹子さんの50年前が美人すぎてぶっ飛んでる!
【一日一食生活を健康的に】血糖値の急激な上昇を防ぐ方法

集中力や免疫力の向上、病気の予防、ダイエットなど。 あらゆる健康効果が期待される一日一食生活には、2つの懸念があります。 1つめの「健康に悪いのでは?」という懸 …

【一日一食で筋トレしても大丈夫?】栄養不足のリスクと食事のポイントについて

「一日一食健康法」がメディアで取り上げられるようになりました。 人間にとって一日三食は「食べ過ぎ」にあたり、一食にすることであらゆる健康効果を得られるのだとか。 …

ミランダ・カーがメイクよりも優先する「瞑想」にはすごい効果があった!

  瞑想が近年急速に流行ってきてる気がします。 少し前までは「瞑想してる」というと、何やら宗教的なアレだと思われた気がしますが、今は結構普通になってき …

日本人平均年収の5倍を使う! 本田圭佑の年間ヘアカット代が凄まじい!

  「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演し、大きな注目を集める本田圭佑選手。 参考:本田圭佑:プロフェッショナル仕事の流儀(前編):凡人が世界一を …

「禁煙で太る」は事実だった!たばこを止めることで太る原因と対処法

「禁煙したら太った…」 そんな話を聞いたことはないでしょうか? ぼくも以前まではたばこを吸っており、約10年前に禁煙しました。 幸いなことに、禁煙後も体重は変わ …

【禁煙の離脱症状】めまい・気だるさ・眠気などに襲われたときの対策

禁煙には「離脱症状」が伴います。 たばこを止め、覚醒作用のあるニコチン依存から脱出しようとするならば、身体に何らかの違和感がでるのも無理はありません。 ぼく自身 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です