ミラクリ

鬱から成功するブログ

うつ病と似た病。抑うつ状態と躁状態を引き起こす「双極性障害」とは?

うつ病は、気分が落ち込む「抑うつ状態」が2週間以上続く病気ですが、同じ状態を引き起こす病が、もうひとつあります。それは「双極性障害」です。

双極性障害は、以前まで「躁うつ病」と言われていました。その名の通り、気分が落ち込む「抑うつ状態」と、気分が高ぶる「躁状態」に交互に支配される病です。

双極性障害について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

専門医でも診断が難しいうつ病と双極性障害

うつ病と双極性障害は、「抑うつ状態」の症状がとてもよく似ています。そのため、本当は双極性障害なのに、うつ病と診断されることも少なくありません。

それが誤診であることを自分で気づくためには、「うつ病」と「双極性障害」の特徴を知っておくことが重要です。この2つの病の特徴について、もう少し詳しく見てみましょう。

抑うつ状態だけが起こる「大うつ病(大うつ病性障害)」

鬱症状の代表的なものとしては、「抑うつ状態」「意欲の低下」「睡眠障害」などが挙げられます。

「大うつ病(正式名は大うつ病性障害)」という名前は大層ですが、いわゆる一般的なうつ病ですから、「大うつ病性障害」と診断されても悩まないでくださいね。

大うつ病を患うと、2週間以上ほぼ毎日抑うつ状態が続き、自然に回復することはありません。また、身体へもさまざまな症状が起こります。

主な大うつ病の症状を紹介します。

【心の症状】

  • 気分が落ち込んでいつまでもはれない
  • 悲しく憂うつでつらい
  • 不安がいつまでもおさまらない
  • やる気がでない
  • すきだったことや趣味がつまらなく感じる
  • 仕事(勉強)に専念できない
  • 集中できない
  • 過去のことをいつまでも考え続けてしまう
  • 常に最悪の事態ばかり考え、物事を悪く考える

【身体の症状】

  • 寝付きが悪く眠れない
  • 睡眠中すぐに目が覚める
  • 眠気が取れない
  • 食欲がまったく無い
  • 好物を食べてもおいしくない
  • 吐き気がする
  • すごく疲れる
  • ずっとからだがだるい
  • からだが重たい
  • 頭痛、胃痛
  • 肩こり、関節痛
  • 動機がする
  • 発汗

大うつ病は、抑うつ状態だけが起こり、気分の波はそれほど大きくありません。

ぼくが大うつ病に悩んでいたときも、ほんの少し気持ちが楽な時間帯もありましたが、気分のモヤモヤがおさまることはほぼありませんでした。

憂鬱な気持ちにずっと心を支配され、睡眠不足や食欲不振などの症状が重なり、通勤するのが本当につらかったです。気分の波はなくても、気分が落ち込んだ状態が続くのは、心身への負担がとても大きいです。

抑うつ状態と躁状態が起こる「双極性障害」

(ここからは「大うつ病」を「うつ病」と表記します。)

抑うつ状態は気分が落ち込む状態ですが、逆に気分が昂ぶり、「自分は何でもできる」と思い込む状態を「躁状態」といいます。

この両極端な気分の波を持ち合わせるのが、双極性障害です。以前までは「躁うつ病」と呼ばれていましたので、そちらの名称の方がピンとくる人もいるかもしれませんね。

双極性障害は、専門の医師でも診断するのが難しいと言われています。なぜなら次のようなことが影響するからです。

  • 抑うつ状態の症状がうつ病と似ている
  • 症状が鬱から始まる
  • 抑うつ状態の期間の方が長い

うつ病と双極性障害は、効果的な治療法や薬が異なるため、注意しなければなりません。

「うつ病」の治療を受けてもなかなか治らない場合や、なぜか気分が高揚する場合は、うつ病ではなく双極性障害の可能性があります。

双極性障害であれば、早急に治療法を変えなくてはなりませんので、すぐに診断を受けなおしてください。

きちんと治療すれば改善できる病なので、諦めたり、放ったままにしないようにしましょう。

双極性障害は大きく2つに区別されている

双極性障害に起こる症状は、気分が落ち込むなど、うつ病とほとんど同じです。一方で、躁状態は、主に次のような症状が起こります。

  • ハイな状態になり興奮したかと思えば急に不機嫌になる
  • 話すのを止められない
  • 会話や興味がどんどんと移り変わっていく
  • なんでもできるように感じる
  • 自分がとても偉くなったように感じる
  • 注意力が散漫になる
  • 眠れない
  • 落ち着いて座っていることができない
  • 1日中動きまわっても疲れない
  • 浪費してしまう

ぼくの友人は、学生時代に双極性障害を患いました。彼は普段とても落ち着いていて、成績も優秀な人でしたが、あるときから成績が下がり、悩む様子を見かけるようになりました。その後しばらく元気がなく、話しかけても会話が続かなくなりました。

ところがある日の朝、異様なまでのハイテンションで彼は登校してきました。そして、それまでの数週間がウソのように、様々なことを明るく話すのです。ずっと片思いをしてきた女の子の話、親に病院に連れて行かれた話など、ぼくが口を挟む間もないほどで、明らかに様子がおかしいと感じました。

今思えば、あのときの彼は躁状態だったのだと思います。

双極性障害は大きく2つに区分されています。

  • 双極性障害Ⅰ型
  • 双極性障害Ⅱ型

それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

重い躁状態と抑うつ状態を繰り返す双極性障害Ⅰ型

重い躁状態と抑うつ状態を繰り返す双極性障害を、「双極性障害Ⅰ型」といいます。

先ほどのぼくの友人は、まさにこの双極性障害Ⅰ型で、周囲から見て明らかに躁状態だと分かる症状でした。

双極性障害Ⅰ型の特徴には、次のようなものが挙げられます。

  • 自分を病気と思わず他人への攻撃性が増す
  • 周囲とトラブルを起こしやすい
  • 仕事を失ったり、離婚をしやすい
  • 必要のないものまで買い込む
  • 夜も寝ずに1日中動き続ける
  • 日常生活に著しく支障をきたす
  • 躁状態と抑うつ状態がはっきりとしている
  • 躁状態でも抑うつ状態でもない期間がある
  • 1週間ほぼ毎日、躁状態を継続する
  • 再発しやすい

双極性障害Ⅰ型の人は、躁状態になるととても気が大きくなり、自分は何でもできると思い込みます。そして、他人に対して攻撃的になるため、仕事や私生活で人と揉めることがとても多くなります。

乱暴な言葉や態度をとったり、相手の迷惑を顧みずに話し続けるようなことが続くと、周囲の人から距離を置かれてしまうことになるでしょう。

さらに双極性障害のやっかいなところは、躁状態の後に抑うつ状態に転じることです。躁状態のときの自分の言動を悔やみ、余計に苦しむことになるのです。

止めようとしても止められない、それが躁状態の症状です。

最悪の場合、躁状態のときの言動を悔いて、自殺してしまうこともあると言います。周囲の親しい人との関係を崩してしまいかねない病なので、躁状態の傾向が見られた場合には早急に医師に相談してください。

ぼくの友人は、早期の治療により3ヶ月ほどで躁状態が治まり、その後は再発予防の治療を継続していました。仕事や私生活で以前のように過ごすためには、早期対策が何よりも重要です。

軽い躁状態と抑うつ状態を繰り返す双極性障害Ⅱ型

軽い躁状態と、抑うつ状態を繰り返す双極性障害を、「双極性障害Ⅱ型」といいます。

本人も周囲も気づきにくいほど軽い症状ですが、双極性障害Ⅰ型に比べて安心とは言いがたいので注意してください。

双極性障害Ⅱ型の特徴には、次のようなものが挙げられます。

  • 絶好調と感じる高揚した気分
  • 周囲とのトラブルはあまりない
  • 過食やアルコール依存になりやすい
  • 衝動的に自傷行為を起こしやすい
  • 一晩中眠らず動きまわる
  • 日常生活にはさほど影響しない
  • 抑うつ状態の期間の方が長い
  • 躁状態でも抑うつ状態でもない期間がある
  • 4日以上ほぼ毎日、躁状態を継続する
  • 再発しやすい

いつもより積極的で、少しテンションが高い様子が続くだけなので、見過ごされやすいことが逆に問題です。

周囲に迷惑をかけないとはいっても、自傷行為をしてしまったり、アルコールやギャンブルに依存してしまうなど、徐々に自分の身を追い詰めてしまうのです。

双極性障害Ⅰ型とは違い、躁状態の見分けがつきにくいとは思いますが、抑うつ状態が急に治まり、逆に気分が高揚した日が続く場合は、早めに専門の医師に相談してください。

誰しも嬉しいことがあるとテンションは上がりますし、なんとなく今日は絶好調だと感じることもあるでしょう。しかし、一晩中寝なくても平気であったり、お酒をどうしてもやめられないような場合には、軽い躁状態の症状かもしれません。

双極性障害Ⅱ型も、早期治療が何より重要です。すぐに治療をすれば普段とほぼ変わらない生活を続けることができます。

man

双極性障害の原因は遺伝の影響が大きい

双極性障害になりやすい人の傾向として、次のようなものが挙げられます。

  • 遺伝
  • 環境
  • 性格
  • ストレス

はっきりとした原因は分かっていませんが、複数の原因が重なって発症します。遺伝が大きな原因の一つとされているのは、うつ病との大きな違いです。

双極性障害の原因1 遺伝

双極性障害は、同じ家系に発症する確率が高いことから、遺伝の影響が大きいと言われていますが、はっきりとした原因が特定されていないことも事実です。

遺伝によるリスクが高いことを理解し、できる限りストレスを回避したり、環境を整えるようにすれば、双極性障害を予防することもできます。

双極性障害の原因2 環境

家庭や職場など、環境も大きな原因の一つです。例えば、愛情をあまり受けることができなかったり、虐待を受けた場合に発症することもあるようです。

また、いつも批判されていたり、敵対的な意見ばかりに晒される環境も、双極性障害の原因になりうるのです。

まずは心が落ち着く環境に身を置きましょう。仕事も場合によっては休職か、退職の検討が必要になるかもしれません。環境だけが原因ではありませんが、双極性障害の予防と対策にとって、環境を整えることは重要です。

双極性障害の原因3 性格

社交的でおしゃべりなのに、急に憂鬱な気分になるなど、気分の落差が激しい人を見たことがあるでしょう。

双極性障害の原因になりやすい性格は、以下の通りです。

  • 周囲への気配りができる
  • 明るくおもしろい
  • いつも現実的な思考

これらに該当する人は、発症のリスクが高いと言われていますので、注意してください。

双極性障害の原因4 ストレス

生きていく上で、ストレスをゼロにするのは不可能です。しかし、どのようなことが起こったときに心身への負担が大きいのかを知っておけば、効果的なストレス対策ができます。

とくに大きなストレスを感じるのは、以下のようなときです。

  • 家族、配偶者の死
  • 離婚、別居
  • 解雇、転職
  • 引越し
  • 昇進
  • 妊娠、出産

これらの出来事が起こった際には、心のケアを十分にしてください。ストレスを発散する方法には、「運動」「読書」「映画」「旅行」「温泉」「カラオケ」など、さまざまな方法があります。

辛くて苦しい出来事の後、すぐに気晴らしに出かけるのは難しいかもしれません。しかし、ウォーキングや友人との会話などで、少しずつでも心と体をリフレッシュしていきましょう。

双極性障害とうつ病の違い

双極性障害とうつ病には、どのような違いがあるのでしょうか?

大きなポイントは「躁状態の有無」ですが、それ以外にもいくつかの違いがあります。

【うつ病】

  • 遺伝の影響が低い
  • 拒食になりやすい
  • 睡眠不足になりやすい
  • 疲れやすい、疲れがとれない
  • 頭痛・腹痛、手汗などの身体症状が多い
  • ほぼ毎日抑うつ状態が継続する

【双極性障害】

  • 遺伝の影響が高い
  • 過食になりやすい
  • 眠らなくても平気
  • 疲れを感じない
  • 身体症状が少ない
  • 抑うつ状態でも躁状態でもない正常な時期がある

こうして比較すると、見分けが簡単なように思えますが、実は医師でも正確な診断が難しい病です。

早期治療が必要な理由は、躁状態になると自分だけでなく、周囲を巻き込んだトラブルを起こしたり、衝動的に自殺行為を行うなど、取り返しのつかない行動をする可能性があるからです。

体調に不安を感じたときは、ひとりで解決しようとはせず、専門医に相談してください。

双極性障害は早期治療と治療継続が何より重要

双極性障害の治療法としては、次のような方法があります。

【薬物療法】

  • 気分安定薬
  • 抗精神病薬

【精神療法】

  • 認知療法
  • 対人関係療法
  • 心理教育
  • 社会リズム療法

双極性障害は、早期に正しい治療ができれば、普段とほぼ変わらない生活を続けることができます。その治療法として有効な、薬物療法と精神療法を詳しく解説します。

双極性障害の薬物療法

「気分安定薬」は、双極性障害の基本にされているお薬で、躁状態と抑うつ状態の治療と、再発予防に効果があります。

躁状態と抑うつ状態の症状は真逆なので、それぞれ別の薬を処方されるような気がしてしまいますが、実は「気分を安定させる」という意味で同じ。「気分安定薬」は、躁鬱の両方に効果的です。

「抗精神病薬」は、気分安定薬との併用が有効とされています。躁状態が激しい場合や、気分安定薬だけでは効果が低い場合に用いられ、気分を穏やかにするだけではなく、睡眠を促す効果もあります。

薬の服用は、必ず医師の指示に従ってください。

双極性障害の認知療法

双極性障害の治療に効果的な「認知療法」は、以下のような考え方をコントロールできるようにする目的で行われます。

  • 抑うつ状態では、ネガティブに物事を捉えて自分を責めてしまう
  • 躁状態では、なんでもできると感じ自分を過大に評価する

躁鬱状態のときは、両極端な考え方になりがちなので、まずはそれを本人に気づかせることから始めます。

いき過ぎた考え方を正すのがこの認知療法で、抑うつ状態や躁状態でも、できる限りバランスの取れた考え方ができるように訓練をしていくのです。

認知療法は薬物療法と同じくらいの効果的であるため、双極性障害の治療に広く取り入れられています。

双極性障害の対人関係療法

「対人関係療法」は、ストレスの原因となっている人間関係を円滑にして、症状を改善するのが目的です。

とくに双極性障害の人にとって、家族や友人など身近な人のサポートは、必要不可欠です。普段からしっかりとコミュニケーションをとり、病気への理解を深めてもらうことで、躁状態のときに起こりやすい人間関係のトラブルを回避することができます。

双極性障害の心理教育

「心理教育」は、自分が双極性障害であるということを受け入れ、どのような病なのかを正しく理解することが目的で行われます。心理教育で学んだことを活せば、自分の考え方や捉え方をコントロールできるようになるのです。

双極性障害の社会リズム療法

「社会リズム療法」は、起床、食事、出勤など、自分の普段の生活リズムを知ることで、どのような出来事によって気分の浮き沈みが起こるのかを突き止め、治療していく方法です。

ストレスの原因は人によって様々ですから、根本から対策するのが最も効果的。できれば目を逸らしたいこともあるかもしれませんが、治療のためにストレスの原因を潰していきましょう。

精神療法は家族や周囲の人にとっても重要な治療

精神療法は、患者本人だけでなく、家族や周囲の人にとっても重要な治療法です。双極性障害は、周囲の人へのストレスも非常に大きく、乗り越えるためにはかなりの忍耐力が必要となります。

ぼくが患ったのは双極性障害ではありませんが、抑うつ状態のときの家族への負担は大きかったと思います。

病気であるとわかっていても、思わず腹が立つこともたくさんあり、ぶつけようのない思いを抱えていたと後になって聞きました。

病気を患ったのは自分1人かもしれませんが、病と戦ったのは1人ではないと今では感じています。家族一丸となった治療をすすめるためにも、精神療法はとても有効です。

双極性障害は、早期治療と再発防止が大切

双極性障害は、早期に治療すること、そして治療を継続し、再発させないことが重要。再発するごとに症状が悪化してしまうため、二度と発症しないように対策することが大切です。

そのためには、本人が病気であることを受け入れ、周囲からのサポートを得ることも必須です。

1人で乗りきれる病ではありませんので、思い切って周囲の人に力を貸してもらえるように相談してみてください。

ぼくは、双極性障害を患ったことはありません。しかし、うつ病でとても苦しい時期を過ごしました。今のところ再発はしていませんが、抑うつ状態に陥りそうなときは未だあります。

そんなときに心強いのは家族の存在。調子が悪いときは、つい八つ当たりをしてしまい、傷つけてしまうこともありますが、再発防止の支えになってくれます。

周囲の協力を得ながら、双極性障害に立ち向かいましょう!

 - 症状と傾向

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

【自暴自棄になる心理と原因】自暴自棄になりそうなときの対処法も紹介

自暴自棄になっているときは、何に対してもやる気がなくなりますよね。 とくに症状がひどい場合は、「生きていること自体がつらい…」という気持ちになっているかもしれま …

no image
うつ病と似た病。増加傾向にある「新型うつ病」の症状や特徴とは?

いま、従来とは異なる新しいタイプの「新型うつ病」が注目されています。 新型うつ病と典型的なうつ病は、症状や特徴にどのような違いがあるのでしょうか? ここでは新型 …

【対人恐怖症の原因・症状・対処法】うつ病との併発に要注意

うつ病になったとき、対人恐怖症を併発してしまうことがあります。 鬱によって心が不安定になると、自意識過剰にもなり、人と接するのが怖くなるのです。 人との会話もま …

うつ症状の診断チェックを活用しよう

「うつ病かもしれない」と感じたとき、いきなり心療内科等へ行くのはなかなか勇気がいるものです。 ぼくも、初めて心療内科へ行ったときは不安でたまりませんでした。 気 …

うつ病になりやすい人の「性格・気質、年代」に見られる傾向

うつ病は誰もがなりうる病ですが、なりやすい人には特定の傾向が見られます。 うつ病になりやすい人の傾向を知っておくことで、予防と対策をすることができますよ。 この …

うつ病を発症するまでの段階と初期症状

うつ病を患うと、さまざまな症状が生じます。 ぼくは過去にうつ病を経験しているため、今となっては鬱の初期症状が現れたときは「やばい」と感じ、すぐに対処することがで …

【情緒不安定の原因・症状・対処法】感情の起伏が激しくなったら要注意

情緒不安定になっていませんか? これといった理由もないのに気分が落ち込んだり、いきなり涙があふれてきて止まらなくなったり。 かと思えば、急に元気になり周囲を唖然 …

no image
実は鬱にも種類がある!うつ病、うつ状態、うつ気分の違い

「うつ病」と聞くと、自分とは無関係だと思ってしまいますが、「憂鬱な気分」なら経験があるのではないでしょうか。 「うつ病」も「憂鬱」のいずれも、「鬱(うつ)」とい …

【これがうつ病だ】14個の症状をチェックして早期治療を

ぼくは2013年にうつ病を患い、当時勤めていた会社を退職しました。 メンタルと体の異変にはうすうす気づいていましたが、「いつか治るだろう」とタカをくくり、放置し …

no image
従来のうつ病とは異なる「新型うつ病」の特徴と種類について

うつ病といえば、憂うつな状態から抜け出せない状態が、ずっと続くイメージですよね。 しかし、最近では従来とは異なるタイプの「新型うつ病」が増加傾向にあるようです。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です